パルテノン神殿をはじめ史跡がたくさん!ギリシャの界遺産「アクロポリス」

ギリシア観光の目玉である世界遺産アクロポリス。なんとなく名前は聞いたことあるけどよく知らない…。そんなあなた!この機会にアクロポリスについてちょっぴり詳しくなってみましょう。

アクロポリス成立の背景と役割

アクロポリス成立の背景と役割

image by iStockphoto / 21561291

紀元前8世紀ごろのギリシアには多くのポリスと呼ばれる都市国家が成立しました。
大規模な帝国が築かれるわけではなく、小規模な都市国家で、アテネやスパルタ、テーベなどが有名です。
アクロポリスとは、このポリスの中心部に作られた外敵を見張ることのできる丘のことで、「高い丘の上の都市」という意味です。
アクロポリスは都市と民衆を守る拠点の役割を果たすと同時に守護神を祀る神殿なども建てられて信仰の対象の役割も果たしていました。

image by iStockphoto / 3786054

計算しつくされた美!パルテノン神殿

計算しつくされた美!パルテノン神殿

image by iStockphoto / 17869221

パルテノン神殿は現存しているギリシア古代建築では最高峰の技術を誇って建築された神殿の一つです。
ドーリア式の神殿は、合計46本の立派な円柱が支えており、その表面に施された装飾彫刻には完成までに15年もの歳月を要したと言われています。
パルテノン神殿はアテナ女神を祀った神殿で、微妙な曲線を描いている46本の柱は鑑賞者が下から見上げた時に均等に見えるよう綿密に計算された結果の造形で、柱一本一本も太さや間隔を変えて建てられています。
このような建築技術は驚くべきもので、現在まで存在しつづけ鑑賞することが叶うのは奇跡といえます。

image by iStockphoto / 91544141

パルテノン神殿の住所・アクセスや営業時間など

名称 パルテノン神殿
住所 Acropolis | Top of Dionyssiou Areopagitou, Athens 105 58, Greece
営業時間・開場時間 08:00-18:30
利用料金や入場料 ユーロ20
参考サイト http://odysseus.culture.gr/h/3/eh355.jsp?obj_id=2384
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

気品と優雅さを兼ね備えるエレクティオン神殿

気品と優雅さを兼ね備えるエレクティオン神殿

image by iStockphoto / 76053113

重厚なパルテノン神殿に対して北側には6体の女神像が屋根を支えるカリアティディス柱廊がイオニア様式の気品と優雅さを感じさせるエレクティオン神殿を見ることができます。
こちらはレプリカですが、かつての様子を忠実に伝えてくれています。
オリジナルのうち4体は仔牛を担ぐ男像などとともにアクロポリス博物館に収蔵されており、1体は大英博物館に収蔵されています。
複数の隣接している神殿などとのバランスをとるために非常に複雑なデザインが施されていることで知られており、古代には類まれな構造をしていると言われています。

image by iStockphoto / 31691822

Erechtheionの住所・アクセスや営業時間など

名称 Erechtheion
住所 Theorias 20, Athina, Greece 10555
営業時間・開場時間 夏期 8:00-20:00 冬期 8:00-17:00
利用料金や入場料 12ユーロ (共通チケット) ※冬期 (11/1-3/31)の第1日曜日は入場無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

コンパクトに洗練された美!アテナ・ニケ神殿

コンパクトに洗練された美!アテナ・ニケ神殿

image by iStockphoto / 96616979

アテナ・ニケ神殿は他の壮大な遺跡と比べると小さな神殿ですが、真っ白な神殿は鳥かごのような可憐さを感じさせてくれ、青空によく映えています。
神殿には勝利の女神ニケが祀られており紀元前424年に建設されました。
現在の神殿は20世紀に再建されたもので、以前の神殿は1687年のヴェネツィア郡との戦いでオスマン帝国が防衛施設を建設するために破壊してしまったと言われています。

image by iStockphoto / 91312221

アテ―ナー・二―ケー神殿の住所・アクセスや営業時間など

名称 アテ―ナー・二―ケー神殿
住所 Acropolis, Dionysiou Areopagitou, Athina 105 58
営業時間・開場時間 現地時間8:00~19:00(冬期は8:30 – 14:30)
利用料金や入場料 12ユーロ
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%BC%E7%A5%9E%E6%AE%BF
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ギリシア最古の大型野外劇場!ディオニソス劇場

ギリシア最古の大型野外劇場!ディオニソス劇場

image by iStockphoto / 48484676

アクロポリスの麓ではギリシア最古の大型野外劇場であるディオニソス劇場も見ることができます。
そこで催される催事の数々はワインと豊穣の神に捧げられており、アイスキュロス、ソポクレス、エウリピデス、アリストパネスといったそうそうたる古代劇作家がここで催される祭りで作品をコンテスト形式で競い合いました。
劇作家たちはそれぞれ3本の悲劇と1本のサテュロスといわれる喜劇を出品し、3人以下の俳優によって上演されました。
石造りの劇場は紀元前325年に建設され、14000人〜17000人もの観客を収容することが可能でした。

image by iStockphoto / 27382679

アクロポリスの楽しみ方

世界遺産アクロポリス、いかがでしたでしょうか。
古代の様々な神殿や劇場が立ち並ぶ丘のことをアクロポリスと呼んでいたのですね。
当時の最高峰の技術が惜しみなく注がれ、たくさんの人の力を結集して作られた建築物の数々は古代ギリシアの知的・芸術的水準の高さを物語っています。
photo by iStock