風光明媚・カプリ島(イタリア)で行きたい絶景スポット5選!

みなさんこんにちは。今回はイタリア南部ティレニア海に浮かぶ、リゾート島として名高いカプリ島について情報をお届けしたいとおもいます。約10平方キロメートル程度の小さな島ですが、景色が良く、風光明媚な土地として知られていてイタリアにおける有数の観光地です。ナポリから船で約1時間、古代から国内外のあこがれの島として、多くの観光客を集めています。レモンの産地としても有名で、レモンのリキュール「リモンチェッロ(Limoncello)」やレモンのお菓子やチョコレートなどが有名。今回はそんなカプリ島の魅力を存分にお伝えできればと思います。

絶景中の絶景!青の洞窟

絶景中の絶景!青の洞窟

image by iStockphoto

カプリ島でもっとも有名なのが青の洞窟は島の北西にあり、地盤沈下で海面下に沈んでしまった洞窟。
歴代の古代ローマ帝国の皇帝が別荘を築いてきたカプリ島。

この青の洞窟は皇帝達がプライベートプールとして使っていたのでは、と言われています。
外から洞窟内に差し込む光の加減で、青い海が光り輝いて見えます。
通常はモーターボートなどで洞窟近くまで行き、手こぎ小舟に乗り換えて狭い洞窟内に入っていきます。

天気の悪い日や冬場は現地に行ってみないと洞窟に入れるか分からないことから、青の洞窟の青さを体験するのは運を天に任すしかないでしょう。
3回行って一度も入れなかった人や、行くたびに楽しめたラッキーな人まで、まさに運次第。
世界遺産の宝庫イタリアきってのナンバーワンスポットです。

image by iStockphoto

青の洞窟の住所・アクセスや営業時間など

名称 青の洞窟
住所 Grotta Azzurra, Capri
営業時間・開場時間 9時~17時
利用料金や入場料 往復10.5ユーロ
参考サイト http://www.buckettripper.com/visiting-the-blue-grotto-in-capri-italy/#_=_
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

色彩感あふれる街並み

色彩感あふれる街並み

image by iStockphoto

カプリ島の景色で目に飛び込んでくるのは、美しい青い海と街のはずれの住宅街の鮮やかさではないでしょうか。
閑静な住宅街ですが、ふり注ぐ太陽にお似合いの鮮やかなピンク、黄色、現職に塗装された家々はカラフルポップな景色を作り出しています。

なぜこんな色鮮やかな家かというと、その昔、島民の家計を支えていた漁師さんのため。
朝早くに漁に出る生活で、霧の多い冬の時期になると帰り着く家がほとんど見えず、自分の家にたどり着くため、目立つ鮮やかなペンキで塗ったのだとか。
それがこのカラフルな街並みの秘密なのです。

image by iStockphoto

カプリ島の住所・アクセスや営業時間など

名称 カプリ島
住所 Capri, Napoli, Italia
営業時間・開場時間 24時間営業
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.capri.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カプリのシンボル・ファラリョーニ​

カプリのシンボル・ファラリョーニ​

image by iStockphoto

ファラリョーニとは、3つの岩からなるシンボリックな奇岩群のことで。
カプリ島の象徴。
特に真ん中の岩には空洞があいていて、船で間を通り抜けることができるようになっています。

3つの岩のそれぞれの高さは、109 m、82 m、106 m。
意外と大きいですよね。
その中で一番大きなものはパン・ディ・ズッケロと呼ばれ、オ・デ・ジャネイロの近くにある同じ名前の丘に似ていることからそう呼ばれているのだとか。

image by iStockphoto

Faraglioniの住所・アクセスや営業時間など

名称 Faraglioni
住所 End of Via Tragara, Capri, Island of Capri, Italy
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Faraglioni
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

古代別荘・ヴィラ・ヨヴィス​

古代別荘・ヴィラ・ヨヴィス​

image by iStockphoto

ヴィラ・ヨヴィスは、カプリ島北東部にある標高334メートルのティベリオ山の山頂に建てられた古代ローマ皇帝ティベリウスの別荘の遺跡です。
トラガラの見晴台から、その全貌を眺めることができます。

もちろんヴィラ・ヨヴィスからの眺めは最高です。
昔から観光で訪れるだけでは飽き足らず、住みついてしまう人がいるというカプリ島。
2千年も前から、カプリ島は人気の別荘地だったのですね。

image by iStockphoto

ヴィラ・ヨヴィスの住所・アクセスや営業時間など

名称 ヴィラ・ヨヴィス
住所 Via Tiberio, 80073 Capri, Island of Capri, Italy
営業時間・開場時間 11:00-15:00
利用料金や入場料 2ユーロ
参考サイト http://www.capritourism.com/en/article?article1_id=1655
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

絶景の見晴らし台!モンテ・ソラーロ​

絶景の見晴らし台!モンテ・ソラーロ​

image by iStockphoto

モンテ・ソラーロは、カプリ島にある最も標高の高い山。
リフトで山頂を目指して上ることができます。
チェアリフトや山頂からの景色はまさに絶景です。

山頂のトラガラの見晴台からは、アナカプリの街並み、ナポリ湾、ソレントやアマルフィ海岸があるイタリア本土まで見渡すことができ、圧巻の大パノラマ。
カプリ島に来たら必ず見ておきたいポイントです。

image by iStockphoto

モンテ・ソラーロの住所・アクセスや営業時間など

名称 モンテ・ソラーロ
住所 80071 Anacapri
営業時間・開場時間 3月~10月:9:30~17:30、11月~2月:10:30~15:00
利用料金や入場料 往復10ユーロ、片道7ユーロ
参考サイト http://www.veltra.com/jp/europe/italy/ctg/168086:%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%BD%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%AD(%E3%82%BD%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%AD%E5%B1%B1)/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

魅力あふれるナポリの秘島

いかがでしたか?カプリ島は外周17Km、東京都千代田区ほどの小さな島です。
カプリとアナカプリという二つの町があり、フェリーの発着場であるマリーナ・グランデの目の前からケーブカーで、港とカプリの町を行き来することができます。
そしてカプリの町から穴カプリまではバスやタクシーで行くことができますので、島の西側の観光もしやすくなっています。
カプリもアナカプリも美しい家々が特徴的で、お店や雑貨屋さんなどもたくさんあり、ショッピングにも最適。
リッチな観光地だけあって治安はとても良いので、油断は禁物ですが安心して回ることができます。
魅力あふれるカプリの島。
この機会にぜひ訪れてみてくださいね。
photo by iStock