一味違ったオランダを見てみない? 南部国境の町を巡る旅

ベルギーとの国境を隔てたオランダの南部。あまり注目されることはありませんが、中世の街並みを残しながらも他国からの影響を受け独自の文化を築いてきた町や村が多くあります。今回は国境に程近いいくつかの町をご紹介いたします。特に9,10番目のバールレ・ナッソーは、我々日本人からすると馴染みのない感覚で新鮮さを覚えるかもしれません。

オランダ離れした町の雰囲気を持つマーストリヒト

オランダ離れした町の雰囲気を持つマーストリヒト

image by iStockphoto

マーストリヒトは東部をドイツに、南部と西部をベルギーに囲まれたオランダ東南端に位置する町です。
町の立地から20回以上も他国に侵略された歴史、そして隣国との通商や人々の移動があったことにより、町の雰囲気はどことなく他国の影響を受けているようにも見られます。
町の中心部にあるマルクト広場では、水・金曜日に露店市が開かれ人々が縦横無尽に行き交い活気を感じるエリアとなっています。
広場の中央には市庁舎が建ち、塔には49のベルをもつカリオンの音色が決まった時間に鳴り響きます。

マーストリヒトの住所・アクセスや営業時間など

名称 マーストリヒト
住所 Maastricht, Netherlands
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%88
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

オランダ最古の門 地獄門

オランダ最古の門 地獄門

image by iStockphoto

マーストリヒト旧市街の城壁にある13世紀に作られた門で、その昔ペストが流行したときに、患者はこの門から外に出されて2度と生きて戻れなかったそうです。
そこからこの名前が付いたそうです。
周りは緑の公園のようになっているので、地獄門から続いている城壁に沿って、付近を散策するのがお勧めです。
 4travelより

ヘルポールトの住所・アクセスや営業時間など

名称 ヘルポールト
住所 A.Bernardusstraat 24/B, Wijk 11, Maastricht, Netherlands
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://belgium-yuki.blogspot.jp/2014/02/maastricht-01.html?m=1
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

優雅な時の流れ マース川クルーズ

優雅な時の流れ マース川クルーズ

image by iStockphoto

マーストリヒトを訪れたら、クルーズ船に乗って町を眺めてみましょう。
夏のシーズン中には、最大10コースのクルーズが運行されています。
中でも特に人気なのが、「国境を巡るツアー」で、数々の水門を抜けながらベルギーとの国境を巡ります。
こんなクルーズを体験できるのも、国境に面した土地柄ならではですね! 他にもランチ付きのコースや、聖ピータースベルグの洞窟を周るコースなどもあるので、好みのものをチョイスしてみてはいかがでしょうか。

Maas Cruiseの住所・アクセスや営業時間など

名称 Maas Cruise
住所 Maaspromenade 27, Maastricht
営業時間・開場時間 11時から16時まで1時間間隔で出航
利用料金や入場料 国境付近まで行って戻ってくる50分コースが5.9ユーロ
参考サイト http://4travel.jp/overseas/area/europe/netherlands/maastricht/kankospot/10385585/tips/10219888/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

町を見守るおばあさん 聖セルファース教会

町を見守るおばあさん 聖セルファース教会

image by iStockphoto

聖セルファース教会は、マース川から西へ約1km程の所にあるオランダで最も古い教会のひとつです。
地下室はなんと6世紀から造られ始め、地上に出ている主な部分は11~15世紀と長い年月をかけて建築されました。
教会の内部には、マーストリヒト最初の大司祭聖セルファースの黄金の像や、古い時代の宝物が展示されています。
教会の西側の塔にはオランダ国内で最大級の鐘があり、地元の人からはと親しみを込めて「おばあさん」と呼ばれているそうです。

聖セルファース教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 聖セルファース教会
住所 Keizer Karelplein 3, 6211 TC Maastricht,
営業時間・開場時間 現地時間9:00-17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.sintservaas.nl/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

3か国の国境地点 ドリーランデンプント

3か国の国境地点 ドリーランデンプント

image by iStockphoto

2か国の国境地点というのは数多く存在しますが、3か国の国境地点と聞いたらぜひ一度目にしてみたいと思いませんか? マーストリヒトからバスで50分、ファールスの町の終点で降り、南の丘へ登ること約30分。
頂上にはオランダ、ベルギー、ドイツの3か国の点を意味する「ドリーランデンプント」の石碑と各国の旗が掲げられています。
また、遊園地やベルギー地区に100m程入った辺りに展望台もあるので、ぜひ立ち寄ってみましょう! 一度に3か国の景色が眺められるなんてなかなか出来る体験ではないですよね。

