イギリス・ロンドンに行くならここ!旅行のヒントになるおすすめスポット10選

次の旅行先に、旅行のテーマ、いつも悩みますよね。憧れのホテル、美味しい現地グルメ、異文化との交流。旅行には非日常が溢れています。本日は、人気都市のおすすめスポットや体験をまとめてみました。イギリス・ロンドンでの旅行プランのアイディアを10選お届けします。次の旅のヒントが見つかりますように。

ロンドンの石畳

ロンドンの石畳

image by iStockphoto / 80823403

ロンドン市街には古くからの歴史ある石畳がそのまま残されている地域があります。
足を踏み出すとカコンカコン、と硬い反発力を感じます。
慣れ親しんだアスファルトとは違うのではじめは慣れないかもしれません。
2012年のロンドンオリンピックのマラソンコースでも石畳が外国のランナーにとって障害になるのでは?と話題になりました。

ロンドンの地下鉄

ロンドンの地下鉄

image by iStockphoto / 34143008

ロンドンの地下鉄はその丸い形状から市民から親しみをこめてチューブと呼ばれており、世界最古の鉄道です。
日本の車両と比べると小さめで、天井もトンネルに合わせて逆U字形をしています。
チューブはオイスターカードとよばれるICカードを買っておくと切符を買うより安く乗る事が出来ます。
はじめはデポジットが必要ですがこのカード一枚でバスも利用出来るので作っておくとよいでしょう。
ロンドンの自動券売機は日本語表示に切り替えられるため、英語がわからない人でも操作出来るようになっています。

テムズ川の美しい夜景

テムズ川の美しい夜景

image by iStockphoto / 79944507

ロンドンと言えばテムズ川の美しい夜景でしょう。
夜のテムズ川クルーズは観光客にとても人気があります。

左手に見える観覧車はロンドン・アイといって最高地点135M、晴天時は40Km先まで見渡す事が出来ます。

右手に見える時計台は通称ビッグ・ベンと呼ばれ国会議事堂に付属する物です。
高さは96M、15分おきに美しい音色で時を告げます。

段差にお気をつけ下さい

段差にお気をつけ下さい

image by iStockphoto / 42685720

ロンドンの地下鉄に乗ると何度も耳にすることになるのが、この「Mind The Gap,Please」というアナウンスです。

日本語では「ホームと列車の段差にお気をつけ下さい」という意味になります。
観光客にとっては印象に残るアナウンスで、観光地のお店ではこの台詞をのせたキーホルダーやTシャツなどのグッズがたくさん売っています。

パブで伝統のビールを楽しむ

パブで伝統のビールを楽しむ

image by iStockphoto / 78941323

ロンドンにはパブがたくさんあり、イギリスの伝統料理フィッシュアンドチップスと、エールと呼ばれる上面発酵で作られたイギリス発祥のビールを楽しむ事が出来ます。

特にペールエールと呼ばれる淡い色のエールはマスカットのようなフルーティーな香りとすっきりとした飲み心地で人気があります。
パブでは1パイント(568ml)のグラスで提供されます。
ハーフパイント(半分の量)で頼む事もできます。

ロンドン市民憩いの場ハイドパーク

ロンドン市民憩いの場ハイドパーク

image by iStockphoto / 49528036

ロックフェスの開催地として名高いハイドパークはロンドン市内中心部に位置しており、敷地面積約1,4?の市内最大の公園です。
冬でも緑の芝生が美しく、人口の湖もあっておしゃれなカフェで食事もできます。
ロンドンは曇天の日が多いですが晴天の日にはジョギングをしたり日光浴をしたりと市民が思い思いに公園で楽しむ姿が見うけられます。

老舗高級百貨店ハロッズ

老舗高級百貨店ハロッズ

image by iStockphoto / 31397524

1849年創業の百貨店ハロッズはロンドンでショッピングするなら欠かすことの出来ない場所です。
ナイツブリッジ駅から近いこのお店は王室御用達の商品を扱っていました。
一階では香水やお土産品に最適な紅茶・チョコレート、世界各国のお惣菜コーナーがあり、それだけでも高級感ある刺激的な空間となっています。
他にも世界の洋服ブランドショップやハロッズオリジナルのグッズ売り場もあり、充実したショッピングを約束してくれます。

雑貨がいっぱいポートベロー・マーケット

雑貨がいっぱいポートベロー・マーケット

image by iStockphoto / 78145725

映画ノッティングヒルの恋人の舞台となったポートベロー・マーケットはノッティングヒル駅から徒歩五分、通りの長さは1Kmにおよび、雑貨や骨董品好きにはたまらない場所です。
ヴィンテージ物をお買い得な値段で購入することが出来ます。
毎週土曜日に開催されるこのマーケットは昼過ぎには観光客で通りがいっぱいになり、引き返すのが難しいほど。
衣料品や食料品も豊富で見飽きることがありません。

400万点もの膨大なコレクションを誇るV&A博物館

400万点もの膨大なコレクションを誇るV&A博物館

image by iStockphoto / 88903397

サウスケンジントン駅から徒歩5分のヴィクトリア&アルバート博物館(V&A博物館)は陶磁器・彫刻・工芸品・古美術・衣装など400万点もの膨大なコレクションを収集・展示しています。

こちらの博物館は無料で入場することができます。
イギリスの貴族のファッションの時代毎の移り変わりを展示したコーナーや、日本の骨董品を集めたコーナーは若者に人気です。

考古学好きは必見の大英博物館

考古学好きは必見の大英博物館

image by iStockphoto / 78350171

トッテナムコートロード駅から徒歩5分の大英博物館は18世紀設立の世界最古の博物館であり、古代エジプトやギリシャ、ローマ時代の所蔵品が有名です。
ナポレオン軍によって発見されたロゼッタ・ストーンや不気味な存在感を放つミイラコレクション、ギリシャのパルテノン神殿彫刻群は一見の価値があります。
1日ではすべて見学するのは難しいですが入場無料なので何回かにわけて見たり、近くに観光に来たついでにグッズ売り場だけ覗いてみるなど様々な楽しみ方ができます。

絶景を見に旅に出よう

歴史を感じる旅、異文化を感じる旅、最新のおもてなしに触れる旅。
様々な旅のスタイルがあります。
イギリス・ロンドンに行く際の10のアイディアはいかがでしたか。
次の旅のヒントになれば幸いです。
photo by iStock