神はここにいたか…アルゼンチンで見れる幻想的な絶景8選

南米大陸で2番目に大きな国であり日本の約7.5倍、インドと同じくらいの面積を持つアルゼンチンは亜熱帯、温帯、乾燥帯、寒帯の4つに渡る気候帯を持ち、その広大な国土に実に多彩な自然が展開しています。豊かな草原に熱帯雨林、多くの貴重な動植物の棲む湿地、壮大な渓谷、アンデスの山々、荒涼とした大地に氷河が広がるパタゴニア……これらのアルゼンチンの自然が生み出す絶景をごく一部ですが紹介します。

大地を切り裂く迫力の瀑布「イグアスの滝」

アルゼンチンの北東、ブラジルとの国境にまたがる亜熱帯の密林の中にあるイグアスの滝は高さ最大落差80m、大小275もの滝が最大幅1,500mにわたって連なる大瀑布です。
ナイアガラの滝、ヴィクトリアの滝と並んで世界三大瀑布と呼ばれています。
轟音をたてる水しぶきの中にいくつもの虹が掛かる光景は圧巻です。

Cataratas del Iguaz?の住所・アクセスや営業時間など

名称 Cataratas del Iguaz?
住所 Misiones Province
営業時間・開場時間 現地時間 8:00-18:00(入場は16:30まで)
利用料金や入場料 330ペソ
参考サイト http://www.iguazuargentina.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

野性のカピバラにじかに会える!「イベラ湿地帯」

野性のカピバラにじかに会える!「イベラ湿地帯」

image by iStockphoto

アルゼンチン北東に広がる長さ150km、幅40kmにおよぶ広大な湿地帯。
カピバラをはじめワニ、鹿、猿、そして400種類以上もの鳥が棲んでいます。
湿地帯の中の歩道を通って、これらの動物たちが暮らす様子を眺めることができます。

イベラ湿地帯Estancia San Juan Poriahu, Corrientes, Argentinaの住所・アクセスや営業時間など

名称 イベラ湿地帯Estancia San Juan Poriahu, Corrientes, Argentina
住所 Estancia San Juan Poriahu, Corrientes, Argentina
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.esterosdelibera.com/#_=_
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

インカの末裔の棲む壮大な渓谷「カルチャキエス渓谷」

インカの末裔の棲む壮大な渓谷「カルチャキエス渓谷」

image by iStockphoto

アルゼンチン北西部・サルタ州に広がる長さ約200km、面積17,000k㎡におよぶ広大な渓谷です。
標高約1,700から3,000mに至る谷の間を縫うように続く道路をひたすら走って行くと、刻々と変わっていく山肌やその間にたたずむ村、ワイン畑、無数のサボテンが林立する草原などが広がる絶景のパノラマが次々に繰り広げられます。

image by iStockphoto

世界5位のワイン生産量を誇るアルゼンチンですが、そのワイン畑の多くはカルチャキエス渓谷に広がっており「ワインルート」とも呼ばれています。

カルチャキエス渓谷の住所・アクセスや営業時間など

名称 カルチャキエス渓谷
住所 Valles Calchaquies サルタ アルゼンチン
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 24時間
参考サイト http://vallecalchaqui.com
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

七色の谷が広がる大地「ウマワカ渓谷」

七色の谷が広がる大地「ウマワカ渓谷」

image by iStockphoto

アルゼンチンの北西、ボリビアとチリの国境に広がるウマワカ渓谷は「南米のグランドキャニオン」と称されるほどの素晴らしい景観です。
とくにプルママルカにある「7色の丘」の鮮やかなグラデーションを描く断層は圧巻。
谷間に点在する集落はアンデス高地の先住民族の文化を色濃く残しています。

ウマワカ渓谷の住所・アクセスや営業時間など

名称 ウマワカ渓谷
住所 Purmamarca Village, Humahuaca, Argentina
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.mercosur.jp/01_argentina/isan_humahuaca.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

神秘の荒野「タランパージャ国立公園&イシワラスト自然公園」

神秘の荒野「タランパージャ国立公園&イシワラスト自然公園」

image by iStockphoto

アルゼンチン北西部にあるこの二つの公園は日本ではあまり知られていませんが、1億8000年前の恐竜などの貴重な化石が多く発見される土地として、世界遺産に登録されています。

image by iStockphoto

風化によってできた数々の奇岩で有名な「月の谷」などの神秘的な光景が広がるイシワラスト、広大な赤い砂岩の峡谷が連なるタランパージャ、いずれもこの地でしか見られない絶景です。

