美しい建築物、歴史を感じる市街…ウズベキスタン「ブハラ」で見たい絶景

中近東の国・ウズベキスタン。その名前はニュースなどで小耳にはさむ程度で、国の知名度はけして高くはありません。しかし、それだけでウズベキスタンの魅力を決めてしまうのは早計というもの。ウズベキスタン、特にブハラの街には、壮麗なイスラム建築や歴史ある霊廟など、まるで映画のセットのような美しい見どころが多く点在しています。

ブハラの街のシンボル「カラーン・ミナレット」

ブハラの街のシンボル「カラーン・ミナレット」

image by iStockphoto

ウズベキスタンでも屈指の美しい街といわれるブハラ。
そのブハラを象徴する建築物が、この「カラーン・ミナレット」です。
その歴史は古く、12世紀はカラハーン朝に建てられたものだといわれています。
かつてヨーロッパやアジアを混乱に陥れた「チンギス・ハーン」も、この塔だけは破壊せずにいたというエピソードも。
ちなみに、カラーン・ミナレットには階段を使って上ることもできます。
塔の上から一望するブハラの街は非常に美しく、一見の価値あり。

image by iStockphoto

カラーン・ミナレットの住所・アクセスや営業時間など

名称 カラーン・ミナレット
住所 2 Eshony Pir Street, Bukhara 705000 ウズベキスタン
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/カラーン・ミナレット
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

色鮮やかな民芸品であふれる市場「タキ・バザール」

色鮮やかな民芸品であふれる市場「タキ・バザール」

image by iStockphoto

ドーム型の屋根で覆われた、ブハラの街の商店街です。
この「タキ」とは「丸屋根」を意味する言葉だそう。
ブハラの街には、過去に5つのタキがあったそうですが、現在はそのうちの3つが現存しているとのことです。
市場内は、大きな荷物を持ったラクダや商人たちが楽に出入りできるような工夫や、空気や光を効果的に取り入れられるような工夫がなされています。

イスラム文化が香る美しい布地をはじめ、食器類やアクセサリー類などの商品もたくさん目にすることができます。
お散歩がてら、お気に入りのアイテムを手に入れてみませんか?

image by iStockphoto

タキ・バザールの住所・アクセスや営業時間など

名称 タキ・バザール
住所 Mekhtar Anbar St, Bukhara, Uzbekistan
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.lonelyplanet.com/uzbekistan/central-uzbekistan/bukhara/sights/markets-bazaars/taki-zargaron-bazaar
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

中近東最古のイスラム建築「イスマイール・サーマーニ廟」

中近東最古のイスラム建築といわれているのが、この「イスマール・サーマーニ廟」です。
一説によると、イスマール・サーマーニ廟が建てられたのは9世紀から10世紀ごろにかけてのことだそうで、当時の王朝を築いた王族たちの霊廟として使用されることとなりました。

かのチンギス・ハーンがブハラの街に攻め入ったときも、この霊廟は破壊されずに難を逃れたといわれています。
これは、霊廟自体が当時土や砂に埋もれていて軍勢に気付かれなかったためだとか。
1925年になって、イスマール・サーマーニ廟は再び人々の前に姿を見せることになりました。
現在は最古のイスラム建築として、その栄華を今に伝えています。

image by iStockphoto

イスマイール サーマーニ廟 (Ismoil Samoniy Maqbarasi)の住所・アクセスや営業時間など

名称 イスマイール サーマーニ廟 (Ismoil Samoniy Maqbarasi)
住所 Bukhara
営業時間・開場時間 現地時間7:00-18:00
利用料金や入場料 1000ソム
参考サイト http://4travel.jp/overseas/area/europe/uzbekistan/bukhara/kankospot/10412582/  http://www.advantour.com/uzbekistan/bukhara/samanid.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ブハラの街最大のモスク「カラーン・モスク」

ブハラの街最大のモスク「カラーン・モスク」

image by iStockphoto

かの有名な塔「カラーン・ミナレット」と繋がっているモスクです。
16世紀の王朝、シャイバニ王朝時代に建てられたモスクで、その規模はブハラの街最大を誇ります。
モスクの広さは約1ヘクタールで約1万人の信徒が同時に礼拝できる広さだといわれています。

象牙色の壁と空色の丸屋根は、イスラム文化の風情たっぷり。
多くの柱に支えられた回廊や美しい中庭も有名ですので、立ち寄った際はゆっくり中を見て回るのがおすすめです。

image by iStockphoto

カラーン・モスクの住所・アクセスや営業時間など

名称 カラーン・モスク
住所 Bukhara
営業時間・開場時間 現地時間9:00~20:00
利用料金や入場料 6000スム
参考サイト http://hashim.travel.coocan.jp/uzbekistan/kalian.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

旧市街に佇む古代文明の跡地「アルク城」

旧市街に佇む古代文明の跡地「アルク城」

image by iStockphoto

「アルク城」は、ブハラの旧市街地にある古城です。
一説によると、このアルク城周辺エリアが古代のブハラ、はてはウズベキスタンの文化の発祥地だと考えられています。
したがってこのアルク城の歴史は非常に古く、紀元前4世紀ごろにはすでに建てられていたと推測されています。

また、アルク城はその長い歴史上外敵からの度重なる攻撃にさらされてきた悲運の城でもあります。
現在残っている石造りの部分からは、その壮絶な歴史が垣間見えます。

image by iStockphoto

アルク城の住所・アクセスや営業時間など

名称 アルク城
住所 Mirzo Khait Str, Buxoro
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://illumination.web.fc2.com/bukhoro/bukhoro_4.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

シルクロードのオアシスをその目で見よう

いかがでしたでしょうか。
かつてシルクロードのオアシスとして、貿易の中継地ともなっていたウズベキスタン。
ブハラはそんなロマンある国のなかでも有数の美しい街として知られています。
ブハラの街に足を運べば、商人たちで賑わっていた市場や神聖な祈りに包まれたモスク、古代都市の残り香などを、たっぷりと堪能することができます。
ウズベキスタンを訪れた際はぜひ、中東ロマンあふれるブハラの街へ足を運んでみてください。
photo by iStock