長崎に行くならここ!観光アイディアになるおすすめスポット10選

次の旅行先に、旅行のテーマ、いつも悩みますよね。憧れのホテル、美味しい現地グルメ、異文化との交流。旅行には非日常が溢れています。本日は、人気の都市のおすすめスポットや体験をまとめてみました。長崎での観光・旅行プランのアイディアを10選お届けします。次の旅のヒントが見つかりますように。

坂の街・長崎

坂の街・長崎

image by iStockphoto / 30607016

長崎県は九州でも屈指の観光県です。
鎖国をしていた江戸時代に唯一、他国との交易を認められた土地・出島があったため中国やヨーロッパの文化も、生活に根付いています。
異国情緒を感じられる長崎は、その地形から坂の街としても知られています。
住宅地が山に沿って隙間なく建てられている様は、とても美しく絵になります。
思わずカメラを向けて今います。
車が通れない細い坂道をのんびり歩いてみると、あちこちに歴史の足跡を見つけることができますよ。

オランダ坂の住所・アクセスや営業時間など

名称 オランダ坂
住所 長崎県長崎市東山手町
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.nagasaki-tabinet.com/detail/index_105.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

長崎の観光地と言えば、の「眼鏡橋」

長崎の観光地と言えば、の「眼鏡橋」

image by iStockphoto / 29016110

長崎の観光ガイドなどでよく見られる眼鏡橋は、長崎の市街地にあります。
日本初のアーチ式の石橋として有名で、水面にその姿が映ると綺麗な円が2つ並びます。
そこから眼鏡橋と呼ばれるようになったそうです。
川面に近いところまで下りられるので、橋を下から観察するのもいいですね。
護岸壁には、ハートの形をした石が埋め込まれているのを知っていますか?見つけられると幸せになれると言われ、パワースポットとしても人気があります。

眼鏡橋の住所・アクセスや営業時間など

名称 眼鏡橋
住所 〒850-0874 長崎県長崎市魚の町
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.nagasaki-tabinet.com/detail/index_95.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

長崎での移動は路面電車

長崎での移動は路面電車

image by iStockphoto / 31850178

長崎観光での移動は、路面電車がとても便利です。
点在する観光地はほぼカバーされていて、乗り放題のチケットを購入するとお得に便利に観光地巡りができます。
乗り放題用のスマホアプリまであるんですよ。
路面電車の車両は、いろいろな種類が走っており、一番古い車両は昭和50年製とか。
内装などもそのまま使っているものもあるので、レトロ感を楽しめます。
同じく路面電車が生活に根付いている、広島の「広島電鉄」と共同で快適に乗れる新型車両の開発も行っているそうです。

長崎電気軌道の住所・アクセスや営業時間など

名称 長崎電気軌道
住所 長崎市内
営業時間・開場時間 7:00-22:00
利用料金や入場料 120円
参考サイト http://www.naga-den.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

長崎孔子廟

長崎孔子廟

image by iStockphoto / 31494410

「論語」で知られる孔子を祀った孔子廟は、長崎市の山手地区と呼ばれる場所にあります。
明治に建てられたもので、中には72賢人像が並び、中国の宮廷文化に関する展示を行う博物館も併設されています。
赤を基調にした煌びやかな場所で、台湾などのガイドブックでよく見られれる長い線香で孔子を参拝することができます。
スタッフが教えてくれる、独特のお参り方法で異国文化を感じてみては。
ちなみにすぐ後ろには「東山手洋風住宅群」という、明治時代に建てられた洋館が立ち並ぶ観光地があります。
中国文化と西洋文化がすぐ近くにあるのも、長崎ならではの光景です。

長崎孔子廟の住所・アクセスや営業時間など

名称 長崎孔子廟
住所 〒850-0918 長崎県長崎市大浦町10-36
営業時間・開場時間 8:30~17:30
利用料金や入場料 大人600円 高校生400円 中・小学生300円
参考サイト http://nagasaki-koushibyou.com/nagasaki-confucius-temple.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

日本最古の教会・大浦天主堂

日本最古の教会・大浦天主堂

image by iStockphoto / 25567551

グラバー園のすぐ隣にある石造りの教会です。
天主堂とは、天主教(ローマカトリック教)の教会のこと。
江戸時代末期に、居留地に住む外国人のために建てられたもので、豊臣秀吉によって処刑されたキリシタン「日本二十六聖人」に捧げられたと言われています。
内部は豪華な美しいステンドグラスが飾られていて、100年以上前の古いものもあるそうです。
建物が建てられてすぐに、いわゆる「隠れキリシタン」が訪れ、世界でも珍しい「信徒発見」の舞台となったことでも有名な地です。

大浦天主堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 大浦天主堂
住所 http://www1.bbiq.jp/oourahp/
営業時間・開場時間 8:00-18:00
利用料金や入場料 “大人 600 円 中高生 400 円 小学生 300円”
参考サイト http://www1.bbiq.jp/oourahp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

