南部の香りを強く感じる「聖なる市」チャールストンで見たい観光スポット5選

アメリカ北東部・サウスカロライナ州に位置し、州内では最古の港湾都市とされる街チャールストン。1670年のイギリス人上陸からできたこの街には300年以上前の街並み、建築物が今でも残り「南部で最も美しい街」としてアメリカ人観光客に大人気なのです。今回はそんな美しく、南部の雰囲気を最も感じられる街・チャールストンの観光スポットの紹介です。

南北戦争開戦の地「サムター要塞」

南北戦争開戦の地「サムター要塞」

image by iStockphoto / 25748089

チャールストンの南・チャールストン沖の海に残されている要塞跡。
南北戦争開戦の地として知られる要塞であり、戦争最初の戦い「サムター要塞の戦い」のメイン戦場にもなりました。
要塞名の「サムター」はアメリカ独立戦争の英雄・トーマス・サムター将軍から名づけられたもの。
現在は城塞のみが残っている状態で、内部にある博物館は内戦当時の様子、要塞の構造、役割などについての知識を知られる博物館になっています。

image by iStockphoto / 5729893

image by iStockphoto / 68194443

アメリカ南部のいわゆる「南軍」が、当時チャールストン沖のフォート・サムター要塞にいた、北東部を中心とする「北軍」の連邦政府軍に向けて砲撃を加えたのが、1861年4月12日の午前4時30分。
この時、四年間にも及ぶ内戦、南北戦争の火ぶたが切って落とされたのだ。
南軍は、奴隷労働を主とした農業、広大なプランテーションで栄華を極めていた。
この南部諸州の「コンフェデレイト」と呼ぶ連合軍と、奴隷解放を求める北東部諸州「ユニオンン」との戦いが南北戦争だ。
株式会社プランズより

Fort Sumter National Monumentの住所・アクセスや営業時間など

名称 Fort Sumter National Monument
住所 1214 Middle Street Sullivan’s Island, SC 29482
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.nps.gov/fosu/contacts.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

鮮やかな緑広がる邸宅「ミドルトンプレイス」

鮮やかな緑広がる邸宅「ミドルトンプレイス」

image by iStockphoto / 9274155

チャールストンから車で30分ほどのアシュレイリバー畔にあるプランテーション。
サウスカロライナ州代表として独立宣言に署名したアーサー・ミドルトンの邸宅として使用された敷地で、面積は65エーカー(263,046㎡)にもなります。
アシュレイリバー周辺のプランテーションの中で歴史の長さ、景観の良さはトップクラスとされており、敷地内は鮮やかな緑と池が広がる絶景。
また敷地内には南北戦争で破壊された邸宅跡やミュージアムがあり、戦争当時の雰囲気を感じ取ることもできるでしょう。

image by iStockphoto / 9143064

image by iStockphoto / 1543466

広さは、個人邸宅としては冗談のような65エーカー!↑奥の方に家が、かろうじて見えます(笑)。
アメリカ合衆国サウスカロライナの代表として独立宣言に署名した一人であるアーサー・ミドルトンの邸宅です。
園内に入るとすぐ、池があり・・・・整形ガーデンを抜けて、川にあたります。
大木には、スパニッシュ・モスが大繁殖。
サウスカロライナは、湿度も温度も高い。


このガーデンには、川を利用して数多くの表情豊かな池が造られています。
Rosemaryとハーブの日記帳より

ミドルトンプレイスの住所・アクセスや営業時間など

名称 ミドルトンプレイス
住所 300 Ashley River Rd, Charleston, SC 29414 アメリカ合衆国
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://www.middletonplace.org/index.php
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

パイナップル形の噴水が目印「ウォーターフロント・パーク」

パイナップル形の噴水が目印「ウォーターフロント・パーク」

image by iStockphoto / 91585987

ダウンタウンの中心に1990年に開園した都市公園「ウォーターフロント・パーク」は、パイナップル形の独特な噴水が特徴。
チャールストン湾に面して1000フィート(約300メートル)に渡って広がっている園内はベンチでくつろぐ人や公園内を散歩する人、サイクリングする人やピクニックに来る家族などで賑わっており、地元民憩いの場として親しまれています。
夕暮れ時には周りの建物と夕日のコラボレーションも楽しめるため、この時間にゆったりと散歩してみては。

image by iStockphoto / 91448385

image by iStockphoto / 89271923

ウォーターフロントパークは1990年に開園したチャールストンにある観光客だけでなく地元の人々にも愛されている都市公園です。
夕暮れ時の美しいチャールストン港と、港を出入りするクルージングヨットを眺めてリラックスしていると日頃の嫌なことなど全部洗い流せるでしょう。
公園ではベンチでくつろいだり、公園内を散歩する人の他にもレンタル自転車で公園内をサイクリングしたり、ピクニックに来ている家族など公園を訪れる人は様々な方法で公園の景観を楽しんでいます。
ESTA申請と海外旅行情報のフィッツウォーターより

