ネパール・カトマンズは神の街?カトマンズで行きたいスポット7選

約8000年前まで湖だったカトマンズ盆地にはネパールの首都、カトマンズの街が広がっています。観光客のみならず世界中のアルピニストがヒマラヤを目指すためにまずこの街を訪れることになります。多くの寺院があることでも有名で、祀られている神様の方が住民よりも多いとも言われています。そんなネパール・カトマンズでご利益ある観光スポットをご紹介いたします。

ネパール最大のヒンドゥー教寺院

ネパール最大のヒンドゥー教寺院

image by iStockphoto

聖なる川バグマティ川の川岸にはインド大陸4大シヴァ寺院のひとつであるヒンドゥー教のパシュパティナート寺院があります。
ヒンドゥー教徒以外はこの寺院に入ることが出来ないため、教徒以外は参道から門前までの参拝になります。
バグマディ川には4つの火葬場があり最も上流側はかつて王族専用だったそうです。
ヒンドゥー教の輪廻転生の死生観に思いをはせてみてください。

image by iStockphoto

パシュパティナート寺院の住所・アクセスや営業時間など

名称 パシュパティナート寺院
住所 Pashupati Nath Road, Kathmandu 44621, Nepal
営業時間・開場時間 現地時間 AM04:00?
利用料金や入場料 1,000ルピー
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/パシュパティナート
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

丘の上の白いストゥーパ

丘の上の白いストゥーパ

image by iStockphoto

カトマンドゥの西側、緑の丘の頂上にはブッダアイが印象的な白いストゥーパがそびえ立っています。
一説ではヒマラヤ最古とも言われている寺院スワナンブヤートは13世紀までこの地で最も重要な仏教の聖地だったそうです。
霧の多いカトマンドゥ盆地ですがこの寺院まで登ると真っ青な空を眺められますよ。

image by iStockphoto

スワヤンブナートの住所・アクセスや営業時間など

名称 スワヤンブナート
住所 Manjushree Marg, Kathmandu, Nepal
営業時間・開場時間 時間の表記がありませんでした。
利用料金や入場料 200ルピー
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/スワヤンブナート
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

自然の「気」に満ちた聖地

自然の「気」に満ちた聖地

image by iStockphoto

ネパール最大のストゥーパを有するボダナートはチベット仏教の巡礼地として古来より多くの参拝客で賑わってきました。
かつてヒマラヤをこえる交易が盛んだった頃、巡礼者だけでなく商人も旅の無事をここで祈願していたそうです。
またこの地は自然の「気」に満ちており参拝者の祈りも相まって大きなエネルギーがストゥーパ全体を包み込み、聖なる力を宿す場所として崇められてきました。

image by iStockphoto

ボダナートの住所・アクセスや営業時間など

名称 ボダナート
住所 Boudha, Kathmandu 44600, Nepal
営業時間・開場時間 現地時間 06:00?21:00
利用料金や入場料 100ルピー
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/ボダナート
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ネワール文化の美しい都

ネワール文化の美しい都

image by iStockphoto

ネワールとはカトマンズ盆地一帯に住む民族を指します。
カトマンドゥから約30分、パタンの街にはネワール文化を色濃く残す美しい街並みがあります。
仏教徒が8割を占め、街の外側には紀元前3世紀に建てられたストゥーパが現存しています。
パタンはサンスクリット語、ネワール語それぞれで「美しい都」と言う意味を持っており多くの寺院が密集する街でもあります。

パタンの住所・アクセスや営業時間など

名称 パタン
住所 Durbar Square Kutisaugal, Kathmandu, Nepal
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/パタン_(ネパール)
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カトマンドゥの中心地

カトマンドゥの中心地

image by iStockphoto

かつてカトマンドゥ王国の中心地だった場所はダルバール広場と呼ばれ宮殿や寺院が立ち並んでいます。
「ダルバール」はネパール語で宮廷を意味し、いつも人通りが絶えないカトマンドゥの中心地となっています。
多くの寺院が密集しており、観光のスタートにもってこいのスポットになっています。

ダルバール広場の住所・アクセスや営業時間など

名称 ダルバール広場
住所 Durbar Square Kutisaugal, Kathmandu, Nepal
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/ダルバール広場
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

生き神の住む館

生き神の住む館

image by iStockphoto

ダルバール広場の南には女神クマリの化身として少女が暮らす館があります。
生き神として崇拝され、占いや願望祈願などを行うこの少女は木彫りの窓枠が美しい建物に住み、両親と離れて生活しています。
館ではしかるべきお布施を渡すと2階の窓からこの少女が顔を出してくれるそうです。

クマリの館の住所・アクセスや営業時間など

名称 クマリの館
住所 Kumari Bahal, Durbar Square Kathmandu
営業時間・開場時間 時間設定無し
利用料金や入場料 無料(クマリの姿を見るにはお布施が必要)
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/クマリの館
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

回した分だ幸せになれる

回した分だ幸せになれる

image by iStockphoto

カトマンズの街を散策していると様々な場所で円筒形のマニ車と呼ばれる仏具を目にします。
チベット仏教などで用いられるこのマニ車の内部にはマントラ(仏様に対する祈りの言葉)が刻まれており、右回りに回すと回した分だけお経を唱えたのと同じ徳を得られるそうです。
散策のついでにマニ車を回し幸せを手に入れてみませんか。

スワヤンブナート寺院のマニ車の住所・アクセスや営業時間など

名称 スワヤンブナート寺院のマニ車
住所 Manjushree Marg, Kathmandu, Nepal
営業時間・開場時間 設定無し
利用料金や入場料 200ルピー
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/スワヤンブナート設定
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

神に近づける街

様々な寺院が立ち並び、多くの神がこの街で信仰されています。
ネワール文化の中心として中世に繁栄した名残を街並みや人々の生活に感じられるカトマンズは今、急速に発展を遂げつつあります。
古来からの伝統と新しい流れを感じながら神の存在を近くに感じる旅をしてみませんか。
photo by iStock