フランス・コルマールに行くならここ!旅行のヒントになるおすすめスポット10選

次の旅行先に、旅行のテーマ、いつも悩みますよね。憧れのホテル、美味しい現地グルメ、異文化との交流。旅行には非日常が溢れています。本日は、人気都市のおすすめスポットや体験をまとめてみました。フランス コルマールでの旅行プランのアイディアを10選お届けします。次の旅のヒントが見つかりますように。

中世の美しい街並みが残るコルマール

中世の美しい街並みが残るコルマール

image by iStockphoto / 29321304

フランスの東部、アルザス地方にある街コルマール。
人口は67000人程です。

ドイツとスイスに近い場所にあり、このため、アルザス地方は第二次世界大戦の激戦地だったそうですが、奇跡的にも戦争の被害を受けることがなかったため、今も尚、中世の美しい街が残っています。
最も古い文献では823年からあり、とても歴史ある街でもあります。

リトルベニスと呼ばれる街

リトルベニスと呼ばれる街

image by iStockphoto / 51121658

コルマールの街を通る運河がまるでイタリアのベニスのように見えるため、フランス語でプティット・ベニス、小さなベニスと呼ばれます。

また、運河沿いには花が植えられ、さらに観光を盛り上げてくれます。
ゴンドラにも乗ることができ、ゴンドラからコルマールの街を見ることができます。

女性に非常に人気のスポットでもあります。

カラフルな家が並びます

カラフルな家が並びます

image by iStockphoto / 78712067

コルマールの街の特徴として、昔ながらのコロンバージュと呼ばれるドイツの建築様式に木組みの家と石畳の道が広がります。

また、家の色はとてもカラフルです。
赤や黄色、青と様々な色がありますが、決してごちゃごちゃしているという印象はうけず、街を彩るパステルカラーはむしろオシャレで可愛い家が並ぶ印象を受けます。

旧市街の街並み

旧市街の街並み

image by iStockphoto / 78712067

中世からルネサンス時代までの街がそのまま保存されています。
バルコニーには花が飾ってあったり、家には出窓がついており、中世の雰囲気を非常に良く醸し出しています。

その他にも、中には入れませんが、16世紀に建てられた歴史ある建物で、壁の細かい装飾や尖塔が特徴のプフィステル館や、旧税関には階段付き小塔や木造の回廊があります。

ワインも有名です

ワインも有名です

image by iStockphoto / 14665341

フランスのアルザス地方はワインがとても有名です。
コルマールはアルザスワインの生産地を結ぶアルザスワイン街道のちょうど中間にあるため、アルゼスワインの首都とも呼ばれています。
ワイン畑も大変美しく、観光に行った際はワイン畑を見てアルゼスワインを飲みながらおいしい料理に舌鼓をうつのも良いのではないでしょうか。

美しいドミニカン教会

美しいドミニカン教会

image by iStockphoto / 45819624

ドミニコ派の大聖堂です。
このドミニカン教会の周辺にも美しい花が植えてあり、教会の周辺はとても落ち着く広場となっています。

教会の内部には「薔薇園の聖母」という大変美しい絵が中央の祭壇に飾られてあります。
絵のサイズはとても大きな大作で、厳重に警備されています。

芸術に興味がある方はこちらを訪れてみても楽しめると思います。

クリスマスツリー発祥の地

クリスマスツリー発祥の地

image by iStockphoto / 80004723

アルザス地方はクリスマスツリーの発祥の地です。
コルマールもクリスマスの季節はクリスマスツリーやイルミネーションが街を幻想的に彩ります。

また、道路にはクリスマスのグッズの露店が並び、街がクリスマスムードに包まれます。
中にはコルマールの伝統的な家をモチーフにした可愛いミニチュアの置物があるなど、良いお土産にもなりそうです。

可愛い看板が並びます

可愛い看板が並びます

image by iStockphoto / 18169511

コルマールの街はお店の看板もレトロチックで可愛い看板が並びます。
文字だけでなく、いろんなお店でお店をイメージしたマークもついているためどのようなお店なのか分かりやすいです。
看板を探して街を散策するのもあらたな発見がありそうです。
気になったお店があったら入ってみるのもさらに観光を楽しむことになりそうです。

市場もにぎわいを見せます

市場もにぎわいを見せます

image by iStockphoto / 62897646

プティット・ベニスの北側には魚市場河岸通りがあります。
昔魚市場があったため、魚市場河岸通りと呼ばれます。
現在は魚だけでなく、肉や野菜、ワインも売ってあり、買い物に良いです。
レストランもあり、お食事にも最適です。
他にもストリートパフォーマンスの方もいらっしゃる等、歩いているだけでもとても楽しめるおすすめの場所です。

ウンターリンデン美術館

ウンターリンデン美術館

image by iStockphoto / 25187696

コルマールにはとても有名な美術館があります。
このウンターリンデン美術館はフランスでも最も人が訪れる美術館の一つとして知られています。
ライン神秘主義の本拠地であるドミニコ派修道院を改修した建物に作品が展示されています。
中でも後期ゴシックの巨匠であるドイツ人画家グリューネヴァルトの作品「イーゼンハイムの祭壇画」は訪れた際には絶対に見逃せないほどの傑作です。

絶景を見に旅に出よう

歴史を感じる旅、異文化を感じる旅、最新のおもてなしに触れる旅。
様々な旅のスタイルがあります。
フランス コルマールに行く際の10のアイディアはいかがでしたか。
次の旅のヒントになれば幸いです。
photo by iStock