タランパヤ国立公園群・イシワラスト自然公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 タランパヤ国立公園群・イシワラスト自然公園
住所 Huaraz, Peru
営業時間・開場時間 5月から9月9時から17時、10月から4月8時から18時
利用料金や入場料 タランパヤ国立公園群(入場はツアー参加必須)ツアー料金:75ペソ、145ペソ、195ペソ、160ペソの4種類+入場料50ペソ イシワラスト自然公園 ツアー料金:160ペソ~+入場料130ペソ
参考サイト http://www.parquesnacionales.gob.ar/areas-protegidas/region-centro/pn-talampaya/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

海の動物たちの壮大な楽園「バルデス半島」

海の動物たちの壮大な楽園「バルデス半島」

image by iStockphoto

首都ブエノスアイレスから約1,400km、パタゴニアと呼ばれるアルゼンチンの南緯40度以南の地域にある、大西洋に面した半島です。

image by iStockphoto

いっけん荒涼とした海岸沿いはペンギンやクジラ、アザラシなどの海洋動物の宝庫で、スキューバダイビングやホエール・ウォッチングなどを楽しみに多くの観光客が絶えません。

バルデス半島の住所・アクセスや営業時間など

名称 バルデス半島
住所 チュブト州,ブエノスアイレス,アルゼンチン
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/937/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

青い氷壁が創造する絶景「ロス・グラシアレス国立公園」

青い氷壁が創造する絶景「ロス・グラシアレス国立公園」

image by iStockphoto

アルゼンチン南端部にある世界で3番目に大きな氷河地帯です。
標高3,405mのフィッツ・ロイ山と14,000㎡に約60から80mもの高さの氷河が300以上流れる光景は強烈で、パタゴニアそしてアルゼンチンの自然を語るには欠かせない場所です。

image by iStockphoto

その中でもペリト・モレノ氷河は先端部の幅約4km、高さ約60m、長さ約30kmにおよぶ巨大な氷塊で、地球上で後退していない「生きている氷河」3つのうちの一つです。
氷の透明度の高さによる神秘的な美しい青色がさらに魅了します。
クルーズやトレッキングツアーで間近で見学することができます。

Parque Nacional Los Glaciaresの住所・アクセスや営業時間など

名称 Parque Nacional Los Glaciares
住所 El Calafate (9405) Prov. de Santa Cruz
営業時間・開場時間 11月1日~08:00-19:00、 12月1日~08:00-20:00、 1月・2月 08:00 – 21:00 3月1日~聖週間 08:00 – 20:00、 聖週間~7月31日 08:00 – 16:00、 8月1日~10月30日 08:00 – 18:00
利用料金や入場料 330ペソ
参考サイト http://www.losglaciares.com/es/parque/index.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

南極に挑む絶景「ウシュアイアとティエラ・デル・フエゴ国立公園」

南極に挑む絶景「ウシュアイアとティエラ・デル・フエゴ国立公園」

image by iStockphoto

南米大陸の南端、フエゴ島に位置する世界最南端の町ウシュアイア。
古くから先住民族フエゴ人が住み、20世紀前半から流刑囚によって開かれ極寒の最果ての町でした。
現在フエゴ島とその周囲は国立公園となっており、ウシュアイアはその観光の拠点として、また南極への玄関口として世界中から人々が訪れます。

image by iStockphoto

ビーグル水道は、フエゴ島を通る全長約240kmにわたる海峡で、チャールズ・ダーウィンのビーグル号による航海の経路として使われたことからこの名前が付けられました。
エクレルール灯台はこの海峡のシンボル的存在で映画『ブエノスアイレス』にも登場しました。

image by iStockphoto

ビーグル水道を遊覧するクルーズでは付近の岩礁に棲むアシカ、ペンギン、カモメの群れなどを間近で観察できます。

Parque Nacional Tierra del Fuegoの住所・アクセスや営業時間など

名称 Parque Nacional Tierra del Fuego
住所 San Mart?n 1395, Ushuaia, Tierra del Fuego.
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 210ペソ
参考サイト http://www.parquesnacionales.gob.ar/areas-protegidas/region-patagonia-austral/pn-tierra-del-fuego/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

いざ南米大陸の桃源郷へ!

アルゼンチンはその多彩な自然の恵みにより多くの農産物と資源に恵まれ、そして各地の風土を反映した多彩な文化が栄えてきました。
タンゴなどの素晴らしい音楽やワインに肉料理、さまざまな民俗や芸術……それらを育んだ豊かな自然、それはあまりに広大でとうてい一度では知り尽くせるものではありませんが、それでも、ぜひ一度はその一端なりとも体感してみて下さい。
photo by iStock