古都「台南」を楽しみつくす!歴史ある街で行くべきスポット10選

台湾南部にある台南では、街を歩いているだけで歴史的建造物にたくさん触れる事が出来ます。また、B級グルメの街としても人気の台南では、ここでしか食べられない料理もたくさん!台湾の伝統に触れながら、美味しい食べ物に舌鼓を鳴らすコースがおすすめです。今回は台南の観光スポットについてご紹介します。

いくつもの時代を乗り越えてきた赤嵌楼

いくつもの時代を乗り越えてきた赤嵌楼

image by iStockphoto / 26011694

1653年、赤嵌楼(せきかんろう)は、1653年、台湾を占領したオランダ人が、台湾人の反乱を防ぐために建てられた城砦で、紅毛楼とも呼ばれています。
出来た当初はオランダ様式の洋風な建築方法でしたが、その後の戦争や地震によって崩壊され、中国式の建築方法に建て直され現在の姿になりました。

台南最古の歴史建造物であり、台湾のオランダ統治、明鄭時代、清代、日本統治時代と多くの時代を見守ってきた、歴史の深い城砦です。

赤嵌楼の住所・アクセスや営業時間など

名称 赤嵌楼
住所 No. 212, Section 2, Minzu Rd, West Central District, Tainan City, 台湾
営業時間・開場時間 8:30~17:30(土曜日は21:30まで)
利用料金や入場料 50元
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/赤カン楼
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

オランダ統治時代からある城・安平古堡

オランダ統治時代からある城・安平古堡

image by iStockphoto / 10038932

安平古堡は1624年に建築された台湾最古の城で、オランダ統治時代にはオラニエ城、ゼーランディア城とも呼ばれ、台湾統治の中心地として使用されていました。
現在は、赤嵌楼と同じくの国家一級古蹟に登録され、一般開放されています。

また中華民国になって建てられた6mもの展望台は現在でも台南のランドマーク。
一度崩壊して中国式の建築方法に建て直された赤嵌楼とは違って、オランダ式の建築が残る洋風な城です。

安平古堡の住所・アクセスや営業時間など

名称 安平古堡
住所 No. 82, Guosheng Rd, Anping District, Tainan City, 台湾
営業時間・開場時間 8:30-17:30 
利用料金や入場料 50元
参考サイト http://jp.taiwan.net.tw/m1.aspx?sNo=0003119&id=147
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

B級グルメを食べつくす・花園夜市

B級グルメを食べつくす・花園夜市

image by iStockphoto / 98818761

台湾名物の夜市ですが、街である台南でも花園夜市が開かれています。
雨が少ない台南では夜市の多くが露店になっており、広い土地に所狭しと屋台が並んでいるため、歩きながら食事や買い物が出来るところが魅力です。

屋台では、B級グルメの街・台南ならではの串焼きや、練り物、フルーツなどが売られてあり、どれもリーズナブルで美味しく食べられます。
他にも日本では見た事のないようなゲームや、服やアクセサリーといった買い物などが楽しめるスポットです。

花園夜市の住所・アクセスや営業時間など

名称 花園夜市
住所 台湾 台南市海安路と和韓路の交差点付近
営業時間・開場時間 木、土、日曜日18:00-01:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://zh.m.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E5%9C%92%E5%A4%9C%E5%B8%82
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

航海と縁結びの神様が祀られる大天后宮

航海と縁結びの神様が祀られる大天后宮

image by iStockphoto / 18833445

台湾では、「月下老人」という縁結びの神様が祀られた寺廟が各所にあり、大天后宮にも月下老人が祀られています。
中でも国家一級古蹟に指定されている大天后宮のご利益は効果があり、世界各国から祈願に訪れる人が後を絶たないそうです。

本来、大天后宮は漁業・航海の守護神である女神・媽祖を祀った台湾最古の媽祖廟でもあり、航海の安全を祈るためにも、多くの参拝者が訪れています。

大天后宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 大天后宮
住所 No. 18, Lane 227, Section 2, Yongfu Rd, West Central District, Tainan City, 台湾
営業時間・開場時間 6:00~21:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.tainanmazu.org.tw
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

古い家屋とアートの融合する街・神農老街

古い家屋とアートの融合する街・神農老街

image by iStockphoto / 90866033

200年以上前の古い家屋が残る神農老街一帯は、石畳にレンガや木で作られた家が軒を連ねた、清時代の佇まいを感じさせるノスタルジックな雰囲気の通りです。
また、現在この家屋のいくつかはリノベーションし、バーやギャラリー、ショップとして利用されており、ハイセンスな壁面アートなどで彩られた場所もあり、歴史好きだけでなく、アート好きにとっても魅力のある街並みになっています。
また、昼と夜では雰囲気がガラッと変わるのも神農老街の魅力です。

神農老街の住所・アクセスや営業時間など

名称 神農老街
住所 Shennong St, West Central District, Tainan City, 台湾
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.twtainan.net/zh-tw/Attractions/Detail/1351/神農老街
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

