ドイツ・ベルリンに行くならここ!観光アイディアになるおすすめスポット10選

次の旅行先に、旅行のテーマ、いつも悩みますよね。憧れのホテル、美味しい現地グルメ、異文化との交流。旅行には非日常が溢れています。本日は、人気の都市のおすすめスポットや体験をまとめてみました。ドイツ・ベルリンでの観光・旅行プランのアイディアを10選お届けします。次の旅のヒントが見つかりますように。

ベルリンを見守り続けるブランデンブルグ門

ベルリンを見守り続けるブランデンブルグ門

image by iStockphoto / 72968685

砂岩から造られたというこの荘厳な門は、ベルリンの東西分断を今に伝える歴史的建造物です。
ベルリンのシンボルとしてもよく知られています。
設計をしたのは、建築家カール・ゴットハルト・ラングハンス。
1788年~1791年には、かつてドイツ北部からポーランド西部にかけてを治めたプロイセン王国の凱旋門でもありました。

博物館島(ムゼウムスインゼル)にあるボーテ美術館

博物館島(ムゼウムスインゼル)にあるボーテ美術館

image by iStockphoto / 89786287

1904年に開館したボーテ美術館です。
惜しくも第二次世界大戦で破壊されてしまいましたが、見事修復され、2006年に再び全面開館されました。
1904年の開館当初には、ドイツ皇帝フリードリヒ三世にあやかって、カイザー=フリードリヒ博物館と呼ばれていたそうです。
美しい外観もさることながら、エントランスホールや階段、丸天井など、精緻な意匠が目を引く館内も見ごたえ抜群です。

ガラスドームが見事なドイツ連邦議会議事堂

ガラスドームが見事なドイツ連邦議会議事堂

image by iStockphoto / 90675759

建築家ノーマン・フォスターが手がけたガラスドームを見られることでも有名な、ドイツ連邦議会議事堂です。
事前予約をすれば内部見学も可能とあって、ベルリンを訪れる多くの観光客の人気を集めています。
1933年にあった不審火により燃えてしまいましたが、1999年に修復され現在に至ります。
その後、ドイツ連邦議会の議場が置かれました。

ベルリンの街並みに溶け込むベルリンテレビ塔

ベルリンの街並みに溶け込むベルリンテレビ塔

image by iStockphoto / 32992504

ベルリンはミッテ区に佇むベルリンテレビ党です。
ブランデンブルグ門とともに、観光名所として知られています。
高い人気を誇っているため、日中は見学客が長い行列を作っていることも多いです。
時間帯によっては予約も可能なため、混雑や行列を避けたい人は事前に手配しておくのもおすすめです。
ベルリンのランドマークだけあって、市街地のどこからでもその姿を眺められます。

ベルリンでサンバを堪能!カーニバル・オブ・カルチャー

ベルリンで毎年6月に開かれている人気の屋外イベント、カーニバル・オブ・カルチャーです。
1966年から続く一大フェスで、世界各国から多くの人々が訪れます。
会場となるクロイツベルクエリアを中心に数えきれないほどの屋台が並び、洋の東西を問わないグルメはもちろん、洋服や雑貨といった土産物までウインドウショッピングを楽しみながら購入できます。

ベルリン東駅のプラットフォーム

ドイツの首都ベルリンはフリードリヒスハイン=クロイツベルク区にあるベルリン東駅のプラットフォームです(1842年開業)。
2006年にベルリン中央駅が登場するまでは、同市内の長距離列車の主要ターミナルとして多くの人に活用されていました。
繁華街もない静かな場所でしたが、昨今では周辺の再開発も進められてはじめています。

優美な佇まいのベルリン大聖堂

優美な佇まいのベルリン大聖堂

image by iStockphoto / 76348731

高さ114mの天蓋を有する大聖堂です。
この天蓋には270段の階段が備えられていて、実際に上がって見学することができます。
ドイツ皇帝ヴィルヘルム1世をはじめ、王家に縁のある人々が眠る墓碑を持つことでも知られています。
かつては戦争による破壊の痕跡が残っていましたが、現在は再建され優美な姿を人々に見せています。

ドイツ初代皇帝を称えるカイザー・ヴィルヘルム記念教会

ドイツ初代皇帝を称えるカイザー・ヴィルヘルム記念教会

image by iStockphoto / 93055343

ドイツの初代皇帝ヴィルヘルム1世の追悼のために建てられたロマネスク様式の教会で、ヴィルヘルム皇帝記念教会とも称されます。
現在は時計台・記念ホールとしての役割を果たしていて、教会としては同じ敷地内に建つ新教会が使われています。
モダニズム建築の新教会は、その佇まいからリップスティックと呼ばれることもあるそうです。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の拠点、ベルリン・フィルハーモニー

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の拠点、ベルリン・フィルハーモニー

image by iStockphoto / 91232011

ハンス・シャロウンにより設計された、五角形の建物が印象的なコンサートホールです。
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が定期演奏を行う本拠地として知られています。
かつてはベルンブルガー通りにありましたが、1963年に現在のホールが竣工しこちらが使われるようになりました。
旧ホールの跡地は現在は公園として使われています。

勝利の女神ヴィクトリアが佇むベルリン戦勝記念塔

 勝利の女神ヴィクトリアが佇むベルリン戦勝記念塔

image by iStockphoto / 72056133

ドイツ・ベルリンはティーアガルテンに佇む、高さ67mの石塔です。
塔の頂上には、黄金色が眩い勝利の女神・ヴィクトリアが座しています。
デンマーク戦争勝利を記念して建てられたもので、285段の螺旋階段を上れば展望台へ上がることができます。
第二次世界大戦の爪痕として、弾痕や焦げ跡などが至る所で見受けられます。

さあ、旅に出よう

歴史を感じる旅、異文化を感じる旅、最新のおもてなしに触れる旅。
様々な旅のスタイルがあります。
ドイツ・ベルリンに行く際の10のアイディアはいかがでしたか。
次の旅のヒントにしてください。
photo by iStock