タイタニックが作られた造船都市アイルランド「ベルファスト」の工業力はこんなに凄かった!

映画「タイタニック」は日本でも大ヒットしとても有名ですが、タイタニックがどこで造られたかは余り知られていません。タイタニックが造られたのはアイルランド「ヴェルファスト」という造船都市で、当時あの規模の巨大客船を造る事は相当な工業力を要しました。その時代の造船力・工業力がいかに凄かったのかヴェルファストへ学びに行きましょう!

造船都市「ヴェルファスト」ってどんな街?

造船都市「ヴェルファスト」ってどんな街?

image by iStockphoto

もともとは小さな漁村だった「ベルファスト」は造船業を中心とする工業によってヴィクトリア女王の統治時代に大きく発展を遂げました。
一説によると、北アイルランドがアイルランド独立後にもイギリス領に残れたのはこの工業力があったからだとも言われています。

image by iStockphoto

そんなヴィクトリア朝時代に繁栄した都市だけあり、様々な場所や建物に見どころがあり、近年では観光地としても世界中から注目を集めています。

旅の始まりは街の中心地「シティ・ホール」から

旅の始まりは街の中心地「シティ・ホール」から

image by iStockphoto

ベルファストの中心は市庁舎の「シティ・ホール」です。
ベルファストの街は広いのでこの場所を基準に位置関係を把握しておくと観光がはかどります。
市バスもここから発着するので街のどこへ行くにもアクセスは抜群です。

「タイタニック・ベルファスト」でベルファストの造船力を計り知る

「タイタニック・ベルファスト」でベルファストの造船力を計り知る

image by iStockphoto

1912年に氷山に追突して沈んだ悲劇の大型客船タイタニックは映画も大ヒットし、その名は日本でもよく知られています。
しかし、タイタニックがベルファストで造船されたことは余り知られていません。
没後100週年にあたる2012年に「タイタニック・ベルファスト」が建造されました。

image by iStockphoto

6階建ての巨大な内部は全てがタイタニック号についての施設となっています。
タイタニック造船以前のベルファストの産業に始まり、造船に至るまでの経緯が事細かに紹介されています。
CGで再現された船内の様子も見ることができ、当時の工業力の高さを知ることができます。

image by iStockphoto

タイタニック・ベルファストのすぐ南にある「ハミルトン・ドック」にはタイタニック号の連絡船として使われた「SSノマディック号」が停泊しています。
タイタニック号事故当日は172名もの人がこの船からタイタニックへ乗り込みました。
船内はガイドツアーによって見学することができます。

ベルファスト市民憩いの場「ストーモント・エステート」でのんびり

ベルファスト市民憩いの場「ストーモント・エステート」でのんびり

image by iStockphoto

ベルファストは北アイルランドの議事堂「ストーモント・エステート」が置かれる場所でもあります。
1932年に建てられ1972年に一度閉鎖しましたが、1998年に再び議場として使われるようになりました。
広大な敷地は公園として一般開放されており、憩いの場として多くの人が集まります。
のんびり過ごしたいときは来てみてはいかがですか?

「キャリックファーガス城」でヴァイキング時代の歴史を感じよう

「キャリックファーガス城」でヴァイキング時代の歴史を感じよう

image by iStockphoto

ベルファストから北東に行った港町「キャリックファーガス」には北アイルランドを代表する古城「キャリックファーガス城」があります。
1180年にこの地方の海賊ヴァイキングにより建てられました。

image by iStockphoto

城内には当時の兵隊の格好に扮した人や大砲などが置かれており、その時代の雰囲気を忠実に再現しています。
この強固な城をどうやって攻略するかシュミュレーションしながら回るのも味わい深いかもしれません。

image by iStockphoto

image by iStockphoto

造船都市ヴェルファストの工業力に圧倒

造船都市として栄えたヴェルファストはヴィクトリア朝時代の栄光を今に伝えるきらびやかな街です。
タイタニックの製造過程を見ればその工業力の高さは一目瞭然でしょう。
潮風が気持ちの良い街ヴェルファストへ、今旅立ちましょう!
photo by iStock