美しい花火の思い出と共に!滋賀「長浜・北びわ湖大花火大会」周辺の厳選スポット6選

「長浜・北びわ湖大花火大会」が開催される滋賀県長浜は、歴史を感じる城下町やレトロなスポット、琵琶湖を代表する豊かな自然など、さまざまな魅力にあふれています。今回は、「長浜・北びわ湖大花火大会」とともに楽しみたい、周辺の厳選スポットを6選紹介します。

左右に飛び交う大柳・長浜・北びわ湖大花火大会

左右に飛び交う大柳・長浜・北びわ湖大花火大会

image by iStockphoto / 73444631

長浜港湾で開催される、長浜の夏を彩る風物詩です。
スターマインを中心とするラインナップで、打ち上げ数は約1万発、人出は約11万人を誇ります。
大きな尺玉が日本一の琵琶湖の夜空を美しく彩るほか、その豊かな湖面を生かし左右に飛び交います。
中でも金色の大柳は息もつけないほどの魅力。
静かな琵琶湖面にもキラキラと花火が反射して、長浜ならではの風景が楽しめますよ!

image by iStockphoto / 73446029

北びわ湖大花火大会の住所・アクセスや営業時間など

名称 北びわ湖大花火大会
住所 長浜港湾一帯 滋賀県長浜市港町
営業時間・開場時間 19:30~20:30
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://kitabiwako.jp/event/event_2185/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

長浜のシンボル・長浜城歴史公園

長浜のシンボル・長浜城歴史公園

image by PIXTA / 22896609

長浜を訪れたら、まず外せないスポットのひとつに挙げられるのが「長浜城歴史公園」でしょう。
戦国時代、豊臣秀吉が過ごした「長浜城」は、江戸時代に廃城されましたが、1983年に復元され歴史博物館として生まれ変わりました。
当時の文化や秀吉に関する資料が見られるほか、鉄砲や織物など長浜にまつわる文化について、テーマ別にまとめられています。
展望台からの眺めも最高!美しい琵琶湖が一望です。

長浜城豊公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 長浜城豊公園
住所 滋賀県長浜市公園町1325
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/850
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

レトロでおしゃれな街並み・黒壁スクエア

レトロでおしゃれな街並み・黒壁スクエア

image by PIXTA / 14964851

江戸時代から明治時代に建てられた、黒漆喰の建造物がそのまま活かされている「黒壁スクエア」は、「黒壁ガラス館」や「海洋堂フィギュアミュージアム黒壁」をはじめとした、ギャラリーや工房、おしゃれなカフェやレストランが集まっています。
吹きガラス体験やハンドグラヴィール体験など、日常ではなかなかできない体験教室も多いので、旅の思い出にもぴったり。
名物の「黒壁ロール」はぜひ味わってみましょう。

image by iStockphoto / 54476872

黒壁スクエアの住所・アクセスや営業時間など

名称 黒壁スクエア
住所 滋賀県長浜市元浜町12?38
営業時間・開場時間 10:00-18:00(11月~ 3月は17:00まで)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.kurokabe.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

鉄道好きにはたまらない・長浜鉄道スクエア

鉄道好きにはたまらない・長浜鉄道スクエア

image by PIXTA / 5784049

旧長浜駅舎と北陸線電化記念館、長浜鉄道文化館を合わせて「長浜鉄道スクエア」と呼ばれます。
旧長浜駅舎は1882年に建設された、現存する駅舎の中でも日本最古のもの。
赤レンガとコンクリートで造られた洋風の建物はレトロですね。
北陸線電化記念館では日本で唯一現存している蒸気機関車を展示。
また長浜鉄道文化館では、現在の長浜駅周辺の精巧なジオラマや、プラレールで遊べるスペースもあります。

image by iStockphoto / 39903056

長浜鉄道スクエアの住所・アクセスや営業時間など

名称 長浜鉄道スクエア
住所 滋賀県長浜市北船町1-41
営業時間・開場時間 9:30?17:00
利用料金や入場料 大人300円、小中学生150円 ※20名様以上は、2割引
参考サイト http://kitabiwako.jp/tetsudou/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

琵琶湖に浮かぶパワースポット・竹生島

琵琶湖に浮かぶパワースポット・竹生島

image by iStockphoto / 72169123

琵琶湖の北端沖合約6kmに浮かぶ「竹生島」は、宝厳寺と竹生島神社が位置するパワースポットとして有名です。
交通安全や開運厄除の神様「市杵島比売命」と、五穀豊穣や商売繁盛の神様「宇賀福神」が祀られています。
長浜駅徒歩10分程度の場所に港があり、船に乗って行くことができます。
6月には「竹生島まつり」が盛大に行われ、神聖で賑やかな雰囲気に包まれますよ。

image by iStockphoto / 74692437

竹生島の住所・アクセスや営業時間など

名称 竹生島
住所 長浜市早崎町竹生島1665
営業時間・開場時間 定期船による
利用料金や入場料 400円
参考サイト http://www.chikubushima.jp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

職人技と伝統の粋・曳山博物館

職人技と伝統の粋・曳山博物館

image by iStockphoto / 22072517

「長浜曳山祭」の際に実際使われるさまざまな曳山を展示しています。
彫刻や飾金具、漆や箔などで絢爛豪華に彩られた曳山は、長浜の職人技と伝統が息づく芸術品。
その実物が見られるというのは貴重ですね。
また映像展示室では「長浜曳山祭」の祭礼や子ども歌舞伎など、迫力ある映像が視聴可能。
より一層歴史を感じられそう。

曳山博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 曳山博物館
住所 滋賀県長浜市元浜町 14-8
営業時間・開場時間 9:00-17:00
利用料金や入場料 大人600円 小人300円
参考サイト http://www.nagahama-hikiyama.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

歴史と文化が息づく伝統の街

いかがでしたでしょうか。
長浜には有名戦国武将ゆかりの城や伝統的な職人技、レトロなスポットなど、歴史あふれる魅力にあふれていますね。
他にもアクティブなスポットや芸術に触れられる場所も。
昼間は街歩きで長浜の文化に触れ、夜は「長浜・北びわ湖大花火大会」を楽しみましょう!
photo by PIXTA and iStock