人間ってすごい!カナダで見れる歴史的な建築物10選

カナダといえば、ナイアガラの滝にオーロラ鑑賞、メープルの木の紅葉など自然を連想させるものが多く思いつくでしょうか。 イギリスやフランスの植民地時代があったことで、建物によってはそれぞれの影響を受けているものも存在しています。カナダ建国が1800年代半ばと比較的新しい国ではありますが、その中でも歴史を感じさせる建築物をご紹介いたします。

あの有名人も結婚式を挙げた モントリオール・ノートルダム大聖堂

あの有名人も結婚式を挙げた モントリオール・ノートルダム大聖堂

image by iStockphoto

カナダ第2の都市でありながら、フランス文化を色濃く残すモントリオールの町。
ヨーロッパ調の旧市街や街中で聞こえるフランス語を聞いているとここは本当にカナダなのだろうか? と錯覚するかもしれません。
この美しい町の中にあるモントリオール大聖堂は、セリーヌ・ディオンが結婚式を挙げた場所としても広く知られています。
外観はよくある大聖堂といったところですが、内装には一つ一つ手を掛けて造られたであろう装飾物やステンドグラスがあり、息をのむほどの感動を覚えるでしょう。

モントリオール・ノートルダム大聖堂 Notre-Dame Basilica of Montr?alの住所・アクセスや営業時間など

名称 モントリオール・ノートルダム大聖堂 Notre-Dame Basilica of Montr?al
住所 110 Notre-Dame Street West, Montreal, Quebec H2Y 1T1, Canada
営業時間・開場時間 日 午後 12:30 – 午後 4:00 月 – 金 午前 8:00 – 午後 4:30 土 午前 8:00 – 午後 4:00
利用料金や入場料 $5-
参考サイト http://www.basiliquenotredame.ca/en/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

パイプオルガンの音色に酔いしれたい モン・ロワイヤルのセント・ジョセフ礼拝堂 

パイプオルガンの音色に酔いしれたい モン・ロワイヤルのセント・ジョセフ礼拝堂 

image by iStockphoto

まず、6階建ての礼拝堂の大きさにびっくりします。
礼拝堂に上る階段で、膝まづいてお祈りを捧げる人もいます。
薄暗い礼拝堂の中でステンドグラスを通した光が壁に当たり、大きなパイプオルガンがあり、とても神聖な気持ちになります。
ダウンタウンから地下鉄で15分くらいで、コート・デ・ネージュ駅からも歩いて10分くらいの便利な場所なので、モントリオールに行ったらぜひ訪れたい場所の一つです。
 TripAdvisorより

セント・ジョセフ礼拝堂 Saint Joseph’s Oratory of Mount Royalの住所・アクセスや営業時間など

名称 セント・ジョセフ礼拝堂 Saint Joseph’s Oratory of Mount Royal
住所 3800 Chemin Queen Mary, Montr?al, QC H3V 1H6 カナダ
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 $5
参考サイト https://www.saint-joseph.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

国家の主要機関が集結した パーラメント・ヒル

国家の主要機関が集結した パーラメント・ヒル

image by iStockphoto

国会議事堂、首相官邸などカナダ政府主要機関の建物が一挙に見られるパーラメント・ヒルは、オタワ川に面した小高い丘にあります。
政府の機関と聞くとお堅いイメージがあり、なんとなく近寄り難くもあります。
意外にも館内の見学ツアーは常に人気で行列をなし、前庭の芝生エリアではランチをしたり、のんびりと読書をしたりと市民の憩いの場となっています。
夏季は議事堂前での衛兵交代式に、冬期にはイルミネーションイベントが無料で多くの人で賑わっています。

パーラメント・ヒル PARLIAMENT of CANADAの住所・アクセスや営業時間など

名称 パーラメント・ヒル PARLIAMENT of CANADA
住所 111 Wellington Street in downtown Ottawa, Canada
営業時間・開場時間 Weekdays: 9:00 a.m. to 3:30 p.m. Weekends: 9:00 a.m. to 4:30 p.m.
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.lop.parl.gc.ca/Visitors/index-e.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

北アメリカ最東端 スピア岬の灯台

北アメリカ最東端 スピア岬の灯台

image by iStockphoto

ニューファンドランド・ラブラドール州のセントジョンズ、アバロン半島にある四角い木造建築のスピア岬の灯台。
カナダ国定史跡に指定され、ニューファンドランドに現存する最古の灯台とされています。
異論を唱えられながらも、一般的にスピア岬は北アメリカの最東端の地といわれています。
1834年に建設が始まり、その2年後に開設されたこの灯台は、第二次世界大戦中には輸送船団の航路となり砲台や兵舎なども残されています。

スピア岬の灯台 Cape Spear Lighthouse National Historic Site of Canadaの住所・アクセスや営業時間など

名称 スピア岬の灯台 Cape Spear Lighthouse National Historic Site of Canada
住所 Blackhead Rd, Blackhead, NL, Canada
営業時間・開場時間 10:30am to 5:30pm
利用料金や入場料 $3.90
参考サイト http://www.pc.gc.ca/eng/lhn-nhs/nl/spear/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

セントローレンスマーケットで楽しいショッピングを!

