熊野古道、那智勝浦、高野山…和歌山って魅力がたくさんあるんです!

和歌山県は、日本最大の半島「紀伊半島」の大部分をしめる、大きな県です。和歌山には歴史ロマンを感じさせる古代遺跡から温泉とグルメの街まで、多種多様なスポットがあります。

和歌山観光にはマストの那智大社

 

和歌山観光にはマストの那智大社

image by iStockphoto / 56817330

和歌山県でもっとも有名な観光スポットは、「熊野那智大社」でしょう。
豪快な滝を背景にした、鮮やかな朱色の寺院。
この風景は、和歌山のみならず日本の代表的なスポットとして、数々のメディアに紹介されています。

那智大社は日本をお造りになった神様、「イザナミノミコト」を祀っています。
神武天皇の時代から続くとされている熊野大社は、2004年にユネスコの世界遺産に登録されました。

image by iStockphoto / 91944791

そのように格式高く、厳かな熊野大社ですが、今では気軽に参拝することができます。
昔はご神体として祀られていた那智の滝も、間近まで近づけるようになりました。

さらに、滝つぼの水は延命長寿のご利益があると言い伝えられています。
ぜひ熊野那智大社へご利益をいただきに行かれてはいかがでしょうか。

那智大社の住所・アクセスや営業時間など

名称 那智大社
住所 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1
営業時間・開場時間 「受付時間 8:00-15:30」
利用料金や入場料 「無料」
参考サイト http://kumanonachitaisha.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

悠久の歴史を持つ熊野古道

 

悠久の歴史を持つ熊野古道

image by iStockphoto / 67084005

先ほど紹介した那智大社からは、「熊野古道」と呼ばれる道がのびています。
これは紀伊半島の中心にある「熊野本宮大社」へと続く参詣路です。
古代から、数多くの人々がこの道を歩いて熊野大社を目指しました。
那智大社と同じく、これら道路群も世界遺産に認定されました。

image by iStockphoto / 76452823

長い長い熊野古道を抜けた先に、熊野本宮大社は鎮座しています。
なお、本宮へは国道168号線でもアクセスできます。

本宮大社で最も特徴的なのは、凛とそびえたつ大鳥居。
高さ34mもある巨大な鳥居は、熊野大社を象徴する存在として君臨しています。
鳥居の背後には大斎原(おおゆのはら)と呼ばれる広大な森が広がります。
熊野本宮は、古代ここに鎮座していました。
しかし、江戸時代に水害によって社殿が流され、現在の場所に移築されました。

数々の参拝者を集めた旧本宮・大斎原は、今では静かな森になっています。

熊野本宮大社の住所・アクセスや営業時間など

名称 熊野本宮大社
住所 和歌山県田辺市本宮町本宮
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.hongutaisha.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

1200年の歴史と絶景、高野山

 

1200年の歴史と絶景、高野山

image by iStockphoto / 73478139

高野山も和歌山を代表する観光スポットの1つ。
1200年前、空海によって開かれた仏教の聖地です。

高野山に踏み入れると、高さ25メートルの巨大で荘厳な「大門」が出迎えます。
その後、「壇上伽藍(だんじょうがらん)」「金堂(こんどう)」と名所が続きますが、ハイライトは「根本大塔(こんぽんだいとう)」でしょう。

この大塔は真言宗のシンボルとして建設されました。
外観はもちろん、室内の豪華絢爛な装飾もみどころです。

image by iStockphoto / 72872539

高野山でできることは、ただ建物を見るだけではありません。
「瞑想」「写経」といった、仏教の基本的な所作を学ぶこともできます。
初心者でも先生が優しく指導してくださるので、怖気づく必要はありません。

高野山へ訪れの際は、ぜひ仏教の精神に触れてみてはいかがでしょうか。

高野山の住所・アクセスや営業時間など

名称 高野山
住所 和歌山県伊都郡高野町
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E9%87%8E%E5%B1%B1
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「ラピュタ」の舞台にもなった友が島

 

「ラピュタ」の舞台にもなった友が島

image by iStockphoto / 31744038

友ヶ島は和歌山県の沖合に浮かぶ、小さな無人島です。
しかし、ただの無人島ではありません。

友ヶ島は、もともと大日本帝国陸軍の演習地でした。
一般人は立ち入ることができず、終戦後も人々に忘れ去られてゆきます。
しかし、近年になり旧陸軍の施設が老朽化。
朽ちてゆく軍施設の姿が、「廃墟マニア」から注目を集めました。

image by iStockphoto / 31332086

それだけでなく、レンガ造りの旧陸軍施設が人気アニメ映画「天空の城ラピュタ」を連想させるとして、話題になりました。
廃墟となった陸軍施設の前で、今の静けさと当時の状況を俯瞰してみると非常に儚い気持ちになります。

友ヶ島には廃墟観察だけでなく、キャンプ場もあります。
週末のレジャーとして島を訪れるのも良いでしょう。

友が島の住所・アクセスや営業時間など

名称 友が島
住所 和歌山県和歌山市加太
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.wakayamakanko.com/seeing/nature2.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

海の幸と温泉を楽しめる紀伊勝浦

 

海の幸と温泉を楽しめる紀伊勝浦

image by iStockphoto / 93972919

那智勝浦町は太平洋に面した、和歌山県の小さな町です。
漁業と観光業のさかんな町で、満足した滞在を楽しむことができます。

毎週日曜日に行われる勝浦漁港の「朝市」は必見でしょう。
市場の出店では新鮮な生マグロや海産物をたっぷり味わえます。
そして、勝浦は日本一のマグロ水揚げ量を誇ります。
那智勝浦には数多くのマグロを扱う名店があるので、それらを食べ比べするのも楽しいでしょう。

image by iStockphoto / 94168191

マグロや海の幸に舌づつみを打ったあとは、ぜひ温泉に入ることをおすすめします。
那智勝浦町の「ホテル浦島」では、合計5つもの温泉を巡ることができます。

そして、これらの温泉は洞窟の中に湧いているのです。
「大洞窟風呂 忘帰河」は、洞窟が太平洋を望むロケーションに位置します。
沈みゆく夕日を温泉に浸かりながら眺めるのは、何という贅沢でありましょう。

お湯は硫黄分50%と、非常に濃厚なものです。
疲労回復・肩こり解消といた効果がありますので、日ごろの疲れをいやしに那智勝浦温泉に訪れてはいかがでしょうか。

南紀勝浦温泉の住所・アクセスや営業時間など

名称 南紀勝浦温泉
住所 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E7%B4%80%E5%8B%9D%E6%B5%A6%E6%B8%A9%E6%B3%89
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

さあ、和歌山へ行こう

 

ここまで紹介してきたのは、和歌山が持つ魅力のほんの一部でしかありません。
この記事を見て満足するだけでなく、ぜひ実際に和歌山を訪れてみてください。
photo by iStock