魅力的な島がいっぱい!マレーシアで行くべき離島5選

東南アジア、マレー半島に位置するマレーシア。アンダマン海やインド洋、南シナ海に挟まれるこの国は様々な魅力にあふれる多くの離島が世界中の旅行者を魅了しています。海や自然だけじゃないそれぞれに個性のあるマレーシアのオススメ離島をご紹介いたします。

神秘的な伝説が残るリゾートアイランド

神秘的な伝説が残るリゾートアイランド

image by iStockphoto

マレーシア西側、アンダマン海のランカウイ諸島のなかで最も大きいランカウイ島。
マレーシア随一のリゾートアイランドになっており、有名なホテルや免税店が軒を連ねています。
島の中心地は南東のクア・タウンになっており船で来島する場合はすべてこのエリアの船着場に到着します。
ランカウイ島には数々の災害を引き起こしたと言われている「マスリ王女の伝説」や子宝に恵まれるという湖の「ダン・ブンティン島の伝説」など神秘的な伝説が残り、クア・タウンにあるランカウイ伝説公園ではそのような伝説に関するオブジェを見学することができます。

image by iStockphoto

ランカウイ島(Pulau Langkawi)の住所・アクセスや営業時間など

名称 ランカウイ島(Pulau Langkawi)
住所 Langkawi , Malaysia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.tourismmalaysia.or.jp/region/lan/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

様々な文化が入り混じるマレーシア第2の観光地

様々な文化が入り混じるマレーシア第2の観光地

image by iStockphoto

東洋の真珠と呼ばれるペナン島はマラッカ海峡に面するマレーシア西側に位置しています。
1786年、マレーシアのイギリス入植がここから始まり東西貿易の中継地点として発展していき、そのイギリス統治時代の歴史的遺産が数多く残されています。
人口の7割が中国系とマレーシアの中で最もその割合が多く、またイスラム、ヒンドゥー文化や英国文化も混在しており独特な様相の街並みが印象的になっています。
安くて美味しい飲食店が多いことも特徴でマレーシア国内では「食べ物天国の島」と呼ばれているほどグルメも楽しむことが出来ますよ。

image by iStockphoto

ペナン島の住所・アクセスや営業時間など

名称 ペナン島
住所 Pulau Pinan Pulau Mutiara, Malaysia
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%8A%E3%83%B3%E5%B3%B6
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

熱帯雨林が広がる小さな島

熱帯雨林が広がる小さな島

image by iStockphoto

エメラルドグリーンの海に浮かぶ小さな島、パンコール島。
マレーシアの西海岸から約11kmに浮かぶこの島の中央部は今なお自然のままのジャングルに覆わており、地元の方の村落にはヤシの葉で出来た屋根の高床式住居が残っています。
観光開発が進み、島内を一周する舗装道路に完成により美しいビーチへのアクセスがしやすくなったり宿泊施設の増加など、近年になって観光客の受け入れ体制が充実してきました。
エメラルドグリーンの海は糸を垂らすだけで魚が釣れると言われているほど漁業が盛んな島でもあります。

image by iStockphoto

パンコール島の住所・アクセスや営業時間など

名称 パンコール島
住所 Plau Pangkor,Perak Darul Ridzuan,Malaysia
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%B3%B6
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

限られた時間のみ味わえる海上の楽園

限られた時間のみ味わえる海上の楽園

image by iStockphoto

マレーシアで最も美しいと言われるレダン島。
マレーシア北東部のクアラ・トレンガヌの沖合に点在する島の中で一番大きい島で、珊瑚礁に囲まれ透明度の高い海と真っ白な砂浜のビーチが広がりまさに楽園とも言うべき景観が広がっています。
まだ世界的に認知されていないながらも、首都クアラルンプールから飛行機で約1時間とアクセスも良くこれからますます人気が高まることでしょう。
11月から2月位までのモンスーンの時期はほどんとの観光施設が閉まってしまうのでご注意ください。

image by iStockphoto

レダン島の住所・アクセスや営業時間など

名称 レダン島
住所 Pulau Redang, Malaysia
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%B3%E5%B3%B6
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

何も無いが最高の贅沢

何も無いが最高の贅沢

image by iStockphoto

島の一部しか車が走行出来ないほどマレーシアの原風景が広がっているティオマン島。
マレーシアの東側、メルシンからフェリーで約1時間半の離島では最低限の生活を送れる程度の設備しかないけれど、それが贅沢と思わせる旅を味わうことができます。
ほとんどに施設が海岸線沿いにあり、すぐ裏手はジャングルが広がる山間部になっています。
崖が切り立つ合間にあるビーチはどこも美しく、ジェティ(桟橋)の末端からの景色は海に吸い込まれる感覚に陥りそうになるほど広大です。

image by iStockphoto

ティオマン島の住所・アクセスや営業時間など

名称 ティオマン島
住所 Pulau Tioman Pahang Darul Makmur, Malaysia
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%9E%E3%83%B3%E5%B3%B6
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

魅力多き島の数々

それぞれに特色を持つマレーシアの離島。
楽しみ方・過ごし方など多くの方の旅の目的に沿った島を選べばきっと充実した休日を過ごすことができます。
意外と大きいマレーシアですのでクアラルンプールを中心に東に西に、お気に入りの離島を探す旅に出てみませんか。
photo by iStock