稀代の革命家ナポレオンを生んだ「フランス・アジャクシオ」の観光スポット5選

フランス・アジャクシオ、地中海西部の島・コルシカ島のコルス=デュ=シュド県に属する街。県の県庁所在地であるこの街は稀代の革命家・ナポレオンが生まれた場所であり、街中にはナポレオンに関係する名所、自然が作り出した絶景を見られるポイントが多数。今回はナポレオンを生まれ故郷であり風光明媚な街でもあるアジャクシオの観光スポットを見ていきましょう。

ナポレオンの勝利を称える「ナポレオン像」

ナポレオンの勝利を称える「ナポレオン像」

image by iStockphoto / 88860165

市の中心部から徒歩20分ほどの「オーステルリッツ広場」にあるナポレオン像。
数々の戦いに勝利したナポレオンの功績を称え建設されたもので、像は広場を進んだ奥の小さなピラミッドの上にあります。
左右に置かれた石像には鷲の像(フランス帝国の紋章にデザインされていた)が置かれており、左側にナポレオンの生まれた年(1769)、右側に亡くなった年(1821)が刻まれています。

image by iStockphoto / 18665077

image by iStockphoto / 6896595

まず向かったのはPlace d’Austerlitz(オーステルリッツ広場)。
ここって町の中心地からもちょっぴり離れてるんです。
なんでここに来たかったかと言うと・・・・これ↓が見たかったから!↑ピレミッド状の階段の上に立つナポレオン像ナポレオンの勝利を称えて建てられたみたい。
数あるアジャクシオのナポレオン像の中でも圧巻やったかも!!向かって左側の柱みたいなんには生まれた年 (1769)、右側のには亡くなった年(1821)が刻まれてましたよ。
Juuust chillin out!!より

ドゴール広場の住所・アクセスや営業時間など

名称 ドゴール広場
住所 Place du G?n?ral de Gaulle, 20169 Ajaccio
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.ajaccio-tourisme.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

島で最も美しい観光地「パラタ岬」

島で最も美しい観光地「パラタ岬」

image by iStockphoto / 69401305

グラヴォナ川河口とともにアジャクシオの街を囲んでいる岬。
国の自然保護地区に指定されている自然遺産で、アジャクシオ、コルシカ島全体で最も美しい観光地として有名。
ナチュラ2000(欧州委員会が制定する自然保護地区のネットワーク)への加入や「オペレーション・グランド・サイト(景勝地開発の際に与えられる憲章)」指定など、環境保護や観光体制強化に力を入れるスポットでもあり、近くにあるサンギネール諸島の姿も見られます。

image by iStockphoto / 70600403

パラタ岬(La Parata) : サンギネール諸島とパラタ岬はアジャクシオ、さらにはコルシカ島全体でも最も美しい観光地のひとつに数えられます。
自然保護地区であり、国の大事な自然遺産として、欧州委員会が制定するナチュラ2000(陸地および海洋の自然環境を保護し、 生物の多様性を保全するための保護地域のネットワーク)にも加わっています。
パラタ岬は大々的な景勝地の持続可能な開発に向けて与えられる憲章「Operation Grand Site」も与えられており、今後、更に多くのビジター来訪を試み、観光受け入れ体制を整える事業に力が入れられています。
フランス観光開発機構より

Tour de la Parataの住所・アクセスや営業時間など

名称 Tour de la Parata
住所 Pointe de la Parata, 20000 Ajaccio, France
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.ajaccio-tourisme.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ナポレオンが洗礼を受けた「ノートルダム教会」

