行くチャンスは無さそうだけどひと目みたい世界の町、ペルー「プーノ」の魅力

プーノはペルーの南部に位置する標高3,850m、アンデス山脈のほぼ中央にあたる人口約22万人の小さな街です。街には、ケチュア族やアイマラ族など原住民の人口が多く、伝統的なフォルクローレ音楽の宝庫としても知られています。

標高3,850mにある湖畔の街・プーノ

標高3,850mにある湖畔の街・プーノ

image by iStockphoto / 59224566

チチカカ湖畔にある標高3,850mの小さな街プーノ。
街には民族衣装を着た人々が溢れ、今にも伝統音楽フォルクローレが聞こえてきそうです。
皆さんのイメージするペルーやアンデスにもっとも近いのではないでしょうか?

小さな街には、400m四方内にレストラン、カフェ、ショップや宿などが立ち並び、旅行者に必要な施設はすべて徒歩圏内にそろっています。
夜のリマ通りには、昼はどこにいたのかと思うほど多くの旅行者の姿があります。

プーノ市内に空港はなく、最寄のフリアカ空港を利用、空港からプーノまでは乗り合いのバスやタクシーで1時間程度で到着します。

image by iStockphoto / 15755023

プーノの住所・アクセスや営業時間など

名称 プーノ
住所 Puno
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%BC%E3%83%8E
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

どこまでも続く壮大な湖・チチカカ湖

どこまでも続く壮大な湖・チチカカ湖

image by iStockphoto / 58487808

プーノといえば、チチカカ湖といっても過言ではないくらい有名な湖は、汽船などが航行可能な湖として世界最高峰といわれており、ペルーとボリビアの2か国にまたがっています。
なんと、その大きさは琵琶湖の約12倍もあり、まるで海のように大きな湖には大小40ほどの島が浮かんでいます。

湖の中央に浮かぶ島のひとつに「イスラ・デル・ソル(太陽の島)」と呼ばれている島があり、インカ帝国の初代皇帝マンコ・カパックが湖に現れ、その島に降りたと言い伝えられています。
人々にインカ帝国の発祥の地と信じられている神聖な島。
そして、このどこまでも続く碧い湖に浮かぶ島々には、今でも原住民が暮らしているのです。
伝説の残る湖、チチカカ湖の島をぜひ巡ってみましょう。

チチカカ湖の住所・アクセスや営業時間など

名称 チチカカ湖
住所 Lake Titicaca Peru
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%81%E3%82%AB%E3%82%AB%E6%B9%96
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ウル族が暮らす人工の浮島・ウロス島

ウル族が暮らす人工の浮島・ウロス島

image by iStockphoto / 88795409

プーノへ来たら、もっとも人気の高いウロス島へ立ち寄りましょう。
プーノの桟橋から船でチチチカカ湖へ繰り出します。
島へは30~40分で到着。
民族衣装を着た島の住民が、手を振って皆さんを歓迎してくれることでしょう。

トトラと呼ばれる葦から作られた島に上陸すると、ふわふわした不思議な感触に驚くかもしれません。
島を作るこのトトラは、ウロスの人々の生活に欠かせないものなのです。
島になり、住居になり、食料にまでもなります。
皆さんもトトラを一度味わってみてはいかがでしょうか?

また、このトトラで作られた「バルサ」と呼ばれる船で近くの島に立ち寄ることができます。
トトラで作られた船にも乗ってみたいですね!

ウロス島の住所・アクセスや営業時間など

名称 ウロス島
住所 Uros Islands
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://wikitravel.org/ja/%E3%82%A6%E3%83%AD%E3%82%B9%E5%B3%B6
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

トトラで作られた島の不思議

トトラで作られた島の不思議

image by iStockphoto / 20920561

どのように島を作っているのか不思議に思いませんか?島は湖面に顔を出すようにして生えているトトラを刈り取り、その根の塊を浮島のベースとしています。
刈り取ったトトラをブロックのように束ねたものを3mほど重ね、さらにその上にトトラを敷き詰めるとう方法で作られています。
島の寿命は10〜15年で、浮材として使っているトトラが腐ってきた場合には、また上から新しいトトラを補充するそうです。

