サンパウロに行ったらやってみたい9の体験

ブラジルはもとより南半球最大のメガシティであるサンパウロ。世界各国からの移民を受け入れ、様々な文化を取り込みながらも南米の経済と文化の中心地として発展を遂げてきました。今回はそんなサンパウロに訪れたら体験してみたいものをご紹介いたします。

パウリスタ通りで心ゆくままお買いもの

パウリスタ通りで心ゆくままお買いもの

image by iStockphoto / 17809466

サンパウロ一の目抜き通りであるパウリスタ通り。
日本でいうところの銀座のようなところで、オフィスビルや高級ホテル、レストランなどが建ち並び、終日人の流れが絶えることのない活気溢れる通りです。
大小4つのショッピングモールに、路地に入れば各種雑貨店が多くあるので、自分への特別なブランド品やばらまき土産など買い物には困らないエリアとなっています。

パウリスタ通りの住所・アクセスや営業時間など

名称 パウリスタ通り
住所 Avenida Paulista, São Paulo, Brazil
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%82%A6%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%BF%E9%80%9A%E3%82%8A
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

サンパウロのゼロ地点カテドラルメトロポリターナを見に行く

サンパウロのゼロ地点カテドラルメトロポリターナを見に行く

image by iStockphoto / 23981520

東洋人街からなら、散策ついでに楽々歩いて行ける距離にあるカテドラル。
メイン・ストリートのガウバオン・ブエノ通りを北に進むと、最初はその後姿が見えてきます。
40年かけて完成したと言うゴシック式の天を突ような尖塔が印象的。
内部も外界の雑音が吸い取られて行きそうなほど天井が高く、心がシンと静まります。
一見シンプルな内部ですが、壁面の装飾が見事なので、じっくり見て回るといいですよ。
4travelより

Catedral Metropolitana カテドラル・メトロポリターナの住所・アクセスや営業時間など

名称 Catedral Metropolitana カテドラル・メトロポリターナ
住所 Praça da Sé, São Paulo – SP, 01001-000 ブラジル
営業時間・開場時間 月曜-金曜 8:00-19:00土曜 8:00-17:00日曜8:00-18:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.catedraldase.org.br/ (サイトの右上に入口がありますが使用不能でした)   https://www.ab-road.net/south_america/brazil/sao_paulo/guide/08820.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

サンパウロで東洋文化に触れる

サンパウロで東洋文化に触れる

image by iStockphoto / 45846842

サンパウロの街中で突如現れる鳥居。
このラテンの国でまさかの日本文化に遭遇するとは驚きの光景です。
日系ブラジル人が70%在住し、トヨタや東芝など日本の大企業が進出したことから世界最大規模の日本人街となりましたが、最近では中国や韓国からの移民が増えたため、東洋人街と改名されています。
しかし、今もなお店舗の多さや店構えは日本人街の頃の名残があります。

リベルダージの住所・アクセスや営業時間など

名称 リベルダージ
住所 Sao Paulo, State of Sao Paulo, Brazil
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.feiraliberdade.com.br/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

目にも楽しいグラフィックアートを見てみよう

目にも楽しいグラフィックアートを見てみよう

image by iStockphoto / 46122190

サンパウロの街を歩いてみると、至る所にグラフィックアートが描かれているのに気付きます。
所変われば、「あ~あ、こんなに落書きしちゃって」とあまり歓迎されていないこともあります。
しかしここサンパウロでは、アートの一部は合法なものとされ、場所を提供したい人と、絵を描きたい人をマッチングする取り組みも行われているようです。

image by iStockphoto / 88962657

上の写真はバットマン横丁と呼ばれるヴィラ・マダレナという地区の一角に壁面いっぱいにアートが描かれています。
どれもこれも個性的で素敵ですね! 場所によっては時折描き替えが行われるようで、しばらくぶりに訪れてみたらアートが変わっていたなんていうこともあるようです。
サンパウロの街には他にも様々な場所にストリートアートされている場所があるので、お気に入りを見つけてみてくださいね。