ナポレオンが洗礼を受けた「ノートルダム教会」

image by iStockphoto / 7142444

1577年から1593年にかけて建設されたローマ・カトリック教会で、入口に設けられたバロック様式の黄土色ファサード(建物の正面部分)が特徴的。
カトリック教徒として2回目の誕生日を迎えようとしていたナポレオンが洗礼を受けた場所(1771年6月21日)でもあり、街の歴史を語るうえで重要な教会とされています。
また大聖堂の目の前には青く美しい海が広がっており、堂内鑑賞の前後にぜひ見ておきたいところ。

image by iStockphoto / 1468130

ナポレオンの生家から程近い、海がすぐの教会。
ここはナポレオンが生後、洗礼を受けた教会ということで生家と一緒に訪れました。
中は中規模ながら、立派なパイプオルガンがあり、入ってすぐ左側の壁画が有名なようで多くの旅行者が写真を撮っていました。
tripadvisorより

image by iStockphoto / 53457832

海に面したとても明るい広場にある教会。
中を少し見学した後は、隣にあるカフェでお茶を飲みながら教会の鐘を聞いていました。
地元の若者、子供たちもたくさんいて地元民憩いの場という感じでした。
tripadvisorより

Paris, Banks of the Seineの住所・アクセスや営業時間など

名称 Paris, Banks of the Seine
住所 6 Parvis Notre-Dame, Place Jean-Paul II 75004 Paris
営業時間・開場時間 8:00-18:45
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.notredamedeparis.fr/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ナポレオン記念館もある「フォック広場」

ナポレオン記念館もある「フォック広場」

image by iStockphoto / 43307864

アジャクシオの市庁舎の前にあるやしの木に囲まれたフォック広場。
広場周辺にはカフェなどの飲食店やプティトラン(街中を走る観光用の小さい列車)乗り場があり、噴水には第一帝政時代(1804年 ~1814年)のナポレオンと4匹のライオン像が設置されています。
近くにある市庁舎は2階部分がナポレオン記念館として一般公開されており、彼の出生証明書やデスマスクの複製などの展示も。
歴史的な品をぜひ見に行ってみては

image by iStockphoto / 72741935

コルス島アジャクシオの市庁舎の前に、フォック広場(La place Foch)があります。
やしの木に囲まれたこじんまりとした広場です。
広場の回りにはカフェをはじめとする飲食店や観光用のプティトランの乗り場もあります。
広場内には噴水があり、そこに、第一帝政時代のボナパルト将軍と4匹のライオンの像があります。
いつでも無料で見学できるエリアですので、市庁舎2階のナポレオン家のサロンの見学の際やお散歩の際に、寄られても良いと思います。
おフランスの魅力より

La place Fochの住所・アクセスや営業時間など

名称 La place Foch
住所 La place Foch, 20000 Ajaccio France
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://fr.wikipedia.org/wiki/Place_Mar%C3%A9chal-Foch
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

入り江や断崖が美しい世界遺産「ポルト湾」

入り江や断崖が美しい世界遺産「ポルト湾」

image by iStockphoto / 94899567

アジャクシオとオート=コルス県の街・カルヴィの間にある湾で、1983年に「ピアナのカランケ、ジロラータ湾、スカンドーラ自然保護区を含むポルト湾」として世界遺産登録された自然遺産。
湾一帯には入り江や赤い花崗岩(かこうがん)の断崖が残っており、ここからコルシカを囲む青く美しい海を眺めることができます。
自然が作り出した絶景を目にして、心を洗われる体験をしてみては。

image by iStockphoto / 66613237

image by iStockphoto / 83463643

「ピアナのカランケ」「ジロラータ湾」「スカンドーラ自然保護区」はいずれもリアス式海岸で、コルシカ島は火山活動によって山から流出してきた赤みを帯びた花崗岩が複雑な島の形を形成したもの。
保護区や湾に面した町ピアナで見られる赤みを帯びた奇岩群の独特の景観と、美しい珊瑚礁のコントラストは多くの人に感動と潤いを与え続けています。
世界遺産オンラインガイドより

Golfe de Porto ポルト湾の住所・アクセスや営業時間など

名称 Golfe de Porto ポルト湾
住所 La Corse France
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%83%88%E6%B9%BE
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

英雄の残した軌跡をたどって

銅像や洗礼を受けた大聖堂、記念品が残る博物館と、ナポレオンゆかりのスポットが多いこの街は、歴史好きはぜひ見ておきたいところ。
英雄の足跡をたどりながら自然の絶景に心奪われる、アジャクシオに行った際はそんな旅はいかがでしょうか。
photo by iStock