大自然の神秘…オーストラリアで見れる海、滝、湖、川、渓谷、沼…水にまつわる絶景

一面が海に囲まれた島国オーストラリア。ここには水にまつわる沢山の絶景が溢れています。その中でも今回選りすぐりの場所を5つご紹介します。大自然に満ちるオーストラリアの美しい水風景から一風変わった光景までバラエティ豊かに集めました。オーストラリアの水の旅に出かけましょう!

サンゴ礁が1万5000年の歳月をかけてつくった奇跡の絶景「グレートバリアリーフ」

サンゴ礁が1万5000年の歳月をかけてつくった奇跡の絶景「グレートバリアリーフ」

image by iStockphoto

クイーンズランド州東海岸の北、ケープヨーク岬の先にあるのは「グレートバリアリーフ」と呼ばれるサンゴ礁が連なる場所です。
その長さは2000キロメートルにも及びますが、日本列島がまるごと入ってしまうほどの大きさがあります。
グレートバリアリーフは1万5000年ほど前からサンゴが少しづつ成長して生まれた絶景です。

image by iStockphoto

なかでも「ハートリーフ」と呼ばれるハートの形をしたサンゴ礁は幸運をもたらすとも言われていて、ハネムーンでも多く訪れられる場所です。

image by iStockphoto

海を愛する人にとってグレートバリアリーフはダイビングの聖地とも言われています。
この美しい海と珊瑚礁に数々のダイバーが魅了されてきました。
オーストラリアの楽園でダイビングに挑戦してみませんか?

Great Barrier Reefの住所・アクセスや営業時間など

名称 Great Barrier Reef
住所 Coral reef in Queensland, Australia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.greatbarrierreef.org
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

真っ白な砂浜が広がるビーチ「ホワイトヘブンビーチ」

真っ白な砂浜が広がるビーチ「ホワイトヘブンビーチ」

image by iStockphoto

クイーンズランド州、もう一つの絶景ポイントは「ホワイトヘブンビーチ」です。
74の島々からなる「ウィットサンデー諸島」のハミルトン島にあります。
8キロメートルも続くシリカサンドの真っ白な砂浜はオーストラリア随一です。

image by iStockphoto

コバルトブルーの海で海水浴を楽しんだり、飛行機で上空から美しい海と砂浜を眺めたりと、ホワイトヘブンビーチの楽しみ方は人それぞれあります。
ヨットに乗って高速セイリングを楽しむツアーに参加するのもオススメです。
美しいビーチを思いっきり楽しみましょう。

Whitehaven Beachの住所・アクセスや営業時間など

名称 Whitehaven Beach
住所 Whitsunday Island QLD 4802
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.nprsr.qld.gov.au/parks/whitsunday-islands/camping.html#whitehaven_beach_whitsunday_island
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

水がピンク色に染まる奇々怪々な湖「ハットラグーン」

水がピンク色に染まる奇々怪々な湖「ハットラグーン」

image by iStockphoto

西オーストラリア南部にある「エスペランス」から5キロメートルほど離れた場所に一風変わった「ハットラグーン」という湖があります。
何が変わっているかというと、この湖は一面がピンク色に染まっているのです。

image by iStockphoto

この湖は高塩分濃度の塩湖で、塩分を好むバクテリアが大量に繁殖するためピンク色に見えると言われていますが、詳しくはハッキリと解明されていません。
この奇妙な光景を一度御覧ください。

ハットラグーンの住所・アクセスや営業時間など

名称 ハットラグーン
住所 Pink Lake Drive, Esperance, Western Australia, 6450
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.australia.arakawanet.com/html/lakes/huttlagoon.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

オーストラリアの海沿いを颯爽とドライブ「グレートオーシャンロード」

オーストラリアの海沿いを颯爽とドライブ「グレートオーシャンロード」

image by iStockphoto

オーストラリアを車で楽しみたいという人にオススメしたいのはビクトリア州「グレートオーシャンロード」です。
メルボルンの南西「トーキー」から「ワーナンブール」まで続く全長250キロメートルの道路は風光明媚な絶景に溢れています。

image by iStockphoto

その長い道のりの中には漁村や難破船があったり、熱帯雨林や国立公園などの自然溢れる場所もあります。
特に見どころなのは、写真の「12人の使徒」と呼ばれる奇岩郡です。
グレートオーシャンロードをドライブしてオーストラリアの風景を満喫しましょう。

グレート・オーシャン・ロードの住所・アクセスや営業時間など

名称 グレート・オーシャン・ロード
住所 Great Ocean Road, VIC, Australia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.australia.com/ja-jp/places/great-ocean-road.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

オーストラリアになぜラクダ?ブルーム「ケーブルビーチ」

オーストラリアになぜラクダ?ブルーム「ケーブルビーチ」

image by iStockphoto

西オーストラリアの最北部「ブルーム」はかつて真珠養殖の中心地として栄え「ケーブルビーチ」と呼ばれる白砂の美しい海岸があります。
ジャワ島への海底電信ケーブルがここから海に投入されたことからこの名前がつきました。
サーフィンに適したビーチで一年中サーファーで賑わっています。

image by iStockphoto

このケーブルビーチで挑戦したいのが「キャメルライド」です。
その名の通りラクダに乗ってビーチを散歩するアクティビティです。
ラクダというアラビアンな動物とオーストラリアの砂浜という一見おかしな組み合わせが面白い体験をさせてくれます。
ラクダの背中でケーブルビーチの夕暮れをご覧になって下さい。

ケーブルビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称 ケーブルビーチ
住所 Cable Beach, WA, 6726, Australia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.australia.com/ja-jp/places/wa/cable-beach.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

オーストラリアの美しいビーチ・湖を見に行こう!

オーストラリアには水にまつわる数々の絶景があり、今回紹介した場所も一握りです。
所変われば水変わるということわざもありますが、同じ海でつながっていても場所によって水は随分変わってしまいます。
オーストラリアの水を目で味わいに行きましょう!
photo by iStock