昔ながらの生活を営む・タキーレ島

昔ながらの生活を営む・タキーレ島

image by iStockphoto / 30011950

島巡りでもう一つはずせないのが緑と段々畑の美しい島、タキーレ島です。
プーノから船で3時間半、そこには今でも電気も水道もない自給自足の生活を送るケチュアの人々が住んでいます。
人々は、インカ時代から変わらない農法で農業を行い、ペルー随一といわれている織物で生計を立てています。

織物はユネスコの世界無形文化遺産に指定されており、糸を紡ぎ織るのは女性の仕事、糸を編むのは男性の仕事、まるで呼吸をするように自然な動作で手を動かし続けます。
島のいたるところで、男性が編み物をする姿がみられますよ。
タキーレ島に住む人々はインカ時代の伝統が残る毛織物でできている色鮮やかな民族衣装を着ています。

島には平地がなく、村の広場へも長い長い坂道を登らなければなりません。
しかし、登り切った頂上からはチチカカ湖が一望でき、空と湖の青さになんともいえない達成感と爽快感が!ここでしか見られない景色をぜひ楽しみたいですね。

image by iStockphoto / 82605051

タキーレ島の住所・アクセスや営業時間など

名称 タキーレ島
住所 Isla Taquile
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://kakehashi.titicaca.jp/happy_trade/map/taquile/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

青い空と湖に囲まれた丘の上の墓地・シユスタニ遺跡

青い空と湖に囲まれた丘の上の墓地・シユスタニ遺跡

image by iStockphoto / 48654720

プーノから約30分ほど車を走らせたウマヨ湖の小さな半島に、プレ・インカの遺跡が残されています。
そこには「チュルパ」と呼ばれる石塔円形墳墓が点在し、いちばん大きいもので高さ12mもあります。

死者は胎児の姿勢で埋葬され、死後の世界でも生活できるよう副葬品として食べ物や陶器など日常品が収められていたのだとか。
どのチュルパにも東に向いた小さな窓があり、冬至には、東の空から昇った太陽光がチュルパの奥まで差し込むように造られています。
これによって死者の復活を祈っていたそうです。
コリャ時代のチュルパは丸い石を積み上げた素朴なものでしたが、インカ時代のものは石の角がぴたりと合わさっていてとても美しいのです。

かつては高貴な人々の墓だったとされるこのチュルパも、そのほとんどが黄金に眼が眩んだスペイン人侵略者によって打ち壊されてしまいました。
あちらこちらに崩れた石が転がり、ところどころに埋葬者たちの骨片も見え隠れしています。
しかし、青い空と湖に囲まれた静かな時間の流れるこの遺跡には、物悲しさよりも安らぎを感じてしまいます。

image by iStockphoto / 48654026

シユスタニ遺跡の住所・アクセスや営業時間など

名称 シユスタニ遺跡
住所 Lake Titicaca,per’u
営業時間・開場時間
利用料金や入場料
参考サイト http://nandiperu.com/jp/portfolio-view/sillustani/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

一度は食べたい・トゥルーチャ料理

一度は食べたい・トゥルーチャ料理

image by iStockphoto / 33606546

プーノでぜひ味わいたい料理といえば、「トゥルーチャ(マス)」料理です。
チチカカ湖で捕れる新鮮なトゥルーチャに塩を振り、さっと焼きあげた「トゥルーチャ・ア・ラ・プランチャ」はシンプルな味わいで美味しいと評判です。
その他の調理方法として、フライ、グリル、トマトベースのソースをかけたものなどいろいろなメニューがありますが、シンプルな味付けのほうが日本人の口に合いやすのではないでしょうか。

トゥルーチャ料理の住所・アクセスや営業時間など

名称 トゥルーチャ料理
住所 Puno, Peru
営業時間・開場時間 施設によって異なる
利用料金や入場料 施設によって異なる
参考サイト http://comidatipicadepuno.blogspot.ca/2009/03/trucha-frita.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

チチカカ湖とアンデス文化に触れる旅

プーノへ来たら、ウロス島・タキーレ島をはじめとするチチカカ湖の島巡りをおすすめします。
人口4,000人のアマンタニ島では、島の人々の生活に直接触れることのできるホームステイを体験することができます。
photo by iStock
格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