シカゴに行くならここ!観光アイディアになるおすすめスポット10選

次の旅行先に、旅行のテーマ、いつも悩みますよね。憧れのホテル、美味しい現地グルメ、異文化との交流。旅行には非日常が溢れています。本日は、人気の都市のおすすめスポットや体験をまとめてみました。アメリカ合衆国・シカゴでの観光・旅行プランのアイディアを10選お届けします。次の旅のヒントが見つかりますように。

アメリカ3大都市のひとつ、シカゴ

アメリカ3大都市のひとつ、シカゴ

image by iStockphoto / 86759789

シカゴは、五大湖のひとつミシガン湖に面したイリノイ州最大の都市です。
人口は約272万人で、アメリカ3大都市のひとつです。
ニューヨーク、ロサンゼルスのように馴染みはないけれど、中西部の中心地だけあって見所はたくさんあります。
摩天楼の発祥の地といわれており、多くの高層ビルが建ち並んでいます。
ビル群と青い空、ミシガン湖の青の対比がとても美しいです。
また、ミシガン湖からの季節風が吹き付けることから「Windy City(風の街)」とも呼ばれていますが、それほど強い風が吹いている訳ではありません。

シカゴの住所・アクセスや営業時間など

名称 シカゴ
住所 アメリカ合衆国イリノイ州クック郡, デュページ郡シカゴ市
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.cityofchicago.org
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アメリカNo.2の高さからの眺め

アメリカNo.2の高さからの眺め

image by iStockphoto / 75498621

アメリカで2番目に高い高層ビル「ウィリス・タワー」。
地上110階、地下3階。
以前は「シアーズ・タワー」という名称でしたが、2009年にウィリス・グループが命名権を取得して現在の名称になりました。
103階にある展望台「スカイデッキ・シカゴ」からの眺めがおすすめです。
見渡す限りの地平線で、アメリカ大陸を実感できる素晴らしい眺めです。
高い所が平気な人はスカイデッキから突き出ている透明な展望室「ザ・レッジ」もぜひ体験してください。
103階なのに床が透明で、宙に浮いているような感覚が味わえます。

高層ビルから飛び降りるような感覚

高層ビルから飛び降りるような感覚

image by iStockphoto / 14531696

ウィリス・タワーと並ぶ、シカゴを代表する高層ビル「ジョン・ハンコック・センター」。
通称ビッグ・ジョン。
94階が展望室になっています。
この展望室でぜひ体験したいのが、人気アトラクションの「ザ・ティルト」。
外に向ってガラス窓に張り付くように立つと床が前方に30度傾きます。
まるでビルから飛び降りる寸前のようなスリリングな体験ができます。
日中は混雑していますので、並ばす体験したい時は早朝に訪れるとよいでしょう。

独創的!芸術的!アートと建築が楽しめる公園

独創的!芸術的!アートと建築が楽しめる公園

image by iStockphoto / 60046382

「ミレニアム・パーク」は、公園といってもただの公園ではありません。
まるでギャラリーです。
このミレニアム・パークのシンボルといわれているのが「クラウド・ゲイト」。
豆のように見えることから通称「ザ・ビーン」と呼ばれています。
とても大きなステンレス製のオブジェで、曲線のラインに周りの景色が映り込み、不思議な模様をみせてくれます。
他に、スタイリッシュな屋外劇場「ジェイ・ブリツカー・パビリオン」や、顔が映し出される面白い噴水「クラウン・ファウンテン」は必見です。

まるでトウモロコシ

まるでトウモロコシ

image by iStockphoto / 56152768

ダウンタウンで目をひくのが「マリーナ・タワー」と呼ばれる2つのマンション棟。
その姿はまるで2本のトウモロコシのよう。
珍しい円柱型のビルは、19階までがらせん状の駐車場となっており、外からは車が丸見えで、落ちてしまうのではないかとドキドキしてしまいます。
マリーナ・タワーのある一体はマリーナ・シティといい、スーパーや病院、シアターなどあらゆるものが揃っていて、このシティの中だけで十分生活ができるように造られています。

大人気博物館のちょっと不気味な展示物

大人気博物館のちょっと不気味な展示物

image by iStockphoto / 12977211

「シカゴ科学産業博物館」は、全米第2位の入館者数を誇る人気の博物館。
体感型の展示が多いのが人気の理由です。
ここの目玉は、第二次世界大戦で使用されたドイツの潜水艦Uボート(U-505)。
大きさに圧倒されます。
実際に乗り込むこともできます。
また、一番人気の展示は「人体の輪切り」。
人体のさまざまな部分が薄くスライスされて展示されています。
ちょっと不気味ですがここでしか見られないものなので、興味のある方はぜひ見ておくといいでしょう。

名作が揃っているシカゴ美術館

名作が揃っているシカゴ美術館

image by iStockphoto / 78091661

「シカゴ美術館」はアメリカ3大美術館のひとつで、シカゴに来たら必見といわれてます。
とても広く、たっぷりと時間をとって訪れたいです。
時間のない時は、入館前に見たい作品をピックアップしておくと良いでしょう。
スーラの『グランド・ジャット島の日曜日の午後』やゴッホの『アルルの寝室』など、美術に興味のない人でも、教科書で見て知っている作品が多数展示されてます。
また、地下に展示されているミニチュアはとてもかわいらしく、特に女性に人気です。

湖上からシカゴを眺めよう

湖上からシカゴを眺めよう

image by iStockphoto / 97667773

シカゴが面する湖、五大湖のひとつミシガン湖。
海のような大きな湖にはいくつものビーチや公園があります。
またビーチバレーなどのアクティビティもたくさんありますが、おすすめはクルーズ。
高層ビル群を湖上から見ると、またひと味違うシカゴが見られます。
ガイドが建築物の説明をしてくれるクルーズや、ショーなどを見せてくれるランチクルーズもあります。
ロマンティックな雰囲気を味わいたい時はディナー・クルーズがおすすめ。
夜景が美しいです。

数々の映画の舞台

数々の映画の舞台

image by iStockphoto / 31263344

数々の映画の舞台になっているシカゴでは、ロケ地めぐりも楽しいです。
大ヒットした映画『アンタッチャブル』のラストシーンが撮影された「ユニオン駅」の大階段はとても人気があります。
転がり落ちそうな乳母車を片足で止めながら銃撃するシーンが蘇ってきます。
またシカゴ先物取引所のビルも何度も登場しました。
この映画のロケ地を巡る「アンタッチャブルツアー」というのもあります。
この他、市内を走る高架鉄道の高架下は、カーチェイスシーンの撮影によく使われます。

とにかく美しい夜景

とにかく美しい夜景

image by iStockphoto / 85719333

シカゴに滞在するなら絶対に外せないのが「夜景」。
都市ならではの美しさが堪能できます。
高層ビルの展望台からの眺めは、まさに宝石をちりばめたようにキラキラと輝いています。
19世紀後半に起きたシカゴ大火災をきっかけに、街は碁盤の目状にきれいに整備されているので、まっすぐに伸びる道路とビル群の灯りには目を奪われます。
360度の夜景が楽しめるウィリス・タワーが特におすすめです。
また、シカゴ川やミシガン湖の水面に摩天楼の灯りが映し出される景色も絶景といえます。

さあ、旅に出よう

歴史を感じる旅、異文化を感じる旅、最新のおもてなしに触れる旅。
様々な旅のスタイルがあります。
アメリカ合衆国・シカゴに行く際の10のアイディアはいかがでしたか。
次の旅のヒントにしてください。

photo by iStock