京都から20分!白髭神社、彦根、仏教の聖地…滋賀県を遊びつくす5つの方法

「滋賀県にあるのは日本一大きい琵琶湖だけ」?いえいえ、そんなことはありません。滋賀県は、大阪・京都から好アクセスの位置にありながら様々な観光を満喫できます。近くて楽しい滋賀に、ぜひ訪れてみませんか?

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

暑い夏にピッタリのびわ湖バレイ

びわ湖バレイは、滋賀県の西に位置するリゾートです。
標高1,100メートルのびわ湖バレイは、夏では街の暑さが信じられなくなるほど涼しくなります。
冬のスキー場で有名なリゾートなのですが、夏だからといって遊べないわけではありません。

例えば、「スカイウォーカー」というアトラクションが夏季限定で営業しています。
これは標高1,100メートルの空中に張り巡らされたスリル満点のアスレチックです。
丸太わたりや空中ネットを標高1,100メートルでやるのは、なかなか楽しそうですね。
もちろん、このようなチャレンジングなものだけでなく、ファミリー向けのアトラクションも充実しています。

そして何よりも、山頂から眺める琵琶湖の雄大な風景を見ないで帰るわけにはいきません。
ここは日本一の琵琶湖の絶景を楽しめます。
ぜひテラスでコーヒーを飲みながら絶景を堪能してください。

image by iStockphoto / 51891398

びわ湖バレイの住所・アクセスや営業時間など

名称 びわ湖バレイ
住所 滋賀県大津市木戸
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.biwako-valley.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

古くからの運河と路地が残る近江八幡

古くからの運河と路地が残る近江八幡

image by iStockphoto / 64348533

近江八幡は滋賀県中部に位置する人口7万人の中規模な街です。
江戸時代、豊臣秀次が「八幡城」とその城下町を建設したことで、近江八幡の基礎が生まれました。
そして、現在でも江戸時代の面影を残す古い町並みが残されています。

八丁堀を流れる運河と古い町並みの風景は、日本を代表する景観として全国的にも有名です。
旧八幡市街に残されている広大な近現代の建築群は、散策するだけでタイムスリップしたかのような感覚に吸い込まれます。

そして、近江八幡は「水郷めぐり」も有名です。
滋賀は古くから葦を栽培・加工する産業が盛んで、それを運搬するために多くの水路が整備されました。
その水路と生い茂る葦の風景は高く評価され、「重要文化的景観」に指定されいています。
そんな近江八幡は、忘れかけた「日本」を思い出させる、絶好のスポットといえるでしょう。

 

image by iStockphoto / 98665547

白鬚神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 白鬚神社
住所 滋賀県高島市鵜川215
営業時間・開場時間 拝観時間:社務所9:00~17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://shirahigejinja.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

日本が誇る仏教の聖地、比叡山延暦寺

日本が誇る仏教の聖地、比叡山延暦寺

image by iStockphoto / 48004146

延暦寺は、最澄により開かれた天台宗の総本山です。
延暦寺がある比叡山は、仏教の聖地として信仰されています。
比叡山のふもとから頂上までをつなぐ「坂本ケーブル」は、日本一長いケーブルカーです。
その長さは2キロ超を誇ります。
途中にはカーブやトンネルがいくつもあり、さながら電車のよう。
車窓からは琵琶湖の雄大な眺めを独りじめできます。

ケーブルカーを降りて、しばらく歩くと比叡山延暦寺の入口に着きます。
しかし、入口からすぐに延暦寺という建物に行くことはできません。
「延暦寺」とは比叡山に存在する150ほどの寺院を総称したものなのです。

これら寺院は500ヘクタールもの広大な敷地に点在しているので、1つ1つ訪れるのはある意味仏教の「修行」ともいえましょう。
比叡山のお寺の建物は素晴らしいですが、景色も素晴らしい。
比叡山から眺める、琵琶湖にかかる日の出の美しさは何とも形容しようがありません。

ぜひ、絶景と仏教の真髄を比叡山で堪能してください。

image by iStockphoto / 92802965

比叡山延暦寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 比叡山延暦寺
住所 滋賀県大津市坂本本町4220
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.hieizan.or.jp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「彦根」は知る人ぞ知る穴場スポット

「彦根」は知る人ぞ知る穴場スポット

image by iStockphoto / 92711971

彦根は、滋賀県の北東に位置する人口11万人の街です。
これだけ書くとただの地方都市なのですが、彦根には知られざる魅力がたくさん詰まっています。
彦根で最も有名なのは、2007年に誕生した彦根市公式マスコットキャラクター「ひこにゃん」。
かわいらしい見た目は大人気になり、日本の「ゆるキャラ」ブームを巻き起こしました。

そのひこにゃんの由来は、旧彦根藩の藩主・井伊直孝の飼い猫なのです。
井伊直孝は琵琶湖東岸に城を構え、彦根の発展の礎を築きました。
それが今の「彦根城」です。
彦根城は全国的にも珍しく、江戸時代・築城当時からの天守閣が残っています。
多くの城が災害や戦争によって破壊された中、今まで姿を変えずに存在していたことは、奇跡ともいえましょう。

貴重な彦根城は国宝になり、現在では世界遺産への登録を目指しています。
優美な曲線美と力強さを伏せ持った彦根城を、ぜひ訪れてみてください。

image by iStockphoto / 84052297

彦根市の住所・アクセスや営業時間など

名称 彦根市
住所 滋賀県彦根市
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.hikoneshi.com/jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「マザーレイク」と呼ばれる理由がわかる、琵琶湖の美しすぎる絶景

「マザーレイク」と呼ばれる理由がわかる、琵琶湖の美しすぎる絶景

image by iStockphoto / 59445952

滋賀県で最も有名なものは、言うまでもなく日本最大の湖・琵琶湖です。
滋賀県民は「マザーレイク」と呼び、琵琶湖を心から愛しています。

彼らが琵琶湖を愛するのは、ただ大きいからではありません。
大きさよりもなによりも、琵琶湖はとても美しいから。
これが1番の理由です。
琵琶湖は古代から滋賀県民、ひいては日本国民に愛され、様々な文書で詠われてきました。

琵琶湖西岸の近江舞子に、「白髭神社」という神社があります。
本殿は標準的な神社なのですが、特徴はその鳥居です。
白髭神社の鳥居は、湖に立っていてまるで厳島神社のよう。
明け方には鳥居の向こうから朝日が昇り、神々しい風景を見せてくれます。

夏に行われる「大びわ湖花火大会」も有名です。
大小さまざまな形をした花火が、琵琶湖の大空で美しく弾けます。
花火の光が水面で美しく反射する琵琶湖の姿も、また感動的なものです。

白鬚神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 白鬚神社
住所 〒520-1122 滋賀県高島市鵜川215番地
営業時間・開場時間 拝観時間:社務所9:00~17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://shirahigejinja.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

そうだ、京都の隣の滋賀に行こう

自然・文化、さまざまな魅力を持つ滋賀県。
JRや高速道路などの交通アクセスも充実しており、思い立ったらすぐに行ける近さにあります。
ぜひ、この週末に滋賀を訪れてはいかがでしょうか。
photo by iStock