セントローレンスマーケットで楽しいショッピングを!

image by iStockphoto

200年以上も前からトロント市民の食生活を支えてきたセント・ローレンスマーケットは、通りを挟み南と北に分かれる市営市場です。
南側のレンガ造りの建物は、初代の市庁舎を改築したものです。
地元で採れた新鮮な野菜に、肉や魚、それからデリカテッセンにベーカリーショップと見ているだけでもお腹が鳴りそう! 各国料理のお店も多く、買った物をイートインスペースにて地元の人々に交じって食べるのも思い出に残りますね。
観光客にも嬉しいメープルシロップやアクセサリーなどお土産にもなりそうな品々も揃っているので、トロントまで来たらぜひ立ち寄ってみましょう。

セント・ローレンス・マーケット St. Lawrence Marketの住所・アクセスや営業時間など

名称 セント・ローレンス・マーケット St. Lawrence Market
住所 92-95 Front St. E., Toronto, Ontario M5E 1C4, Canada
営業時間・開場時間 午前 8:00 – 午後 6:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.stlawrencemarket.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ナイアガラの滝を見るならレインボーブリッジから

ナイアガラの滝を見るならレインボーブリッジから

image by iStockphoto

カナダとアメリカを結ぶレインボーブリッジ。
カナダ観光といえば、ナイアガラの滝といっても過言ではありませんね。
その滝もこの橋の上からが絶景ポイントとなっています。
カナダ側からとアメリカ側からでは、滝の見え方も違ってくるのでぜひ往復されることをおすすめします。
もちろん徒歩でも橋を渡ることは可能ですが、その際入国審査も行われているのでパスポートをお忘れなく! 橋の途中には両国の国旗が並び、国境を示すプレートもあるので良い記念撮影ができそうですね。

17世紀に築かれたケベックの城塞

17世紀に築かれたケベックの城塞

image by iStockphoto

城塞都市ケベック・シティと言えば、やはりシタデルは訪れておきたい。
ガイドツアーは一人16ドルとやや高めだが、一時間かけて内部をじっくり見学できるのでコストパフォーマンスは悪くない。
そして、ここから眺めるシャトー・フロントナックの眺めは最高なので、綺麗な写真を撮影したい人には外せない場所。
 4travelより

シタデル(ケベック城塞) The Citadelleの住所・アクセスや営業時間など

名称 シタデル(ケベック城塞) The Citadelle
住所 http://www.lacitadelle.qc.ca/en/
営業時間・開場時間 May to October: 9 a.m. to 5 p.m. November to April: 10 a.m. to 4 p.m.
利用料金や入場料 $16
参考サイト 1 C?te de la Citadelle, Ville de Qu?bec, QC G1R 3R2 Canada
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アールデコ調が目を引くマリーンビル

アールデコ調が目を引くマリーンビル

image by iStockphoto

バンクーバーのダウンタウンでは、モダンな建物が多い中で一際目を引くのがアールデコ調のマリーンビルディング。
今ではクラシカルな雰囲気を醸し出していますが、1930年代には最も高く最先端を行くビルでもありました。
現在でも多数のオフィスを抱える雑居ビルとして使われているため、1階のロビーまでは自由に見学が出来るようです。
バンクーバーでの映画撮影時に古い建物が必要となった時は、ロケ地としての顔も併せ持っています。

マリーンビル Marine Buildingの住所・アクセスや営業時間など

名称 マリーンビル Marine Building
住所 355 Burrard Street, Vancouver, British Columbia V6C 2G8, Canada
営業時間・開場時間 8:30 – 17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g154943-d591254-Reviews-Marine_Building-Vancouver_British_Columbia.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アトラクションに来たかのようなクレイダーロック城

アトラクションに来たかのようなクレイダーロック城

image by iStockphoto

ビクトリア市街のやや東側にあり、市街地からはフォートストリートを通る11番/14番のバスで向かうことになります。
バス停からも少し上り坂を歩きますが、標識は結構しっかり出ているので、迷うことはないです。
お城はいい意味で幽霊屋敷。
ホーンテッドマンションを思い出します。
1階にはお土産屋が併設されていて、お土産屋はお城に入らないでも立ち寄ることが可能です。
 4travelより

クレイダーロック城の住所・アクセスや営業時間など

名称 クレイダーロック城
住所 1050 Joan Crescent, Victoria, British Columbia V8S 3L5
営業時間・開場時間 6/15~9/6 9:00~19:00 9/7~6/14 10:00~16:30
利用料金や入場料 大人 13.95ドル シニア 12.95ドル 学生 8.95ドル 子ども 5ドル
参考サイト http://4travel.jp/overseas/area/north_america/canada/victoria/kankospot/10162014/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

赤毛のアンの作者 モンゴメリ生家を訪ねよう!

赤毛のアンの作者 モンゴメリ生家を訪ねよう!

image by iStockphoto

カナダのプリンスエドワード島といえば、「赤毛のアン」を思い出すという人も少なからずいらっしゃるでしょうか。
アンの育った家グリーンゲイブルスはキャベンデシッシュにありますが、作家であるモンゴメリの生家はそこから10数キロ西に離れたニュー・ロンドンという町にあります。
モンゴメリが生まれ母親が亡くなる2歳まで過ごしたこの家には、1800年代後半の当時の温かい家庭の様子がそのまま残されています。
赤毛のアンのファンならもちろんのこと、レトロなお部屋が好きな人にも楽しめるスポットです。

モンゴメリ生家 LM Montgomery Birthplaceの住所・アクセスや営業時間など

名称 モンゴメリ生家 LM Montgomery Birthplace
住所 5 McCarville Dr, 6461 PE-20, Kensington, PE C0B 1M0 Canada
営業時間・開場時間 9:00am – 5:00pm (Mid May to to Thanksgiving)
利用料金や入場料 $4
参考サイト http://www.lmmontgomerybirthplace.ca/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

新しい街だからこそ引き立つレトロな建築物

いかがでしたでしょうか。
比較的歴史の浅いカナダには、街自体が「新しい、綺麗!」感じることがあるかと思います。
その中でも古めの建築物を見つけると、ここにも歴史が根付いているんだなということが認識できるかと思います。
ぜひカナダを訪れて宝探しのような気分で歴史的建築物を見つけてみてはいかがでしょうか。
photo by iStock