歴史を感じる絶景ばかり!スウェーデンの世界遺産5選

スウェーデンは、北ヨーロッパのスカンディナビア半島に位置する立憲君主制国家です。近年人気のオシャレな北欧雑貨などのお買い物を楽しんだり、石畳の街をお散歩したり、オーロラを楽しんだりと、観光客に人気のポイントいっぱいのスウェーデン。今回は、そんなスウェーデンが有する世界遺産から、オススメの5つを紹介します。

スウェーデンの景色

image by iStockphoto

美しき自然遺産、ヘーガ・クステンとクヴァルケン群島

美しき自然遺産、ヘーガ・クステンとクヴァルケン群島

image by iStockphoto

ヘーガ・クステンとクヴァルケン群島は、スウェーデンのヘーガ・クステンとフィンランドのクヴァルケン群島から成る世界遺産。
バルト海北部のボスニア湾沿岸にあり、氷河の融解に伴って土地が隆起する自然現象が世界で最も顕著にでている地域であるということが評価されています。
スウェーデンのヘーガ・クステンは「高い海岸」を意味し、数多くの入り江や湖、島々が造り出す複雑な景観を見ることができます。

image by iStockphoto

High Coast / Kvarken Archipelagoの住所・アクセスや営業時間など

名称 High Coast / Kvarken Archipelago
住所 side of the Kvarken Strait between the Gulf and the Bay of Bothnia, the northern extensions of the Baltic Sea between Sweden and Finland
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/898
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

複合遺産、ラポニア地域

複合遺産、ラポニア地域

image by iStockphoto

スウェーデンでラポニアと呼ばれる地域には、先住民であるサーメ人(ラップ人)の伝統的生活文化が残されている地域としての評価から世界遺産に登録されました。
総面積は約9400km²で、その多くが国立公園や保護地区に指定されています 。
定住する民族が生活していながら、手つかずの自然が多数残されており、その規模は世界最大。
かつてはトナカイが引くソリで移動生活を営んできましたが、近年では減少し、定住するサーメ人が増えているそうです。
伝統的な生活も、現代社会と折衷しながら変化している姿を目の当たりにすることができます。

image by iStockphoto

ラポニア地域の住所・アクセスや営業時間など

名称 ラポニア地域
住所 Laponian area, Swedish Lapland, Sweden
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/774/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

地域ならではの様式を残す、ガンメルスタードの教会街

地域ならではの様式を残す、ガンメルスタードの教会街

image by iStockphoto

スウェーデンのボスニア湾北端の都市ルレオ近郊にある世界遺産、ガンメルスタードの教会街。
かつてスカンディナビア半島北部地域でよく見られた街の様式をそのまま残しています。
街の中心に石造りの教会堂(15世紀造)があり、その周囲を、かつて日曜日や宗教上の祭事に用いるために建てられた424件もの木造家屋が囲みます。
当時、遠隔地から数日かけて礼拝に訪れる礼拝者のための宿泊施設が教会に設備されていることが多かったんだとか。
その後、各地に新しい街が築かれ住民の一部はそちらに移りましたが、地域の人々にとってガンメルスタードのは大切な場所として残されてきました。

image by iStockphoto

image by iStockphoto

ガンメルスタードの教会街の住所・アクセスや営業時間など

名称 ガンメルスタードの教会街
住所 1 Kyrktorget, Lulea 954 33, Sweden
営業時間・開場時間 11~17時
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.lulea.se/gammelstad
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

断崖を切り開いて開設された、カールスクーナの軍港

断崖を切り開いて開設された、カールスクーナの軍港

image by iStockphoto

スウェーデンはブレーキンゲ地方にある都市カールスクルーナにある軍港は、文化遺産として世界遺産に登録されています。
スコーネ戦争で大きな損害を受けていたスウェーデン軍により、1679年に開かれました。
最古のドックは断崖を切り開いて開設され、そこから海軍の再建が始まりました。
1711年には造船所で1100人もの人が働くなど、スウェーデン最大の産業集散地となっていたとか。
その後、街の人工は1万人に達し、その人口は当時のスウェーデンで最大級。
現在でも使用されているため、活きた港の様子を見ることができます。

image by iStockphoto

カールスクーナの軍港の住所・アクセスや営業時間など

名称 カールスクーナの軍港
住所 ブレーキンゲ県カールスクルーナ市,スウェーデン
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/871/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

歴史感じる文化遺産、ドロットニングホルム宮殿

歴史感じる文化遺産、ドロットニングホルム宮殿

image by iStockphoto

スウェーデン・ストックホルム公害のローベン島に建つ離宮、ドロットニングホルム宮殿。
スウェーデン王カール11世の母后ヘトヴィヒ・エレオノーラの命により1622年に建設が始まり、1686年に完成しました。
庭園にはバロック様式を採用した美しい宮殿で、「ドロットニングホルム」はスウェーデン語で「王妃の小島」を意味し、「北欧のヴェルサイユ宮殿」とも言われます。
夏には演劇やオペラの上映が行われるなど、観光地としても人気です。

image by iStockphoto

image by iStockphoto

ドロットニングホルム宮殿の住所・アクセスや営業時間など

名称 ドロットニングホルム宮殿
住所 178 02 Drottningholm, スウェーデン
営業時間・開場時間 10:00 ? 16:30
利用料金や入場料 成人120SEK, 学生60SEK, 0-17歳入場無料
参考サイト https://kodurestockholm.wordpress.com/drottningholmsslott/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

世界遺産も多数!スウェーデン観光の魅力

いかがでしたでしょうか。
自然遺産、複合遺産、文化遺産といった様々な世界遺産も有するスウェーデン。
独特の街並みや文化も魅力たっぷりの、オススメの観光地です!

日本とスウェーデンの時差は冬は―8時間、夏は-7時間となっています。
直行便はありませんが、飛行時間は12.5~15時間ほどです。

photo by iStock