音楽と文学の街…アイルランド・ダブリンのおすすめスポット5選

アイルランドの首都ダブリン。この街に生きる人々は誰もが「アーティスト」。街を歩けばどこからか音楽が流れてきて、それはまるでこの街のBGMのようです。近代の偉大な文化人を数多く輩出した文化の先端地としての一面もあり、ヨーロッパやイギリスとはまた異なった独自の風土も、この街を旅する人々にとってはまた魅力的です。

image by iStockphoto

image by iStockphoto

アルルランドの文化のシンボル、アイリッシュ・パブ

アルルランドの文化のシンボル、アイリッシュ・パブ

image by iStockphoto

アイルランドといえば、真っ先にアイリッシュ・パブを連想する方も少なくはないでしょう。
アイルランド人の多くはアイリッシュ・パブをこよなく愛し、そこでは何処からともなく、ケルトの音色が客の手によって奏でられ、毎晩のように即興の演奏会が行われます。

image by iStockphoto

ギネスを飲みながら聴く音楽は、コンサートホールで聴くクラシックの演奏にも匹敵するほど心地よいものです。
もし、あなたが楽器を演奏することができるなら、彼らと一緒になって演奏の輪に加わることをおすすめします!

The Temple Barの住所・アクセスや営業時間など

名称 The Temple Bar
住所 47-48 Temple Bar, ダブリン, アイルランド
営業時間・開場時間 月-水曜日AM10:30~AM1:30 木-土曜日AM10:30~AM2:30 日曜日AM11:30~AM1:00
利用料金や入場料 メニュー、イベントによる
参考サイト http://www.thetemplebarpub.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

おとぎの国の図書館

おとぎの国の図書館

image by iStockphoto

ダブリン大学、トリニティ・カレッジの図書館はアイルランド最大の図書館として知られ、500万冊に及ぶ膨大な書籍が所蔵されています。

 

image by iStockphoto

館内には本が山のようにびっしりと並べられており、まるで異世界に迷い込んだような錯覚を覚えます。
それは、まさしくハリー・ポッターの世界そのもの!?

トリニティー・カレッジの住所・アクセスや営業時間など

名称 トリニティー・カレッジ
住所 Trinity College, Cambridge CB2 1TQ
営業時間・開場時間 現地時間10:00-16:30
利用料金や入場料 3ポンド
参考サイト https://www.trin.cam.ac.uk/?pageid=1
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

文学の街、ダブリン

アイルランドは人口450万人の小さな国ですが、過去にW.B.イエーツ、バーナード・ショー、サミュエル・ベケットの3人のノーベル文学賞受賞者を輩出した文学の国として知られています。

image by iStockphoto

その中でも、アイルランド文学の象徴とされる作家が、ジェイムズ・ジョイスではないでしょうか。
世界の文学史上最も名の知れた作品である「ユリシーズ」をはじめ、「意識の流れ」に重点を置いた彼の作品が、後のアイルランド文学及び世界の文学に与えた影響は計り知れません。
ダブリンの街中では今でも「ユリシーズ」の面影を見ることができます。

ダブリンの住所・アクセスや営業時間など

名称 ダブリン
住所 Dublin, アイルランド
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://wondertrip.jp/europe/ireland/74271.html#h26
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アイルランド文化の根底にあるケルトの魂

アイルランド文化の根底にあるケルトの魂

image by iStockphoto

ケルトという言葉を一度は耳にしたことがあることでしょう。
ケルトは、まだキリスト教やローマが誕生する前^以前、古代のヨーロッパにおいて栄えた、ケルト人による文化のことをいいます。

image by iStockphoto

自然崇拝を信仰とするケルト文化は、ローマの勢力拡大以降急速に衰えていきますが、その一部はアイルランドや英国の一部に今もなお継承されており、日々の暮らしや、音楽の中にそれらを垣間見ることができます。

ギネスだけじゃない!アイルランドはお酒の宝庫

ギネスだけじゃない!アイルランドはお酒の宝庫

image by iStockphoto

アイルランドのビールといえば「ギネス」がよく知られていますが、ギネス以外にも、エールビールである「キルケニー」をはじめとした数多くのブランドがあり、多くのアイルランド人に親しまれています。

 

image by iStockphoto

また、お隣の英国同様、ウイスキーづくりも非常に盛んで、アイリッシュ・ウイスキーは、スコッチ・ウイスキーに比べなめらかな味わいが特徴です。

フレンドリーなアイルランドの人々

一般的にアイルランドの人々は英国の人々に比べ、陽気でフレンドリーだと言われています。
街を歩けば気さくにあいさつを交わし、知らない人同士でも音楽を通してすぐに仲良くなってしまうアイルランドの人々。
そんなところもアイルランドの魅力の1つです。
photo by iStock