チャールストン・ウォーターフロントパーク Charleston Waterfront Parkの住所・アクセスや営業時間など

名称 チャールストン・ウォーターフロントパーク Charleston Waterfront Park
住所 1 Venice Ave, Charleston, SC 29401
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g54171-d144260-Reviews-Charleston_Waterfront_Park-Charleston_South_Carolina.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

パラディアン様式の邸宅「ドレイトンホール」

パラディアン様式の邸宅「ドレイトンホール」

image by iStockphoto / 21228895

サンタ―要塞などが残るチャールストン歴史地区にある1742建設の歴史的建築物・プランテーション。
外観はバージニア州議事堂の設計図などに使用されたパラディアン様式(16世紀の建築家アンドレア・パラディオが作り上げた建築様式)となっており、1966年には国の歴史的建造物に指定されています。
広さ630エーカーもある敷地はサウスカロライナの政治家・ドレイトン家が所有していたものであり、南北戦争の戦火を免れたことで完成当時の姿を残すことができています。

image by iStockphoto / 8203688

パラディアニズムが、海を渡る話には興奮を禁じ得ない。
また、米第3代大統領ジェファーソンの手による彼の邸宅モンティチェロの竣工当初の姿から、彼がコンペに出品したバージニア州議事堂の設計図、コンペを勝ち抜いたジェームズ・ホーバンの手によるホワイトハウスの設計図、サウス・カロライナ州チャールストン郊外のドレイトン・ホールなど貴族的な荘園屋敷の図面まで展示されている。
すべて当時人気の高かった初期のパラディアン・スタイルの実例だ。
ウォール・ストリート・ジャーナルより

ドレイトンホール Drayton Hallの住所・アクセスや営業時間など

名称 ドレイトンホール Drayton Hall
住所 3380 Ashley River Rd, Charleston, SC 29414
営業時間・開場時間 Monday?Saturday 9:00AM?5:00PM Sunday 11:00AM?5:00PM
利用料金や入場料 $22
参考サイト http://www.draytonhall.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

街の防衛拠点であった「フォート・ムールトリー」

街の防衛拠点であった「フォート・ムールトリー」

image by iStockphoto / 7238058

フォート・ムールトリーはチャールストン湾に突き出たサリバン島にある要塞で、独立戦争中の1776年に勃発した「サリバン島の戦い」時に建設されました。
名前は指揮官に任命されたウィリアム・ムールトリーから名づけられ、サムター要塞が完成するまではチャールストン防衛の拠点として使用された場所でもあります。
1960年にアメリカ合衆国国立公園局が管理するようになり、2007年にはアメリカ合衆国国家歴史登録財の指定を受けました。

image by iStockphoto / 61013472

image by iStockphoto / 32618578

ムールトリーととそのサウスカロライナ第2連隊は1776年3月にサリバン島に到着し、島とチャールストン港への海峡を守る砦の建設を始めた[21]。
建設は緩りと進行し、パトリオット海軍部隊のピーター・ホリー艦長はその場所を「長さ500フィート (150 m)、幅16フィート (5 m)、砲弾を受け止めるために砂が埋められた巨大なペン」と表現していた[22]。
砲架は厚さ2インチ (50 mm) の板で作られ、木釘で固定された[22]。
wikipediaより

フォート・ムールトリー Fort Moultrieの住所・アクセスや営業時間など

名称 フォート・ムールトリー Fort Moultrie
住所 1214 Middle St, Sullivan’s Island, SC 29482
営業時間・開場時間 9:00-17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.nps.gov/fosu/learn/historyculture/fort_moultrie.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

懐かしい街と歴史の変革期を感じる

今回はチャールストンの中でも大富豪の生活ぶりと戦争の爪痕、自然豊かな都立公園を中心に紹介しました。
懐かしい街並みを楽しみながら歴史の変革期を体感する、チャールストンへ行った際はそんな旅はいかがでしょうか。
photo by iStock