京都に行くならここ!観光アイディアになるおすすめスポット10選

次の旅行先に、旅行のテーマ、いつも悩みますよね。憧れのホテル、美味しい現地グルメ、異文化との交流。旅行には非日常が溢れています。本日は、人気の都市のおすすめスポットや体験をまとめてみました。京都での観光・旅行プランのアイディアを10選お届けします。次の旅のヒントが見つかりますように。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

艶やかな桜

艶やかな桜

image by iStockphoto / 58174486

八坂神社の東、東山を背にした広大な敷地に桜の花が咲き乱れる円山公園。
この祇園の夜桜は春の京都で見るべき桜の一つです。
周辺は夜店や地元の花見客でごった返していますが、少し高台になった場所にこの一本桜が咲いているので、まるでほかの桜が脇役になったように、ライトアップされた艶やかな垂れ桜が、京都の夜空を彩ります。

嵐山の竹林

嵐山の竹林

image by iStockphoto / 80889433

京都の観光名所の一つ、嵐山。
渡月橋をシンボルに、周辺には天龍寺や紅葉が有名な常寂光寺などがあります。
この竹林は天龍寺近くの小道にあります。
涼を感じされてくれるような竹林の景色は、外国人観光客にも人気のスポット。
近隣には「御髪(みかみ)神社」という日本で唯一の頭と髪の毛の神様を祭ったユニークな神社もあるので、周辺一帯を散歩してみると楽しめます。

哲学の桜道

哲学の桜道

image by iStockphoto / 24902494

京都市左京区にある琵琶湖疏水分線に沿った歩道で、日本の道100選にも選ばれています。
紅葉で有名な永観堂付近の熊野若王子神社から始まり、銀閣寺道付近の白川通今出川交差点まで続いている道は、春には桜・秋には紅葉を楽しむ観光客でいっぱい。
哲学の道沿いにはおしゃれで京都らしい飲食店や土産物屋もたくさんあります。

東寺・五重塔

東寺・五重塔

image by iStockphoto / 22409831

新幹線に乗っていると見えてくる京都のシンボルの一つ、東寺・五重塔です。
京都市南区九条町にある東寺はまたの名を教王護国寺といい、真言宗の根本道場であり、東寺真言宗の総本山であります。
ここもまた春の桜と秋の紅葉の名所で、多くの観光客で賑わっています。
この東寺・五重塔を見ると、いつかの京都の旅を思い出が蘇ってくる…そんな存在です。

賑わう京都

賑わう京都

image by iStockphoto / 64221819

京都で一番賑わっている場所…といっても過言でないほど、毎日多くの観光客でごった返している清水寺へと続く道。
八つ橋やお漬物など、京都名物のお土産やさんが軒を並べています。
混雑は避けられなくとも、いろんなお店で試食しながら楽しく散歩できちゃうような場所です。
あっちこっちと食べ比べてからお土産を買うのも楽しいですね。

龍安寺の枯山水

龍安寺の枯山水

image by iStockphoto / 60304884

京都を代表する観光名所として人気な龍安寺。
石や砂を使って山や水の風景を表現する枯山水の庭園として有名です。
春には一本の紅枝垂桜が石庭を彩り、より一層美しい庭園を楽しむことができます。
龍安寺敷地内はほかにも見どころが沢山あるので、まだ訪れてない人には是非とも足を運んでもらいたい場所です。
庭園の石の数や配置にも意味があるので、調べてから行ってみると楽しいです。

清水の大舞台

清水の大舞台

image by iStockphoto / 61049516

言わずと知れた清水寺の「清水の大舞台」。
清水寺は京都でも1、2を争う人気の観光スポットです。
春には桜、秋には紅葉の絶景を見ることができ、年末には毎年恒例「今年の漢字」が発表される場所でもあります。
祇園の街から少し登った場所にある清水寺からは、京都を一望できるというのも魅力の一つです。
いつ行ってもだいたい混んでいるので、朝一に行くのがおすすめです。

秋はもみじの永観堂

秋はもみじの永観堂

image by iStockphoto / 70701997

「秋はもみじの永観堂」と言われるように、秋の京都で1、2の人気を誇るお寺で、紅葉の季節には多くの観光客が訪れます。
約3000本の楓が紅く色づく景色は圧巻!永観堂の中央にある放生池を取り囲む木々が、赤、黄、緑の絶妙なハーモニーを織り成し、素晴らしい紅葉風景を作りだします。
「みかえり阿弥陀」という珍しいお像が見られるので、紅葉とあわせて楽しんでもらいたい場所です。

宇治・平等院鳳凰堂

宇治・平等院鳳凰堂

image by iStockphoto / 57240506

日本の10円に刻まれている絵としても有名な「平等院鳳凰堂」は、京都南部の宇治にあります。
建てられたのはおよそ1000年前の永承7年(1052年)。
左右対称の建造物や鳳凰堂内に安置されている仏像が今に伝えられ、世界遺産にも登録されています。
宇治といえば抹茶も有名。
京都市内から少し離れた場所ですが、京都の美味しい和菓子と抹茶を楽しみながら、時間に余裕をもって訪れて欲しい場所です。

伏見稲荷の鳥居

伏見稲荷の鳥居

image by iStockphoto / 57246972

京都の写真ではおなじみの伏見稲荷大社の鳥居。
朱色に染まった鳥居が永遠に続くかのごとく並んだ景色は圧巻そのものです。
全国に約3万社あるといわれる稲荷神社の総本社だそうで、お正月には初詣に多くの参拝客が訪れ、新年の無事と平安を祈願します。
また、朱色の鳥居が観光客に人気の撮影スポットなので、たくさんの写真がSNSにアップされています。

さあ、旅に出よう

歴史を感じる旅、異文化を感じる旅、最新のおもてなしに触れる旅。
様々な旅のスタイルがあります。
京都に行く際の10のアイディアはいかがでしたか。
次の旅のヒントにしてください。
photo by iStock