韓国・ソウルに行くならここ!旅行のヒントになるおすすめスポット10選

次の旅行先に、旅行のテーマ、いつも悩みますよね。憧れのホテル、美味しい現地グルメ、異文化との交流。旅行には非日常が溢れています。本日は、人 気都市 のおすすめスポットや体験をまとめてみました。韓国・ソウルでの旅行プランのアイディアを10選お届けします。次の旅のヒントが見つかります ように。

ソウルの仏像

ソウルの仏像

image by iStockphoto / 53260790

韓国の街中にひっそりと白い大仏が建っています。
高層ビル群を見つめているようですが、果たしてあの方向に何があるのでしょうか。
風水的に、よい方向なのかもしれませんね。
冬に撮影された写真なので、雪を被っていますが松明のようなものが焚かれ、神妙な雰囲気もありますね。
仏教のイメージがない韓国ですが、儒教も仏像なのですね。

奉恩寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 奉恩寺
住所 531 Bongeunsa-ro, Gangnam-gu, Seoul, Republic of Korea
営業時間・開場時間 現地時間4:00-22:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://bongeunsa.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ソウルの中心オフィス街

ソウルの中心オフィス街

image by iStockphoto / 24113173

ソウルのど真ん中の高層ビル街の中に、一際存在感を出している超高層ビルがあります。
まるで日本の六本木の様なヘリポートのあるビル。
六本木ヒルズと何ら遜色ないその姿はここが韓国だと忘れさせる気もします。
ソウルのビジネスの中心はここから発信されているのでしょうか。
北朝鮮との戦争状態も一時忘れさせる風景ですね。

シチョン (漢字表記:市庁)の住所・アクセスや営業時間など

名称 シチョン (漢字表記:市庁)
住所 ????? ??
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://japanese.visitkorea.or.kr/jpn/index.kto
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ソウル 南山タワー

ソウル 南山タワー

image by iStockphoto / 30009684

夕焼けが闇に完全に染まる直前の南山タワー。
紺の空にライトブルーのライティングがとても映えています。
展望台は何段階かに分かれているようで、ソウルの街並みを様々な高さから感じることができるでしょう。
また、その足元にある韓国特有の7角形の台座がタワーを支えている様な雰囲気すらかもし出しています。
良いコントラストですね。

眠らない街ソウルの夜景を一望の住所・アクセスや営業時間など

名称 眠らない街ソウルの夜景を一望
住所 Seoul, Yongsan-gu, Yongsan-dong 2-ga 1-3
営業時間・開場時間 施設による 展望台は10:00-23:00
利用料金や入場料 展望台 大人1000ウォン 3歳 12歳、65歳以上 8000ウォン
参考サイト http://www.nseoultower.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ソウルの街並みと自然

ソウルの街並みと自然

image by iStockphoto / 36169946

ソウルの街並みとその奥に微かに見える山々達。
空はすっかり夜の闇に染まっているはずですが、街が放つ夜景の光が折り重なって、空をぼんやりと照らし、青紫色の風景を作り出しています。
人の手によって造られた空の色というものも不思議で幻想的な雰囲気を感じることができます。
山の上のタワーが街を見守っているようですね。

?????の住所・アクセスや営業時間など

名称 ?????
住所 Seoul KOREA
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://japanese.seoul.go.kr/#none
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ソウル 景福宮

ソウル 景福宮

image by iStockphoto / 58225434

景福宮の正面入り口です。
門に進入してくる人々を睨み付けているような狛犬が守っています。
人だけではなく「悪い気」が入り込んでくるのも防いでいるのでしょうか。
幻想的にライトアップされた景福宮は、中国の天安門広場の様な雰囲気すら感じます。
白い外壁と緑の照明がアーティステックなものを創り出し、存在感を示しています。

景福宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 景福宮
住所 161 Sajik-ro, Jongno-gu, Seoul,Republic of Korea
営業時間・開場時間 現地時間9:00-18:00 定休日:火
利用料金や入場料 満19以上:(一般)3,000ウォン/(団体)2,400ウォン  満7~18歳:(一般)1,500ウォン/(団体)1,200ウォン  ※団体は10名以上  ※満6歳以下無料 ※韓国国内居住者の満65歳以上無料(永住ビザ取得者も含む)
参考サイト http://www.royalpalace.go.kr/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ソウル 歴史的街並み

