人間ってすごい!エストニアで見れる歴史的な建築物10選

面積は北海道の約60%で、国土の半分は森林、5分の1は湿原地というエストニア。風光明媚な大自然を有すると同時に、中世の街並みが残るおとぎの世界のような国でもあります。そんな美しいエストニアを紹介します。

国を象徴する存在 トームペア城

国を象徴する存在 トームペア城

image by iStockphoto

13世紀前半に建てられた騎士団の城。
城というよりは宮殿に近い姿です。
南側の塔はのっぽのヘルマンと呼ばれ高さが50.2mあり、エストニアの三色旗が誇らしげに掲げられています。

トームペア城の住所・アクセスや営業時間など

名称 トームペア城
住所 Lossi plats 1a,Tallinn Estonia
営業時間・開場時間 24時間 外観のみ
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.dtac.jp/baltic_eeurope/estonia/entry_269.php
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

見晴らしのいい 聖オレフ教会

見晴らしのいい 聖オレフ教会

image by iStockphoto

ノルウェーの聖人王を祀った教会。
124mの高さがある塔は旧市街では最も高い建物。
教会を一人で建てたという伝説があるオレフという名の職人の石像が横たわっています。

オレヴィステ教会( NPO法人 途上国観光支援センター DTACエストニア観光情報局http://www.dtac.jp/ より)の住所・アクセスや営業時間など

名称 オレヴィステ教会( NPO法人 途上国観光支援センター DTACエストニア観光情報局http://www.dtac.jp/ より)
住所 Lai 50, 10133 Tallinn, Estonia
営業時間・開場時間 毎日10.00から18.00、7月と8月に、10.00から20.00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.oleviste.ee/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

庶民がかよった教会 聖霊教会

庶民がかよった教会 聖霊教会

image by iStockphoto

教会内には、「貧者の聖書」と呼ばれる新旧聖書の物語が57枚描かれており、文字の読めない人々の教化にも使われました。
彩色された木彫りの祭壇は有名です。

Church of the Holy Spiritの住所・アクセスや営業時間など

名称 Church of the Holy Spirit
住所 Puehavaimu 2, Tallinn 10123, Estonia
営業時間・開場時間 現地時間夏期/10:00-17:00、冬期/10:00-15:00
利用料金や入場料 1ユーロ
参考サイト http://www.puhavaimu.ee/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

国宝級の芸術品が収められている 聖ニコラス教会

国宝級の芸術品が収められている 聖ニコラス教会

image by iStockphoto

船乗りの守護聖人ニコラスに捧げられ、13世紀前半にドイツ商人の居住区の中心に建てられた教会。
現在は博物館とパイプオルガンのコンサートホールとして使われています。

聖ニコラス (ニグリステ)教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 聖ニコラス (ニグリステ)教会
住所 Niguliste 3, 10146 Tallinn Estonia
営業時間・開場時間 5 ?
利用料金や入場料 10:00-17:00
参考サイト http://nigulistemuuseum.ekm.ee
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

旧市街を守る砲塔だった ふとっちょのマルガレータ

旧市街を守る砲塔だった ふとっちょのマルガレータ

image by iStockphoto

ここが監獄に使われていた頃、囚人の食事を切り盛りする太ったおかみさんがいて、彼女の名がマルガレータだったため、塔の愛称になったと伝えられています。

ふとっちょのマルガレータ(エストニア海洋博物館)Paks Margareetaの住所・アクセスや営業時間など

名称 ふとっちょのマルガレータ(エストニア海洋博物館)Paks Margareeta
住所 Pikk 70, 10133 Tallinn, エストニア
営業時間・開場時間 October?April: Tue?Sun, 10.00?18.00 May?September: Mon?Sun, 10.00?19.00
利用料金や入場料 6 –
参考サイト http://meremuuseum.ee/paks-margareeta/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ロシア正教教会 アレクサンダー・ネフスキー聖堂

ロシア正教教会 アレクサンダー・ネフスキー聖堂

image by iStockphoto

1901年に支配者のロシアによって建てられました。
教会に入ってすぐ右手の壁には、日露戦争で沈没したロシア艦隊を記念したプレートがかけられています。

アレクサンドル・ネフスキー聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 アレクサンドル・ネフスキー聖堂
住所 Aleksander Nevski Katedraal Lossi plats 10, 10130, Tallinn Estonia
営業時間・開場時間 月~金 8:00-16:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://tallinnanevskikatedraal.eu/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

庭園も美しい カドリオルク美術館(カドリオルク宮殿)

庭園も美しい カドリオルク美術館(カドリオルク宮殿)

image by iStockphoto

西欧やロシアの絵画、美術品を集めた美術館。
収められた作品群も興味深いですが、修復された宮殿の建物、漆喰彫刻で飾られた内装も見ごたえがあります。

カドリオルグ美術館 (カドリオルグ宮殿)の住所・アクセスや営業時間など

名称 カドリオルグ美術館 (カドリオルグ宮殿)
住所 Weizenbergi 37, 10127 Tallinn Estonia
営業時間・開場時間 10:00-18:00 水曜日 10:00-20:00 10月~4月 10:00-17:00
利用料金や入場料 5.50ユーロ
参考サイト http://kadriorumuuseum.ekm.ee/muuseumist/kadrioru-loss/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ロシア国境に建つ ナルヴァ城

ロシア国境に建つ ナルヴァ城

image by iStockphoto

13世紀のデンマーク支配時代に建てられた城。
ロシアとの国境を守る重要な砦でした。
塔の内部には、戦前の市街の写真やレリーフなど歴史資料が展示されています。

Narva Castleの住所・アクセスや営業時間など

名称 Narva Castle
住所 Peterburi mnt. 2, 20308 Narva Estonia
営業時間・開場時間 現地時間10:00-18:00(時季により異なる)
利用料金や入場料 6ユーロ
参考サイト http://narvamuuseum.ee/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

世界で最も古い現役の灯台 クブ灯台

世界で最も古い現役の灯台 クブ灯台

image by iStockphoto

エストニアで2番目に大きな島であるヒーウマー島にある、まるでロケットのような姿をした灯台。
浅瀬の多い危険な海を安全に運航するため、15世紀に造られました。

クブ灯台の住所・アクセスや営業時間など

名称 クブ灯台
住所 92233 Hiiu County, Estonia
営業時間・開場時間 毎日10:00-20:00
利用料金や入場料 年齢(包括的)の6歳まで – 無料で。子供、学生、年金受給者 – 1ユーロ。大人 – 2 ユーロ
参考サイト http://www.tuletornikohvik.ee/tuletorn/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

保存状態の良い クレッサーレ城

保存状態の良い クレッサーレ城

image by iStockphoto

エストニアの島々の中で最も大きいサーレマー島にある城。
1階は島の自然に関する展示に使われ、2階は中庭に面して回廊がありその周囲に部屋が配置されています。

Kuressaare Castleの住所・アクセスや営業時間など

名称 Kuressaare Castle
住所 Lossihoov 1, Kuressaare, 93815
営業時間・開場時間 現地時間11:00-19:00
利用料金や入場料 5ユーロ
参考サイト http://www.saaremaamuuseum.ee/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

IT大国でもあるエストニア

深い思索を得意とする国民性のエストニアの人々。
ITの先端技術を次々と開発し、選挙もインターネット投票でき、各種届け出なども電子化されています。
photo by iStock