ブラジルと言えばやっぱりサッカー観戦

ブラジルと言えばやっぱりサッカー観戦

image by iStockphoto / 61843122

サンパウロFCのホームスタジアムです。
スタンドは3層になっているサンパウロで一番大きなスタジアムですが、2階と3階だと意外と見やすいです。
南米のサッカーというと、とかく怖い印象がありますが、ここのスタジアムはそういう怖さを感じることはあまりありません。

スタジアム周辺の治安も比較的良いみたいだし、サッカーにあまり詳しくない一般の観光客でも楽しめるサッカースタジアムだと思います。
TripAdvisorより

ブラジルサッカーの歴史を知ろう

サッカーの歴史と世界の出来事とを照らし合わせる展示は、ブラジルの年配の方が、「あの時」を懐かしむのだろうと感じました。
スタジアムに隣接しているので、ちょうど応援席の真下の部分があり、試合中はこの場所もこんな風に音が響いてくるんだ、という示し方とか、とても趣向を凝らしていると感じました。
出口にショップがあり、サッカー好きにはたまらないものがたくさんあります。
また、競技場も見られますが、スタンドがこんなに色とりどりなのは知らなかったので、それだけで感動です。
 TripAdvisorより

メルカドンで地元の台所事情を知る

メルカドンで地元の台所事情を知る

image by iStockphoto / 73478519

市場を見ればその国の台所事情が分かると言っても過言ではありません。
サンパウロの中心に「メルカドン(大きなという意味)」の愛称の1万2600平方メートルの広大な市場があります。
1日平均1万4000人を動員し、毎日350トン以上もの食料がさばかれているそうな。
一般の人はもちろん、レストランのシェフなども新鮮な食材を求め足繁く通っているそうです。
日本では珍しいフルーツやスパイス、ハーブ、オイル類も揃いお土産になりそうなものも見つかりそうです。

メルカドン(=サンパウロ市営市場)の住所・アクセスや営業時間など

名称 メルカドン(=サンパウロ市営市場)
住所 Rua da Cantareira, 306 – Centro
営業時間・開場時間 06:00~18:00(月~土)、06:00~16:00(日・祝)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://beijaflors.exblog.jp/20482680/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

小腹が空いたら伝統のサンドウィッチを

小腹が空いたら伝統のサンドウィッチを

image by iStockphoto / 68964007

サンパウロに来たら、食べてみたいのは「モルタデラサンド」。
もとはイタリア移民によってもたらされたものが、この地でアレンジされ今の形となった伝統的なサンドウィッチ。
薄いハムが幾重にも重ねられ、パンの厚みよりもハムの方が厚いというかなりボリューミーな一品。
市営市場でも食べられるということなので、立ち寄った際にぜひオーダーしてみては!

有名セレブを見かけるかも?!

有名セレブを見かけるかも?!

image by iStockphoto / 70960221

サンパウロの名所的存在となっているホテルユニーク。
美しい曲線を描きまるでふねのような形のこのホテルは、駐日ブラジル大使館も設計したルイ・オオタケ氏によりデザインされました。
館内は白と木目を基調とした優しい色合いにスタイリッシュな内装で居心地の良い空間となっています。
世界のセレブもこぞって訪れるというこのホテルに滞在して、サンパウロの素敵な思い出を作りませんか。

ラテンの雰囲気を体感して

いかがでしたでしょうか。
街の壁面からして陽気さが漂うサンパウロですが、未だ治安の不安は囁かれています。
ですが、暗くなってからの独り歩きには用心することや貴重品の管理の仕方など基本的な事さえ守っていれば必要以上に恐がることはありません。
せっかくの陽気なラテンの国ですから、思いきりやりたいことをやって、見たいものを見て楽しんできましょう!
photo by iStock
格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