日本の小京都・津山で巡りたい!観光スポット6選

「朝霧の町」と呼ばれた美作の小京都・津山。中国地方最大の津山盆地の中央に位置しており、かつては美作の中心都市として、現在でも岡山県北部の大都市として賑わいを見せています。今回はそんな津山でぜひ巡りたい、魅力あふれるスポットを6選紹介します。

津山のシンボル・津山城

津山のシンボル・津山城

image by PIXTA / 22016165

津山観光でまず外せないスポットとして挙げられるのが、津山城です。
本能寺の変で亡くなった森蘭丸の弟・森忠政が築いた城で、明治時代に出された廃城令で建物は取り壊されてしまいましたが、石垣だけ残っています。
その高さは45m。
築城当時の雰囲気がそのまま感じられます。
また築城400年記念の際には備中櫓が復元されました。
桜の名所としても知られる津山のシンボルです。

image by iStockphoto

津山城の住所・アクセスや営業時間など

名称 津山城
住所 岡山県津山市山下135
営業時間・開場時間 8:40~19:00(4~9月) 8:40~17:00(10~3月)
利用料金や入場料 300円
参考サイト http://www.okayama-kanko.jp/modules/kankouinfo/pub_kihon_detail.php?sel_id=2529&sel_data_kbn=0
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

小京都らしい庭園・衆楽園

小京都らしい庭園・衆楽園

image by iStockphoto

二代目藩主森長継が、京都から呼び寄せた作庭師に造らせた庭園です。
池泉廻遊式のデザインで、京都の仙洞御所に似せて造られているのだとか。
大小4つの島が池に浮かび、春の桜や夏のスイレン、秋にの紅葉や冬の雪景色といった、四季折々の素晴らしい景色を堪能することができます。
入園無料なのも嬉しいポイント。
見ごたえたっぷりなのでぜひ訪れてみましょう。

image by iStockphoto

旧津山藩別邸庭園の住所・アクセスや営業時間など

名称 旧津山藩別邸庭園
住所 岡山県津山市山北628
営業時間・開場時間 4月~10月 7:00~18:00 11月~3月 7:00~17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.okayama-kanko.jp/modules/kankouinfo/pub_kihon_detail.php?sel_id=1469&sel_data_kbn=0
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

鉄道好きにはたまらない・旧津山扇形機関車庫

鉄道好きにはたまらない・旧津山扇形機関車庫

image by PIXTA / 23622125

蒸気機関車を格納する旧津山扇形機関車庫は、昭和初期に造られました。
現在はディーゼル機関車が何台も保存されており、なかでもDE501形機関車は日本で唯一ここだけでしか見られない貴重なもの。
またこの車庫自体も貴重な文化財で、全国で2番目の規模を誇ります。
津山駅周辺を再現した展示はとてもリアル。
鉄道好きもそうでない方も記念撮影そてみてはいかがでしょうか。

image by iStockphoto

津山まなびの鉄道館の住所・アクセスや営業時間など

名称 津山まなびの鉄道館
住所 岡山県津山市大谷
営業時間・開場時間 9:00?16:00
利用料金や入場料 300円
参考サイト http://www.tsuyamakan.jp/manabi/index.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

大正ロマンを感じる・作州民芸館

大正ロマンを感じる・作州民芸館

image by iStockphoto

左右対称のデザインが特徴的なルネサンス調の建物は、1920年に土居銀行本店として建設されたもの。
現在は津山市の民芸館として、作州地方の郷土玩具や民芸品の展示が行われています。
元銀行の建物内には大きな金庫など名残りを感じるものが数々。
天井や柱の彫刻など独特なデザインが随所に残り、大正ロマンを感じることができますよ。

作州民芸館の住所・アクセスや営業時間など

名称 作州民芸館
住所 岡山県津山市西今町18
営業時間・開場時間 9:00~17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.e-tsuyama.com/kankou/check/sakushumingeikan/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

生き物の不思議に触れよう・つやま自然のふしぎ館

生き物の不思議に触れよう・つやま自然のふしぎ館

image by iStockphoto

ファミリーにぜひおすすめしたいのが、この「つやま自然のふしぎ館」。
世界各地の希少な動物や昆虫、化石や鉱石、人体標本などが20000点以上も収集展示されている、自然史博物館です。
ワシントン条約発行前の剥製も数多くあり、ここでしか見られない迫力満点の展示。
別館は「歴史民俗館」として、江戸から明治にかけての資料が展示されています。

image by iStockphoto

つやま自然のふしぎ館の住所・アクセスや営業時間など

名称 つやま自然のふしぎ館
住所 岡山県津山市山下98-1
営業時間・開場時間 9:00~17:00
利用料金や入場料 700円
参考サイト http://www.fushigikan.jp/fushigi/index.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

避暑地としても人気・横野滝

避暑地としても人気・横野滝

image by iStockphoto

横野滝は落差7mの一の滝と16mの二の滝、3段構えの三の滝という3つの滝から構成されています。
滝つぼには龍神が棲むと言われ、「龍淵」と呼ばれているのだとか。
それぞれの滝つぼは表情が異なるので、順番に巡ってみてくださいね。
また津山市中心部よりも気温が低いので、夏には避暑地としても人気が高く、多くの人が涼を感じに訪れます。
滝のほとりには清流のそうめん流しもあるので、ランチにもぴったりですよ。

横野滝の住所・アクセスや営業時間など

名称 横野滝
住所 岡山県津山市上横野
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.pref.okayama.jp/seikatsu/sizen/hyakusen/hyakusen/078yokonotaki.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

豊かな自然と江戸時代の風格を感じて

いかがでしたでしょうか。
自然豊かな地域でありながら古くからの城下町でもあり、江戸時代の風情が残る町並みは、まさに小京都らしい風格があります。
寺社仏閣も多く残っているなど歴史溢れる津山で、小京都気分を満喫してみてくださいね!
photo by PIXTA and iStock