台湾の文学に触れる国立台湾文学館

台湾の文学に触れる国立台湾文学館

image by iStockphoto / 59069220

100年の歴史がある国立台湾文学館は、日本統治時代に日本人の建築家・森山松之助さんによって建築されたレンガ造りの文学館で、以前は台南州庁でもあった歴史があります。
広く洋風な館内では、日本やオランダによる統治時代を経た台湾の言語や、台湾文学についての資料の展示や、世界の文学、舞台などの特別展示が開かれています。
また、館内にはカフェもあり、コーヒーやジュース、サンドイッチなどが楽しめます。

国立台湾文学館の住所・アクセスや営業時間など

名称 国立台湾文学館
住所 No. 1, Zhongzheng Rd, West Central District, Tainan City, 台湾 700
営業時間・開場時間 9:00~18:00(金土~21:00)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.taipeinavi.com/miru/55/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

美容成分たっぷりの泥温泉・関子嶺温泉

美容成分たっぷりの泥温泉・関子嶺温泉

image by iStockphoto / 40832232

台湾四大温泉の一つ、関子嶺温泉は台湾では珍しい「泥温泉」で、泥の混ざった美容効果の高い温泉でとして有名です。
台湾の泥温泉は、硫黄成分を多く含んだアルカリ性炭酸泉で、新陳代謝を高める効果があり、冷え性や婦人病、貧血、坐骨神経痛などを和らげる効能があります。

また、肌をなめらかにする効果があるため、顔や体に泥を塗って天然パックをしてみる事もおすすめです。
露天温泉は水着着用なので、家族で一緒にお風呂を楽しめます。

関子嶺温泉の住所・アクセスや営業時間など

名称 関子嶺温泉
住所 Baihe District, Tainan City, 台湾 732
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://taiwanonsen.com/guanziling/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

昔懐かしい露店がたくさん・府中街

昔懐かしい露店がたくさん・府中街

image by iStockphoto / 19127235

孔子廟のメインエントランスである泮宮石坊の周辺・府中街は、細い道の両側に古い建物が並ぶ古道で、かつて孔子廟に行く人達はどんな地位の人でもここで乗り物を降り、歩いて孔子廟に向かったと言われています。

現在は、食べ物屋、雑貨屋、カフェ、アクセサリーショップなどが軒を連ね、地元の人々や観光客で賑わうスポットです。
また、細い通を覆うように伸びた木々のおかげで一帯は涼しく、暑い台南でもここだけは快適に街歩きを楽しめます。

府中街の住所・アクセスや営業時間など

名称 府中街
住所 Fuzhong St, West Central District, Tainan City, 台湾 700
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.taiwan-tou.com/tainan_fuzhongjie.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

台湾で初めての学校・孔子廟

孔子廟は1665年、中国の政治家・鄭成功の息子である鄭経によって、中国の偉人である孔子を祀るために建てられた廟です。
台南の孔子廟は、かつては台湾の最高学府であり、台湾で初めての学校として多くの学生たちが勉学を学んだ場所でもあり、門に記されている「全臺首學」は「台湾で初めての学校」という意味です。

廟内には、孔子とその弟子達が祀られているほか、古代から伝わる楽器や書物などが保存されており、間近で見る事が出来ます。

孔子廟の住所・アクセスや営業時間など

名称 孔子廟
住所 台北市大龍街275号
営業時間・開場時間 8:30~21:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.ct.taipei.gov.tw
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

地元に根付いた市場・水仙宮市場

地元に根付いた市場・水仙宮市場

image by iStockphoto / 94819169

水仙宮市場は、海の神様・水仙尊王を祀った台南の神様を祀った水仙宮を中心に広がった大きく複雑な市場で、現在も地元の人々の生活に欠かせない市場です。
市場には魚などの魚介類のほかに、肉、野菜、衣類、靴、青草や漢方などが所せましと売られており、初めて来た人は迷子になってしまうかもしれません。

台南名物の、米ともち米をすりつぶしたお菓子・碗粿を食べながら、ゆっくり見て回りたいですね。

Shuixian-gong temple marketの住所・アクセスや営業時間など

名称 Shuixian-gong temple market
住所 No.1, Shennong St, West Central District, Tainan City, Taiwan.
営業時間・開場時間 現地時間06:00-13:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.taipeinavi.com/shop/443/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

歴史ある文化の街として知られる古都・台南

今回は古都・台南で行くべき観光スポットをご紹介しました。
さまざまな国の統治時代を経た台湾。
特に古都・台南では多くの歴史的価値の高い建築物が残されています。
また、古民家のイノベーションや、現代アートも発展している台南では、古いものと新しいものの融合する瞬間を目で見て楽しむ事が出来ます。
日本から台湾へは比較的気軽に行けるのも魅力ですね。
台南へふらっと旅行してみるのはいかがですか?
photo by iStock