絶景だらけのスリランカ!「ヌワラエリヤ」に今すぐ行きたい10の理由

スリランカといえば紅茶。スリランカは赤道と北回帰線の真ん中あたりに位置することから、すごく暑い国というイメージですが、標高2000m以上の山も多くあり、内陸部では涼しいのを通り越して寒いと感じるところもあります。そんな内陸部の山岳地帯で紅茶はつくられています。

紅茶の栽培には亜熱帯気候と標高が不可欠

紅茶の栽培には亜熱帯気候と標高が不可欠

image by iStockphoto

スリランカには、ウバ、ヌワラエリヤ、ディンブラ、キャンディ、ルフナという紅茶の産地があり、ヌワラエリヤでとれる紅茶は、香り、色ともに、スリランカを代表する紅茶といわれています。

見学したあと紅茶をふるまってくれる 紅茶工場

見学したあと紅茶をふるまってくれる 紅茶工場

image by iStockphoto

摘んできた紅茶は8~14時間、陰干ししてしおらせ、しおれた葉を20分程揉むと汁液が出て発酵がすすみます。
熱風をかけて乾燥させると葉の色がグリーンからブラウンへと変わり、冷めると選別されます。

鮮やかな緑の茶畑の中のブルーの建物 ブルー・フィールド・ティー・ガーデンズ

鮮やかな緑の茶畑の中のブルーの建物 ブルー・フィールド・ティー・ガーデンズ

image by iStockphoto

ヌワラエリヤを中心とする丘陵地帯はセイロンティーの本場。
ここは、紅茶工場のなかでも比較的新しい工場。
レストランを併設しているので、工場見学をしたあと、ランチビュッフェを楽しむことができます。

Blue Field Tea Gardens (ブルー・フィールド・ティー・ガーデンズ )の住所・アクセスや営業時間など

名称 Blue Field Tea Gardens (ブルー・フィールド・ティー・ガーデンズ )
住所 Nuwara Eliya suri lanka
営業時間・開場時間 現地時間 8:00~17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.bluefieldteagardens.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

黒い肌に白い歯と大きな瞳が印象的 茶摘みをする女性たち

黒い肌に白い歯と大きな瞳が印象的 茶摘みをする女性たち

image by iStockphoto

茶摘みをする女性は朝露を避けるためビニールの前かけをしている人もいます。
日給は85~90ルピー(130円前後)。
茶摘みは午前中は8時~12時、午後は1時半~4時半まで行われるそうです。

ちょっとしたお散歩にぴったり ビクトリア・パーク

ちょっとしたお散歩にぴったり ビクトリア・パーク

image by iStockphoto

メイン・バスターミナルの南側には、季節の花をいつも咲かせ、町の人々の憩いの場となっています。
園内には、小さい日本庭園もあり、ちょっとした散策に最適の場所です。

Victoria Park of Nuwara Eliya (ヌワラエリヤのビクトリア・パーク)の住所・アクセスや営業時間など

名称 Victoria Park of Nuwara Eliya (ヌワラエリヤのビクトリア・パーク)
住所 Nuwara Eliya, Sri Lanka
営業時間・開場時間 朝7時~午後6時
利用料金や入場料 外国人: 300LKR
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Victoria_Park,_Nuwara_Eliya
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

落差109m ランボダの滝

落差109m ランボダの滝

image by iStockphoto

標高3200ft(約975m)。
レストハウスで食事もでき、そこからランボダの滝をゆったりと眺めることができます。
景色がいいので観光客にとても人気があります。

Ramboda Fallsの住所・アクセスや営業時間など

名称 Ramboda Falls
住所 Ramboda, Nuwara Eliya
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Ramboda_Falls
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

高原地帯を走るかわいらしい列車

高原地帯を走るかわいらしい列車

image by iStockphoto

ヌワラエリヤの最寄りの駅はナーヌ・オヤ駅です。
駅から市内までは列車の時間に合わせてバスが出ています。
高原地帯を走る列車の旅もなかなか捨てがたいものがあります。

ピンクのかわいらしい郵便局Post Office

ピンクのかわいらしい郵便局Post Office

image by iStockphoto

ヌワラエリヤの町の中心に位置するメイン・バスターミナルの向かいの高台にあります。
この町で一番古く、英植民地時代に建てられたもので、どことなくイギリスのいなかにある小さな家という感じです。

町の主機能 ニュー・バザール・ストリート

町の主機能 ニュー・バザール・ストリート

image by iStockphoto

メイン・バスターミナルから北へ行くと、右側にマーケットの入った建物、左側にちょっぴり新しめのショッピングコンプレックスがあり、このふたつの建物のあるあたりがヌワラエリヤ銀座ともいうべき繁華街です。

憧れの老舗ホテル ザ・グランド・ホテル

憧れの老舗ホテル ザ・グランド・ホテル

image by iStockphoto

1891年にオープン、100年以上の歴史を持つホテル。
かつてはスリランカの総督エドワード・バーンズ卿の別荘だったという由緒あるホテルです。
豪華な調度品や暖炉が備えられています。

紅茶の品質を楽しもう!

最高級とされる紅茶にゴールデン・チップス、シルバー・チップスがあります。
これは、新芽だけを手で揉んでお茶にしたもの。
加工したときに葉が黒くならずに、金色や銀色になることからこう呼ばれているそうです。
photo by iStock