モンゴル・中国・ロシアを流れる大河をはじめ、中国「哈爾浜(ハルピン)」で見たい絶景がすごい!

氷の街とも呼ばれる中国北東部の大都市ハルピン。冬になると最低気温が平均-23.9℃、-40℃にもなることがあるそうです。アジアとヨーロッパの文化が入り混じるハルビンの街並みは東方の小パリとも呼ばれ異国情緒溢れる都市になっています。そんなハルピンで楽しめる美しい景観をご紹介いたします。

空から街を眺めてみよう

空から街を眺めてみよう

image by iStockphoto

鉄塔としては東洋で最も大きいテレビ塔ドラゴンタワー。
その高さは東京タワーよりも3m高い336m、ちょっと悔しいですね。
約200mの位置には展望台がありハルピンの街を一望できます。
強化ガラスの上から真下を覗くことも出来ますので是非チャレンジしてみてください。

image by iStockphoto

ハルピンを象徴する欧風建築

ハルピンを象徴する欧風建築

image by iStockphoto

1907年、ロシア正教の教会として作られた聖ソフィア大聖堂はビザンチン建築の影響を色濃く残すハルピンを代表する観光名所になっています。
現在は教会としては使用されておらず、ハルピン開拓期の史料や絵画、教会堂の模型など展示されています。
内部天井から下がる豪華なシャンデリアは一見の価値がありますよ。

image by iStockphoto

パルピンで空中散歩

パルピンで空中散歩

image by iStockphoto

ハルピンの街を流れる松花江には太陽島と呼ばれる人気スポットがあります。
この島には船で行く事も出来ますが、ロープウェーに乗って空中散歩もお薦めです。
夏は穏やかに流れ冬になると一面氷つく松花江の様々な表情を楽しむことができますよ。

ハルピンの天の川

ハルピンの天の川

image by iStockphoto

モンゴル・中国・ロシアを流れる大河アムール川。
その最大支流がハルピンを流れる松花江(しょうかこう)です。
満州語で天の川の意味であるスンガリ・ウラーとも呼ばれており、満州国時代の日本人もスンガリと呼んでいたそうです。
寒さの厳しい冬には全面的に凍結し、太陽島の氷祭りをはじめとする様々なイベントが行われています。

ハルピンの大公園

ハルピンの大公園

image by iStockphoto

太陽島は20世紀初頭、ロシアを始めとする諸外国人の避暑地として開発が進みました。
その後経済発展がハルピンから離れ一時衰退しますが2003年以降多額の投資により国家的な景勝地として再開発が進められました。
島内の公園は元々の湿地帯を生かし様々な庭園や人口湖があり、動植物に溢れる自然豊かな環境になっています。

世界に誇る大氷祭り

世界に誇る大氷祭り

image by iStockphoto

1985年に始まったハルビン氷祭りは世界3大氷祭りのひとつに数えられている大規模なイベントです。
太陽島を始めとする様々な会場で大掛かりな氷の彫刻が並べられ、夜にはライトアップされ幻想的な空間が広がっています。
例年1月から2月末まで行われており世界中から見物客が集まります。
日本のあのキャラクターに会えるかもしれません。

戦争の傷跡

戦争の傷跡

image by iStockphoto

ハルピン市内からバスで約1時間ほどの場所には満州国時代、日本陸軍の研究機関のひとつだった731部隊の研究施設跡が残されています。
館内では当時使われていた家具や器具などが展示されておりどのようなことが行われていたのかを学ぶことができます。

東方の小パリらしいメインストリート

東方の小パリらしいメインストリート

image by iStockphoto

中央大街はアジア最大の石畳を使用したハルピンのメインストリートになっています。
通りはルネサンス式やバロック式などヨーロッパテイストの建築物が並び、中国国内の通りの手本となっているそうです。
中心通りは歩行者天国になっており夜はライトアップされ昼夜問わず賑わっています。

季節の変化を楽しもう

夏と冬の景色が一変する異文化都市ハルピン。
日本とも関わりが深いこの街には様々な歴史を感じさせる景色や文化が待っています。
夏・冬それぞれに魅力溢れるハルピンは何度も訪れたくなる街ですね。
photo by iStock