断崖、古城、石柱…意外と絶景の宝庫だったアイルランド島

日本がユーラシアの極東の島国なら、西端にあるのがアイルランド島。アイルランド島には国境があり、北東にあるイギリス領の「北アイルランド」と、残り約6分の5の面積がある「アイルランド共和国」と2つの国があります。2つ合わせて北海道よりもやや広い大きさ。山や丘や湖、断崖の風景が広がる、緑の美しい2つの国、アイルランド島の絶景をご紹介しましょう。

六角形の石柱が生む絶景『ジャイアンツ・コーズウェイ』/北アイルランド

六角形の石柱が生む絶景『ジャイアンツ・コーズウェイ』/北アイルランド

image by iStockphoto / 70777865

北アイルランドの世界遺産、『ジャイアンツ・コーズウェイ』は、ケルト神話の巨人が通った土手道だとも言われ、いくつかの伝説が残る場所。
北アイルランドの観光地への拠点の街・ポートラッシュからバスで行くことが出来ます。
海岸線に沿って広がる変化に富んだ絶景は必見!六角形の石柱の上を歩くことが出来るのが特徴で、伝説を説明する設備やショップもありますので立ち寄ってみてくださいね。

 

image by iStockphoto / 51194520

image by iStockphoto / 55442252

image by iStockphoto / 12959942

ジャイアンツコーズウェーの住所・アクセスや営業時間など

名称 ジャイアンツコーズウェー
住所 44 Causeway Rd, Bushmills BT57 8SU
営業時間・開場時間 現地時間9:00-17:00
利用料金や入場料 9ポンド
参考サイト https://www.nationaltrust.org.uk/giants-causeway
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

美しき廃墟の古城『ダンルース城』/北アイルランド

美しき廃墟の古城『ダンルース城』/北アイルランド

image by iStockphoto / 43166724

北アイルランド北部、コーズウエー海岸にある廃墟の古城。
『ジャイアンツ・コーズウェイ』同様、ポートラッシュからバスで行くことが出来ます。
陸と城を結ぶのは小さな橋のみで、自然の地形を利用した難攻不落の城塞は、ロマンチックな絶景で人気。
洞窟や秘密の地下通路もありますので、景観とともに楽しめますね。

image by iStockphoto / 47870218

Dunluce Castleの住所・アクセスや営業時間など

名称 Dunluce Castle
住所 87 Dunluce Road Bushmills County Antrim BT57 8UY
営業時間・開場時間 月-土:現地時間10:00-17:00 日:現地時間11:00-17:00
利用料金や入場料 大人5ポンド 12歳-16歳2.50ポンド  幼児無料  会員無料
参考サイト http://www.glenarmcastle.com/dunluce-castle
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

高さ200mの断崖が8km続く『モハーの断崖』/アイルランド共和国

高さ200mの断崖が8km続く『モハーの断崖』/アイルランド共和国

image by iStockphoto / 98824597

アイルランドの中でも壮大な絶景で人気の観光地『モハーの断崖』は、大西洋岸に高さ200mもの断崖が8kmも続く断崖の絶景!崖には多くの動物が生息していて、特に3万羽29種がいるという鳥の楽園。
景観を損ねないように配慮された観光地なので、大自然そのままの絶景を眺めることが出来るでしょう。

image by iStockphoto / 73030485

image by iStockphoto / 5809998

崖の一角に建てられたオブライエン塔。
はるかかなたのアラン諸島などの絶景が楽しめます。

『ブラーニー城』の絶景を背に、石にキスすると…?/アイルランド共和国

『ブラーニー城』の絶景を背に、石にキスすると…?/アイルランド共和国

image by iStockphoto / 73561007

要塞として建てられた石造りの建物『ブラーニー城』。
この城のらせん階段をのぼると「ブラーニーストーン」という石があり、この石にキスをすると雄弁になれるという言い伝えがあるので有名。
英単語のblarney(意味:丸め込む)は、この城の名前から生まれたといわれていますので、是非チャレンジしてみては?

係り員のおじさんが押さえてくれますが、仰向けになり鉄の柵につかまる、かなりダイナミックな体勢でキスしなければならないもよう。
下は吹き抜けになっているのでちょっと勇気が必要かも。

image by iStockphoto / 20475959

ブラーニー城周辺の庭園。
散策やピクニックをする人々で賑わうそうですよ。

Blarney Castle & Gardensの住所・アクセスや営業時間など

名称 Blarney Castle & Gardens
住所 Blarney, Cork, Ireland
営業時間・開場時間 現地時間9:00- 終了時刻は季節、天候による
利用料金や入場料 13ユーロ
参考サイト http://blarneycastle.ie/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

大自然の絶景が広がる『ケリー周遊路』/アイルランド共和国

大自然の絶景が広がる『ケリー周遊路』/アイルランド共和国

image by iStockphoto / 24023638

大西洋に面したケリー州は、複雑な海岸線と美しい湖など、様々な自然に恵まれた州。
州都キラーニーの西に広がるキラーニー国立公園の森を抜けると、大西洋に突き出たイベリー半島をめぐる全長179kmのケリー周遊路があります。
車で回ると約3時間半ほど。
大自然の絶景が広がる光景に目を奪われることでしょう。

image by iStockphoto / 81916075

image by iStockphoto / 97937955

キラーニー国立公園。

アイルランドへのアクセスと、「北アイルランド」と「アイルランド共和国」の行き来について

アイルランドへのアクセスと、「北アイルランド」と「アイルランド共和国」の行き来について

image by iStockphoto / 29482456

日本からアイルランドへの直行便はないため、ヨーロッパの主要都市で乗り換えをして入国します。
便利な行き方はロンドン経由。
日本からロンドンまでは約12時間。
ロンドンからアイルランド(首都ダブリン)への所要時間は1時間半程度。
また、「北アイルランド」と「アイルランド共和国」の間に国境検問所やバリケードのようなものはなく、行き来するのに入国審査や身分証明書はなくて大丈夫ですよ。
国境を超えると、標識が英語からアイルランド語(ゲール語)に変わるので面白いですね。

大自然の宝庫、アイルランド島

イギリス領の「北アイルランド」と「アイルランド共和国」、2つの国がある複雑な島、アイルランド島。
海に囲まれた島国は、大自然の宝庫でしたね。
古城もたくさんありますので、古城ホテルに泊まってみるのもおすすめ。
photo by iStock