ソウル 歴史的街並み

image by iStockphoto / 30607278

ソウルの郊外のような歴史的街並みの写真。
坂の上に見事に古民家が軒を連ね冬が過ぎるのをひっそりと待ち望んでいるようですね。
まさに韓国の歴史連続ドラマの舞台に出てくるようなよく見る光景です。
空に目を向けると都心のビル街、南山タワーらしき突起が見えます。
夏になるともっと透き通った景色が見えるのでしょうかね。

ソウルのナイトライフ

ソウルのナイトライフ

image by iStockphoto / 59450936

賑わう繁華街です。
ハングル語の看板の中に、日本語と漢字が多く見受けられます。
それだけ観光客が訪れる街で、観光に力を入れているのでしょうね。
マッサージ、占いカフェと日本人が好きそうなお店は日本語で攻めていますね。
日本の竹下通り、新宿2丁目の様な賑わいを見せています。
ダウンジャケットの人が多いので冬の光景でしょう。

清涼里 588の住所・アクセスや営業時間など

名称 清涼里 588
住所 Jeonnong-dong Dongdaemun-gu Seoul,Republic of Korea
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85%E5%87%89%E9%87%8C_588
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

あちらはソウル看板

あちらはソウル看板

image by iStockphoto / 93605477

道の看板「ソウル」ソウルの郊外の道路に掲げられている道路看板でしょうか。
自然の中にアスファルトだけが通っていることから、ここからソウルに行く人は車を走らせていくのでしょうか。
日本の道路看板は規格があり色や形が統一されていますが、この形と色が韓国の規格なのでしょうかね。
道沿いに生い茂る木々と花達が、ソウルへの進行を歓迎しているようにも見えます。

スターバックス インサドン店(インサドンの漢字表記:仁寺洞)の住所・アクセスや営業時間など

名称 スターバックス インサドン店(インサドンの漢字表記:仁寺洞)
住所 ????? ??? ??? 39
営業時間・開場時間 年中無休 月~木7:00~22:00、金7:00~23:00、土8:30~23:00、日祝8:30~22:00
利用料金や入場料 3300ウォン~ ※店舗、メニューにより多少違いがある
参考サイト http://www.istarbucks.co.kr/index.do
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ソウルの川、橋

ソウルの川、橋

image by iStockphoto / 86585623

ソウルの夜に存在感を示している街へ続く道路の渦。
その先にどっしりと構えているブリッジは夜のアミューズメントパークの様にも見えます。
手前の道路は黄色い標識が見えます。
カーブのスピード出しすぎ注意なのか、、工事中のものでしょうか。
川の水面に写る道路のライトの光が、蛍のようにぼんやりと幻想的な雰囲気を作っています。

漢川の住所・アクセスや営業時間など

名称 漢川
住所 Seoul-si Seongdong-gu Seongsu1-ga 1-dong
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://hangang.seoul.go.kr
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

明洞ショッピング街

明洞ショッピング街

image by iStockphoto / 47332618

明洞ショッピング街とその街並みを闊歩する人々。
日本の表参道の様なハイセンスブランドの看板があると思いきや、PCやDVDといった秋葉原の様な看板も目に写ります。
路上で衣服を販売するお店もあり、常識に捕らわれない商店街のようにも感じます。
建物の上に掲げられた大きな看板は芸能人がブランドや商品を提案しています。

ミョンドンの住所・アクセスや営業時間など

名称 ミョンドン
住所 Jung-gu, Seoul, South Korea between Chungmu-ro, Eulji-ro, and Namdaemun-ro
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://japanese.visitkorea.or.kr/jpn/SH/whereToShop/whereToShop.jsp?action=about&cid=997090
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

絶景を見に旅に出よう

歴史を感じる旅、異文化を感じる旅、最新のおもてなしに触れる旅。
様々な旅のスタイルがあります。
韓国・ソウルに行く際の10のアイディアはいかがでしたか。
次の旅のヒントになれば幸いです。
photo by iStock