リオデジャネイロに行くならここ!観光アイディアになるおすすめスポット10選

次の旅行先に、旅行のテーマ、いつも悩みますよね。憧れのホテル、美味しい現地グルメ、異文化との交流。旅行には非日常が溢れています。本日は、人気の都市のおすすめスポットや体験をまとめてみました。ブラジル リオデジャネイロでの観光・旅行プランのアイディアを10選お届けします。次の旅のヒントが見つかりますように。

ダイナミックで美しい景色に感動!ポン・ヂ・アスーカル

ダイナミックで美しい景色に感動!ポン・ヂ・アスーカル

image by iStockphoto / 34943282

その形が砂糖パンに似ているところから「ポン・ヂ・アスーカル(英語ではシュガーローフ)」と呼ばる岩山。
リオデジャネイロ南東、グアナバラ湾の西側に位置します。
頂上からはコルコバードの丘を含むリオの素晴らしい眺めを堪能できますが、特に早朝と夕刻の美しさは息をのむほどです。
岩山へ登るためのケーブルカーはガラス張りで、乗車中も景色を楽しむことができます。

青い海、白い砂浜!ブラジルで有名な海岸、コパカバーナ

青い海、白い砂浜!ブラジルで有名な海岸、コパカバーナ

image by iStockphoto / 41761568

リオデジャネイロの南東部に位置するコパカバーナ海岸は約3kmあり、隣接するレーメ海岸と合わせると4.3kmもの真っ白な砂浜のビーチが続きます。
年間を通して世界各国からの観光客で賑わっていますが、特に大花火大会が開催される大晦日には250万人が集まると言われていて、エキサイティングなカウントダウンを味わえます。
花火がビーチ一面を埋めつくす様子は圧巻の一言です。

その姿はまるでUFO?ニテロイ現代美術館

その姿はまるでUFO?ニテロイ現代美術館

image by iStockphoto / 55056550

ブラジルが誇る世界的な建築家、オスカー・ニーマイヤーが設計した現代美術館。
リオデジャネイロ郊外のニテロイにあり、その外観は花をイメージして造られたそうですが、UFO美術館と呼ぶ人もいるそうです。
主にブラジルで活躍するアーティストの作品が展示されており、360度が見渡せる展示室からはポン・ヂ・アスーカルやリオデジャネイロの街を楽しめます。

ブラジルのランドマーク!コルコバードのキリスト像

リオデジャネイロにある標高710mのコルコバードの丘。
頂上からは、コパカバーナ海岸やイパネマ海岸など美しい海岸線に囲まれた「世界三大美港」の一つとされるグアナバラ湾を臨むことができ、その絶景は2012年に世界遺産に登録されています。
頂に立つキリスト像は、ブラジル独立100周年を記念して1931年に建てられたもので、リオデジャネイロのシンボルとなっています。

200年以上の歴史を持つブラジル一の植物学研究所、リオデジャネイロ植物園のヤシ並木

200年以上の歴史を持つブラジル一の植物学研究所、リオデジャネイロ植物園のヤシ並木

image by iStockphoto / 39593452

リオデジャネイロの南部にある植物園。
ブラジル原生の植物と外国の熱帯・亜熱帯植物を合わせ樹木約6000種がが栽培されていて、絶滅危惧種に指定されている希少な植物もあります。
園内では貴重な動物の姿も多くあり、ブラジルが持つ豊かな自然をここで見ることができます。
植物園に続く750メートル続くの背の高いヤシの木の並木道は見どころの1つです。

32?の広さを誇る世界最大級の都市森林、チジュカ国立公園の滝

32?の広さを誇る世界最大級の都市森林、チジュカ国立公園の滝

image by iStockphoto / 26433822

リオデジャネイロから車で30分ほど走ったところにある国立公園。
世界遺産である「リオデジャネイロ、山と海との間のカリオカの景観群」に含まれています。
大西洋熱帯雨林をそのまま公園化しており、その広さは世界最大級の規模を誇ります。
園内はハイキングコースが整備されていて、滝や礼拝堂もありアウトドアスポーツを楽しむこともできます。

リオデジャネイロの絶景夕日スポット、アルポアドール海岸

リオデジャネイロの絶景夕日スポット、アルポアドール海岸

image by iStockphoto / 82881377

個性的なビーチがたくさんあるリオデジャネイロの中で、比較的静かで落ち着いた雰囲気の海岸です。
昔この辺りで行われていた捕鯨に因んで「アルポアドール=捕鯨用の銛を投げる人」という名称になったといわれてます。
朝焼けと夕焼けの美しさは格別で、特にサンセット時にはその場に集まった人々から歓声があがるほどです。
都会からすぐ行けるサーフスポットとしても知られています。

いいとこ取りの美しい折衷様式で造られた、リオデジャネイロ市立劇場

いいとこ取りの美しい折衷様式で造られた、リオデジャネイロ市立劇場

image by iStockphoto / 93533287

リオデジャネイロのセントロ地区中心部にある市立劇場。
シネランディア広場に面していて、ブラジルだけでなく南アメリカの中で重要な劇場の一つとされています。
白い外壁に金色の縁で飾られた豪華な外観もつこの建物は、パリのオペラ座をモデルにしており、特定の様式にとらわれない折衷主義で造られています。
夜にはライトアップされ、昼とは異また違う美しさを見せます。

ブラジルの議会の歴史に触れられる場、チラデンチス宮殿

ブラジルの議会の歴史に触れられる場、チラデンチス宮殿

image by iStockphoto / 97883023

リオデジャネイロ中心部セントロの11月15日広間にあるチラデンチス宮殿は、立法議会が開かれる議会所で、ギリシャ風の円柱の並ぶ美しい建物です。
ブラジル独立運動のきっかけを作った人物のニックネーム「チラデンチス」の名前が付いたこの建物の屋根には、ブラジルの独立を叫ぶドン・ペドロ1世の像と共和制を宣言したテオドロ・ダ・フォンセカの像が立っています。

リオデジャネイロ最古の荘厳な教会、カンデラリア教会

リオデジャネイロ最古の荘厳な教会、カンデラリア教会

image by iStockphoto / 90274673

リオデジャネイで人気のスポットカンデラリア教会。
リオデジャネイロ中心部セントロにあり、その起源は1609年頃と言われていて、カナリア諸島の守護聖人、聖母カンデラリアを祀っています。
外観は堂々としたバロック形式で造られており、内装は改修により新古典主義とネオ・ルネッサンス様式になっています。
内装のフレスコ画は大変美しく、特に豪華な天井の絵画は訪問者の目を奪います。

さあ、旅に出よう

歴史を感じる旅、異文化を感じる旅、最新のおもてなしに触れる旅。
様々な旅のスタイルがあります。
ブラジル リオデジャネイロに行く際の10のアイディアはいかがでしたか。
次の旅のヒントにしてください。
photo by iStock