ルクセンブルクの水にまつわる絶景…世界遺産の城壁と旧市街を流れる川

ルクセンブルクはヨーロッパの中心に位置し、フランス・ドイツ・ベルギーに隣接しています。日本の神奈川県ほどの土地の広さで小さな国ですが、丘の上に築いた城を中心に発展し、世界遺産にも登録されたルクセンブルク旧市街など歴史ある街並みが魅力的。今回は、街を彩る自然豊かなルクセンブルクの水にまつわる絶景をご紹介しましょう。

世界遺産の要塞とアルゼット川

世界遺産の要塞とアルゼット川

image by iStockphoto

「ルクセンブルク市:その古い街並みと要塞群」として世界遺産に登録されたルクセンブルクの要塞。
頑丈な要塞は、難攻不落として知られるジブラルタル海峡の要塞になぞらえて「北のジブラルタル」と呼ばれています。
環状の城壁・断崖とそこを流れるアルゼット川は、美しい調和をもたらしていて目を奪われてしまうことでしょう。

image by iStockphoto

夜には川沿いがライトアップされていて、また違った趣があり幻想的。
古い城壁に影が宿り、石の凹凸がよくわかりますね。

image by iStockphoto

ルクセンブルクの街を引いて見ると渓谷になっていて、崖の下側は「グルント」と呼ばれています。
右手にあるのは「サン・ジャン教会」。

image by iStockphoto

川を横たわる橋も、古いレンガが使われていますね。

image by iStockphoto

橋を上から見ると、また違った風景が広がっています。
歩いてみたくなりませんか?

image by iStockphoto

城壁の上は展望台。
この断崖絶壁の展望台の下に「ボックの砲台」と呼ばれる地下要塞(天然の崖にトンネルを掘って出来た要塞)があります。

image by iStockphoto

下から見上げると、城壁の高さがわかりますね。
「ボックの砲台」の内部には洞窟のような空間があり、いくつもある小窓から外の風景を見ることができます(写真、城壁の四角い小窓)。
この小窓には、大砲が設置されていたもよう。

「ボックの砲台」の中へは入場することが出来るんですよ。
ドラクエの洞窟のような世界!

image by iStockphoto

アルゼット川の住所・アクセスや営業時間など

名称 アルゼット川
住所 Alzette
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://touch.allabout.co.jp/gm/gc/380166/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

世界遺産の旧市街とアルゼット川

世界遺産の旧市街とアルゼット川

image by iStockphoto

世界遺産に登録されたルクセンブルクの旧市街。
国名と同じ名前の首都ルクセンブルクは、標高379m、モーゼル川の支流・アルゼット川に合流するところにあるため、旧市街の美しい景観に川は不可欠の存在。
城壁の内側にある川に彩られた街並みは、統一された黒い屋根など、どこを切り取っても絵になりますね。

image by iStockphoto

崖の下の「グルント」地区。
緑が多く美しいですね。
川沿いに住む人々の丁寧な暮らしを垣間見ることが出来るでしょう。

image by iStockphoto

グランド地区・アルゼット川から見上げた風景です。
かわいらしい家々と古い城壁、自然との美しい調和。

image by iStockphoto

ルクセンブルク旧市街の夜景。
オレンジ色の光が街全体を包み込み、一枚の絵画のような統一感がありますね。

image by iStockphoto

同じ風景でも、雪が降るとまた違った印象です。
家々の黒い屋根に白い雪のコントラストが美しく、「ボックの砲台」の小窓から漏れる光が幻想的。

image by iStockphoto

家々の屋根の色は黒で統一されていますが、屋根の形や出窓は様々で面白いですね。

Le Chemin de la Cornicheの住所・アクセスや営業時間など

名称 Le Chemin de la Corniche
住所 Chemin de la Corniche, Luxembourg City, Luxembourg
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.tripadvisor.jp/LocationPhotoDirectLink-g190356-d3710427-i148293953-Le_Chemin_de_la_Corniche-Luxembourg_City.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

モーゼル川クルーズ

モーゼル川クルーズ

image by iStockphoto

ルクセンブルク北東・ドイツとの国境に流れるモーゼル川は、全長544kmもあり、ドイツでライン川と合流します。
丘が広がる川沿いを巡るモーゼル川クルーズが人気。
ワインの名産地でもあるので、旅の楽しみが増えますね。

image by iStockphoto

モーゼル川沿いの斜面に広がるブドウ園。
ブドウの木が一直線に並んでいて壮観。
川の反射光で日照量を確保。
そして川から発生する霧で寒さから畑を守れるのだとか。

image by iStockphoto

夕暮れ時、まだ実がなっていないブドウの木からモーゼル川を臨んだ風景。

image by iStockphoto

モーゼル川沿いで育てられている白ワイン用のブドウ品種は、リースリング。
味に張りのあるワインが多いんだそうですよ。

KDライン社 モーゼル川クルーズの住所・アクセスや営業時間など

名称 KDライン社 モーゼル川クルーズ
住所 Konrad-Adenauer-Ufer 56068 Koblenz
営業時間・開場時間 金、土、日限定 Koblenz09:45発-Cochem(15:00着/15:40発)-Koblenz(20:00)
利用料金や入場料 大人36ドル (Koblenz発着のライン川・モーゼル川のクルーズ1dayチケット) 
参考サイト http://www.kdrhine.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

小さな国・ルクセンブルクの水をめぐる旅

ルクセンブルクの歴史的な街並みと、市内を流れる川の水との調和が生み出した景観は目を見張るものがありましたね。
小さな国ルクセンブルクですが、フランス・ドイツ・ベルギーと隣接していますので、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
photo by iStock