韓国・ソウルに行くならここ!観光アイディアになるおすすめスポット10選

次の旅行先に、旅行のテーマ、いつも悩みますよね。憧れのホテル、美味しい現地グルメ、異文化との交流。旅行には非日常が溢れています。本日は、人気の都市のおすすめスポットや体験をまとめてみました。韓国 ソウルでの観光・旅行プランのアイディアを10選お届けします。次の旅のヒントが見つかりますように。

Nソウルタワー

Nソウルタワー

image by iStockphoto / 56665728

ソウル中心部に位置する南山(ナムサン)にそびえる電波塔です。
本来はテレビやラジオ電波の送信塔として建設されましたが、タワー展望台からの眺めがとてもすばらしく観光地としても有名になりました。
タワーのある頂上へはケーブルカーに乗って上ることができます。
市内のどこからでも見えるソウルのランドマーク的な存在です。

恋人たちの聖地

恋人たちの聖地

image by iStockphoto / 70874389

Nソウルタワーのある南山山頂には江南から江西方面を見渡せる展望台が設置されています。
この展望台の手すりの各所には写真のように多くの南京錠があり、南山を訪れたカップル達が二人の仲がいつまでも続くようにとの願いを込めて取り付けていくそうです。
もちろんカップルだけでなく家族や夫婦でこの地を訪れた記念として残して帰るのもいいですね。

伝統的町並みの北村韓屋村

伝統的町並みの北村韓屋村

image by iStockphoto / 73547867

韓国の伝統家屋である”韓屋”(ハノク)が多く連なる北村韓屋村(プッチョンハノンマウル)はソウル市中心部から少し北に行った小高い丘の上に位置しており、南に広がるソウル市内を一望できます。
町を歩いていると足元に多くの写真スポットマークが付けられています。
ここからソウル市内や韓屋を背景に写真を撮れば誰でもベストショットを撮ることができます。

涼を求めて清渓川へ

涼を求めて清渓川へ

image by iStockphoto / 58757354

ソウル市庁近くの清渓広場から東大門市場方面へとつづく全長約6キロほどの人工河川です。
歩くと3時間くらいかかりますが、流れる水の音や噴水の水しぶきを浴びながら散策してみるのも楽しいかもしれません。
階段を上がれば両岸にはカフェやファッションセンターなど様々なお店が並んでいます。
夜になると至る所でライトアップがなされ昼間の活気ある姿から一変、ロマンティックで幻想的な風景へと変わります。

崇礼門と高層ビル郡

崇礼門と高層ビル郡

image by iStockphoto / 30202118

通称”南大門”とも呼ばれており韓国の国宝第1号として登録されている歴史のある文化財です。
かつて漢城(ハンソン)には都を守る四つの門があり、その中でも一番の規模を誇るのがここ崇礼門です。
2008年の放火事件により木造部分が焼失してしまいましたが、現在は修復されかつての美しい姿を取り戻しています。
今も昔も変わらず都の中にある建物や交通を見守っています。

ソウルの大動脈ソウルメトロ

ソウルの大動脈ソウルメトロ

image by iStockphoto / 66065495

ソウルの地下には複雑な地下鉄網が張り巡らされており時間のロスなく目的地へとたどり着くことができます。
車内が混雑している通勤・退勤時間は戦場ですが、その他の時間であれば快適に乗車することができます。
路線によっては朝早くから深夜まで運行している路線もあり大変便利です。
ときどきカッパや傘を売りに来るおじさんが現れるのもソウルメトロならではの光景です。

東大門ファッションセンター

東大門ファッションセンター

image by iStockphoto / 87997583

東大門市場はファッションの街と呼ばれており、衣料に関する様々な専門店が軒を連ねています。
ボタン専門店から襟のラベル専門店に至るまで色々なお店があり、ここに来ればすべての材料が調達できます。
また店によっても異なりますが、営業時間が夕方から翌朝までといったお店もあり若者たちや観光客で夜遅くまで活気にあふれています。

「ない物はない」明洞ショッピングセンター

「ない物はない」明洞ショッピングセンター

image by iStockphoto / 47332618

韓国ソウルと言えばやはり”明洞ショッピング街”でしょう。
化粧品・エステ・ファッション・雑貨・美味しい食べ物など「ない物がない」と言えるほどの品揃えです。
たくさんのホテルが立ち並ぶ明洞には外国人観光客が多く訪れるため各所に両替店が設けられており、他の場所よりも良いレートで両替できることでも有名です。
夜遅くまで営業しているお店が多いので時間を気にせずショッピングを楽しめます。

王宮の守り人の交代儀式

王宮の守り人の交代儀式

image by iStockphoto / 67723681

朝鮮時代の王宮で門の開閉・警備を担当していた守門軍(スムングン)の交代儀式を再現したのが「王宮守門将交代儀式」です。
ソウル都心の景福宮(キョンボックン)で1日3回行われています。
長さ90センチほどの軍刀を手にした警備の総責任者や行進時に軍楽隊が登場します。
担当任務ごとに服装や装備が異なるので、だれがどんな役割をするのか予習してから見物すればより一層楽しむことができるでしょう。

光化門とヘテ

光化門とヘテ

image by iStockphoto / 58225434

古宮・景福宮の東西南北にある門のうち南側に位置しており正門にあたるのがこの”光化門”(クァンファムン)です。
大きな石を堅固に高く積み上げた基礎の上に木造の楼閣が建てられており、宮廷の門というよりは城壁で囲まれた都市の城門のようにがっしりとした外観です。
門の前には火を食べると言われる想像上の生き物”ヘテ”が向かい合っており都を火の災いから守ったそうです。

さあ、旅に出よう

歴史を感じる旅、異文化を感じる旅、最新のおもてなしに触れる旅。
様々な旅のスタイルがあります。
韓国 ソウルに行く際の10のアイディアはいかがでしたか。
次の旅のヒントにしてください。
photo by iStock