世界有数の美しい夜景

世界有数の美しい夜景

image by iStockphoto / 60476532

「夜景サミット2012in長崎」において、「世界新三大夜景」に認定された、長崎の夜景。
もっともポピュラーなスポットが、稲佐山の頂上にある展望台です。
ロープウェイを登って、日没を待つと、夕日が沈むとともに街の灯りがポツリポツリと付き始めます。
長崎市街地から海辺の工業地帯まで繋がる光の帯は、美しいの一言。
大浦展望公園や、鍋冠山など長崎市内には夜景スポットが数多くあります。
「トワイライトタイム」と言われる日没30分後が一番夜景の綺麗な時間だそうですよ。

平和公園・平和祈念像

広島に続いて、被爆都市となった長崎。
その惨状について展示している「長崎原爆資料館」のほど近くにあるひらけた公園が「平和公園」です。
爆発によってすべての建物が消滅した地域で、公園の北隅に建てられているのが「平和祈念像」です。
北村西望作で、高くまっすぐ挙げた右手は原爆の脅威を、水平に伸ばした左手は平和を表しているそうです。
被爆10周年にあたる昭和30年に完成しました。
現在でも献花が絶えず、戦争というものの罪深さを深く考えさせられる場所です。

平和公園(平和祈念像・平和の泉)の住所・アクセスや営業時間など

名称 平和公園(平和祈念像・平和の泉)
住所 長崎県長崎市松山町 平和公園内
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.city.nagasaki.lg.jp/heiwa/3030000/3030100/p005151.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

世界遺産・軍艦島

 世界遺産・軍艦島

image by iStockphoto / 34391830

平成27年に、「明治日本の産業革命遺産」の一つとして世界遺産に登録された軍艦島は、海上から見た姿が軍艦に見えたことからその名で呼ばれるようになりました。
正式な名称は「端島」といい、昭和49年まで「端島炭鉱」で働く人々が暮らす島でした。
最盛期は、5000人以上が暮らしており、日本初の鉄筋コンクリートで作られた集合住宅が林立していました。
閉山後は、無人島となり現在も建物のほとんどが残っています。
風化が進み、崩れ草木が生えたその姿は「廃墟」としてとても魅力的で、多くの観光客が訪れています。
保護のため、立ち入りはツアーのみとなっています。
ツアーでの航路には、「小菅修船場跡」や「三菱長崎造船所」など、一緒に世界遺産に登録された数々の施設を見ることができます。

端島(軍艦島)の住所・アクセスや営業時間など

名称 端島(軍艦島)
住所 851-1315 長崎県長崎市高島町端島
営業時間・開場時間 ツアーによる
利用料金や入場料 ツアーによる
参考サイト http://www.at-nagasaki.jp/gunkan/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ランタンフィスティバル

長崎には「長崎新地中華街」という中華街があります。
居留地時代からこの地に住む人々が、中国の旧正月(春節)を祝う行事として始めたのが「ランタンフィスティバル」です。
15日間にわたり開催されるこのお祭りには、たくさんの観光客が訪れます。
見どころは初日の点灯式。
夕方に行われ、ランタン約1万5000個に一斉に点火します。
幻想的な極彩色のランタンは、見る者を圧倒します。
龍踊りや獅子舞なども人気のあるアトラクションです。

冬・長崎ランタンフェスティバルの住所・アクセスや営業時間など

名称 冬・長崎ランタンフェスティバル
住所 長崎市新地中華街、観光通りアーケード、中央公園 他
営業時間・開場時間 会期 2018年:2月16日(金)~3月 2日(金)2019年:2月 5日(火)~2月19日(火)2020年:1月25日(土)~2月 8日(土)/ 時間 17:00-22:00 金土23:00まで
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.at-nagasaki.jp/festival/lantern/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

長崎の味・ちゃんぽん

長崎の味と言えば、長崎ちゃんぽん。
「ごちゃ混ぜにする」という意味が語源とも言われます。
たくさんの具材を炒め、豚骨と鶏ガラでとったスープと「唐あく」と呼ばれる長崎独特のかん水を使用した麺を入れて煮た料理で、ラーメンとは一線を画します。
つるつるとなめらかな舌触りの麺と、炒めた具材のエキスもたっぷり入ったスープの味はやみつきになること間違いなし。
長崎市内には専門店がたくさんあり、揚げた麺にあんかけをかけた「皿うどん」と共にソウルフードとして愛されています。

永楽苑の住所・アクセスや営業時間など

名称 永楽苑
住所 長崎県長崎市江戸町1-8
営業時間・開場時間 11:30~14:30/17:30~20:30 (定休日:不定休 )
利用料金や入場料 ちゃんぽん 800円/しいたけ肉そば 580円
参考サイト http://find-travel.jp/article/1182
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

さあ、旅に出よう

歴史を感じる旅、異文化を感じる旅、最新のおもてなしに触れる旅。
様々な旅のスタイルがあります。
長崎に行く際の10のアイディアはいかがでしたか。
次の旅のヒントにしてください。

photo by iStock