ドリーランデンプントの住所・アクセスや営業時間など

名称 ドリーランデンプント
住所 Vaals, Limburg, Nederland
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.drielandenpunt.nl/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

修道院によって統治された白い町並みトールン

修道院によって統治された白い町並みトールン

image by iStockphoto

オランダの古くからある建物というと、赤茶っぽい建物が多いように感じますが、ここトールンは一風変わった「白い村」として知られています。
992年に修道院が建てられてから800年の間、この村は修道院長によって統治されてきました。
そして、1794年にオランダがフランスに支配されると窓の大きさまでもが課税対象となり、人々はそれを逃れるためレンガで窓を塞ぎ白く塗って隠したとも言い伝えられています。
小さな町なのでいわゆる見どころというようなものは少ないですが、窓際に飾られた花々や小道などに入ってみたりとのんびり歩きたくなるような静かな町です。

トールンの住所・アクセスや営業時間など

名称 トールン
住所 Bogenstraat 2, 6017 AV Thorn, Holland
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.holland.com/jp/tourism/article/thorn-jp.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

中世の面影残るミデルブルグ

中世の面影残るミデルブルグ

image by iStockphoto

所は変わってミデルブルグ。
オランダの西側に位置し、北海に面した町です。
この町があるゼーランド州は、北ブラバンド州から細く繋がり北海に行くにしたがって広がった地形のため、オランダの中でも水との闘いが何度も繰り返された厳しい土地です。
1953年に起きた大洪水により堤防は決壊、土地のほとんどは浸水し多くの人々の命が犠牲となりました。
この教訓によりデルタ計画が持ち上がり大堤防が作られ、今では水と共存する都市となっています。

image by iStockphoto

マルクト広場には15世紀のとても美しいゴシックスタイルの

市庁舎が建っています。
建物正面はゼーランド地方を治めた

伯爵などの像で飾られ、市庁舎のそのもののブロンズ像が置かれています。
この建物は正面からだけでなく、横、後ろとまわって見ると全く違った表情が見られます。
あとから、付け加えた部分なのでしょう。
建築様式も違っていました。
 4travelより

Middelburgの住所・アクセスや営業時間など

名称 Middelburg
住所 Middelburg, Zeeland, Netherlands
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.middelburg.nl/Toeristen
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

少々ややこしい飛び地の中の飛び地バールレ・ナッソー

少々ややこしい飛び地の中の飛び地バールレ・ナッソー

image by iStockphoto

ベルギーと隣り合わせのオランダには、二つの国にまたがった地点があるというのは、国境の町にはありがちなこと。
では、オランダ国内にベルギーの飛び地が21か所あり、さらにそのベルギーの飛び地の中に8か所のオランダの飛び地があるとなったらどうでしょう? ちょっとややこしいですよね。
 ここバールレ・ナッソーでは飛び地が多いことで、町の道路のにはそこらじゅうに国境を現す線が引かれているのです。
1つの街に2つの国が同居してしまっているので、町長は2人、役所もふたつ、警察署も学校も郵便局も全てふたつずつ存在するのです。

遡ること12世紀のヨーロッパでは、戦争や権力闘争が続き、この町も二人の領主によって領有されました。
1648年にオランダが独立した際の条約でもこの町の国境はあやふやなままで現在に至っているのです。
法律家も政治家も二つに分かれたこの町をうまくまとめようとしてはいるようですが、まだ解決には至っていないようです。
とはいっても、この町がギスギスとしているわけではなく人々は2国間の税金やシステムをうまく使い分けているようです。

Baarle-Nassauの住所・アクセスや営業時間など

名称 Baarle-Nassau
住所 Nieuwstraat16 5111CW BAARLE-NASSAU(観光案内所)
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.baarle-nassau.nl/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

外国文化をうまく取り入れている国境の町

いかがでしたでしょうか。
オランダでありながらもオランダっぽくない風情を残す素敵な町ばかりでしたね。
そこまで行くのが大変かと思われそうですが、アムステルダムやロッテルダムなどの主要都市から列車とバスを乗り継いで2~3時間で行ける所ばかりなんです! 日帰りも可能なので、オランダを訪れる際は南部観光も一緒にしてみてはいかがでしょうか。
photo by iStock
格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