白夜とフィヨルドだけじゃない!見所満載の”絶景国”ノルウェー

ノルウェーはスカンジナビア半島に位置するヨーロッパ最北の国です。白夜とフィヨルドの国として有名ですが、それだけで片づけてしまうのが勿体ないくらい、この国には見所が溢れています。世界でもここでしか見ることのできないダイナミックで起伏に富んだ国土、フィヨルドの谷間にひっそりと佇む可愛らしい村々、北極圏の厳しい自然の中で逞しく生きる人々…ヨーロッパで最も「ナチュラル」な国、ノルウェーをめぐる旅に出かけましょう!

image by iStockphoto

カラフルな家並みが目を引く世界遺産の港町

カラフルな家並みが目を引く世界遺産の港町

image by iStockphoto

穏やかな入り江に面し、山肌に沿うように家々が立ち並ぶ、ノルウェー第2の都市ベルゲンは、フィヨルド観光の拠点として多くの観光客で賑わう港町です。

 

 

image by iStockphoto

街中は、ノルウェー第2の都市とは思えないほど穏やかな風情が漂っています。
また、中世よりタラ漁で栄え、当時から、スカンジナビアにおける貿易の拠点として重要な役割を果たしてきた街です。

世界遺産に登録されている、「ブリッゲン地区」は、三角屋根の色とりどりの可愛らしい家並みが特徴のエリアで、まるで童話の世界にいるような気分に浸ることができます。

ベルゲン鉄道に乗ってみよう!

ベルゲン鉄道に乗ってみよう!

image by iStockphoto

ベルゲン鉄道は、ノルウェーの首都オスロとベルゲン間489kmを6時間半で結んでいます。

 

image by iStockphoto

鬱蒼と茂る森、湖水地方、山岳地帯といった起伏に富んだノルウェーの大地を縫うように走るベルゲン鉄道。
その、車窓から眺める景色は、世界で最も美しい路線風景の1つとして有名で、いつまで眺めても飽きることはないでしょう。

ムンクの絵画を通して感じるノルウェー

ムンクの絵画を通して感じるノルウェー

image by iStockphoto

ノルウェーが生んだ世界的画家、エドヴァルド・ムンク。
感情をキャンバスにそのままの形で描く「表現主義」の生みの親として、世界の絵画の潮流を大きく変えたムンク。

 

image by iStockphoto

ムンクの絵画には、ノルウェーの風土や自然環境が大きく反映されているといわれています。
代表作「叫び」は、ムンクが友人と散歩中にフィヨルドにかかる霞雲を眺めていたところから幻覚をきたし、それを基に描いたとされており、この国の風土を語るうえで非常に重要な作品として知られています。

ヨーロッパ最北の岬、ノールカップ

ヨーロッパ最北の岬、ノールカップ

image by iStockphoto

「ヨーロッパ最北の国を訪れたなら、せっかくだし最北の地も訪れてみたい!」という方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

 

image by iStockphoto

ヨーロッパの北の果て、北極圏に位置するノールカップは、夏は1日中太陽が沈まない白夜の地。
古来より先住民族サーミ人にとって神聖な土地とされ、崇められてきたこの岬からは、果てしなく続く北極海の地平線を眺めることができます。

夏のシーズンには北欧の主要都市から鉄道やバスを乗り継いで行くことも可能ですが、ベルゲン等の港町から運航している沿岸急行船フッティルーテンを利用するのが便利ですし、船からの景色も素晴らしくおすすめです。

NORTH CAPEの住所・アクセスや営業時間など

名称 NORTH CAPE
住所 9764 Nordkapp, Norway
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.visitnordkapp.net/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

外国人でもビザなしで好きなだけ滞在して、しかもビジネスも自由にできる島がある!

外国人でもビザなしで好きなだけ滞在して、しかもビジネスも自由にできる島がある!

image by iStockphoto

先ほどヨーロッパ最北の地としてノールカップを紹介しましたが、実はそのノールカップの遥か北にはスピッツベルゲン島という小さな島があります。

image by iStockphoto

スヴァールバル諸島に属するスピッツベルゲン島は1年を通して雪と氷に覆われた不毛の地として知られ、一見すると、とても人間が住める場所には見えません。

しかし、驚くべきことにこの島には約2500人の島民が暮らしているというのです。
その理由が、この島がノルウェーの領土でありながらも、外国人がビザなしで自由に経済活動を行うことができる特別地域であるためです。
もちろん日本人も自由にこの島に住んで仕事をすることができます。

海外で自分を試してみたい方、日本での生活に行き詰まりを感じている方、1度スピッツベルゲン島での生活を検討してみてはいかがでしょうか!?

ノルウェーは世界一物価の高い国?

ノルウェーは世界で最も美しい国の1つで大変治安も良く、旅をするにはうってつけの国なのですが、とても物価の高い国として知られています。
特にオスロは物価の高い世界の都市ランキングで1位を獲得するほど。
日本と比べても外食費や宿泊費は1.5~2倍近くに感じるかもしれません。
事前にOslo.comなどのサイトで比較的リーズナブルなお店などをチェックしておくことをおすすめします。
photo by iStock