白夜の古都を散策しよう!ロシア・サンクトペテルブルグのオススメスポット10選

18世紀、ロシア帝国初代皇帝となったピョートル大帝により作られ、長い間ロシア帝国の首都として栄えたロシア・サンクトペテルブルグ。時代と共に名前を変えるなどロシアの歴史に名を刻むのこの都市は現在ではモスクワに次ぐロシア第2の都市として多くの観光客が訪れる運河と古い建物が印象的な美しい都市となっています。北のヴェネツィアとも呼ばれるサンクトペテルブルグの観光に訪れるべきオススメスポットをご紹介いたします。

エカテリーナ2世のコレクション

エカテリーナ2世のコレクション

image by iStockphoto / 18753378

ロシア第8代皇帝エカテリーナ2世が収集した様々な美術品を展示したことを起源とするエルミタージュ美術館。
5つの建物からなり、本館の冬宮は元々王宮として使用されていました。
15世紀レオナルド・ダ・ヴィンチなどの宗教画や近代の印象派作品など絵画に詳しく無い方でも一度は目にしたことがある有名な作品が展示されています。

エルミタージュ美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 エルミタージュ美術館
住所 Palace Square, 2, St Petersburg, ロシア 190000
営業時間・開場時間 10時30分~18時 水曜日20時まで。 (現地時間)
利用料金や入場料 大人:300ルーブル
参考サイト http://www.hermitagemuseum.org/wps/portal/hermitage/?lng=ja
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ピョートル大帝の夏宮殿

ピョートル大帝の夏宮殿

image by iStockphoto / 3765980

サンクトペテルブルグ郊外の避暑地ツァールスコエ・セローにあるエカテリーナ宮殿は第2代ロシア皇帝エカテリーナ1世が夏を過ごす離宮として建設されました。
その後増改築を行い壮大なロココ調建築の大宮殿が完成しました。
宮殿内の1室はその装飾すべてが琥珀で出来ている琥珀の間があります。
第2次大戦中に一度失われましたが約20年の復元作業を経て2003年に完全に復元しています。

エカテリーナ宮殿の住所・アクセスや営業時間など

名称 エカテリーナ宮殿
住所 Garden St, 7, Pushkin, Saint Petersburg, ロシア 196601
営業時間・開場時間 現地時間 10~18時(5/1~4/30) 入場17時まで。個人5~9月10~12時/16~18時(入場17時まで) 定休日:火曜、毎月最終月曜
利用料金や入場料 大人:320ルーブル、 エカテリーナ宮殿のみの入場料。施設、特別展等により、各料金設定有。
参考サイト http://www.tzar.ru/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

元夏の宮殿

元夏の宮殿

image by iStockphoto / 88051755

冬宮殿と同じロココ調のエカテリーナ宮殿が建設されるまでの間、夏宮殿として利用されていたのがペテルゴフ宮殿です。
サンクトペテルブルグから約30kmの郊外にあるペトロドヴォレツにあり広大な敷地と100以上もの噴水が有名です。
ピョートル1世時代に建設されエカテリーナ宮殿が建設されるまでの間この宮殿が夏の避暑に使用されていました。

ペテルゴフ宮殿の住所・アクセスや営業時間など

名称 ペテルゴフ宮殿
住所 Razvodnaya ulitsa, 2, St Petersburg
営業時間・開場時間 9:00-22:00
利用料金や入場料 (大人) 550ルーブル (学生) 300ルーブル
参考サイト http://www.peterhof.ru
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アレクサンドル2世の弔う教会

アレクサンドル2世の弔う教会

image by iStockphoto / 72242521

血の上の救世主教会と呼ばれロシア帝国の悲劇の歴史を今に残す正式名称ハリストス復活大聖堂。
1881年、農奴開放などの大改革を行い「開放皇帝」と呼ばれた皇帝アレクサンドル2世はこの地でテロにより殺害されてしまいました。
その悲劇を弔うロシア正教の教会として建設されたこの建物の内側には、キリスト教の悲劇的な要素の強いモザイク画によって装飾されています。

image by iStockphoto / 62147088

ハリストス復活大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 ハリストス復活大聖堂
住所 191011 Naberezhnaya kanala Griboyedova, 2
営業時間・開場時間 5月1日~9月15日10:00~18:00、18:15~23:00、9月16日~4月30日11:00~19:00 定休日:水
利用料金や入場料 250P
参考サイト http://www.cathedral.ru/saviour?PHPSESSID=31b49bcc1a9fbafa9bff5926ddf9d086
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

貴族令嬢の学び舎

貴族令嬢の学び舎

image by iStockphoto / 9781701

サンクトペテルブルグを流れるネヴァ川のほとり、エルミタージュ美術館に隣接するスモーリヌイにはピョートル1世の娘エリザヴェータによって作られた貴族の令嬢のための修道院があります。
このスモーリヌイ修道院は19世紀エカテリーナ2世によってロシアで最初の女学校となりロシア貴族令嬢の教育機関として革命直前まで使用されていました。

スモーリヌイ聖堂(旧スモーリヌイ修道院, 学習院)の住所・アクセスや営業時間など

名称 スモーリヌイ聖堂(旧スモーリヌイ修道院, 学習院)
住所 RASTRELLI SQ., H1,ST.PETERSBURG, RUSSIA
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 大人料金:150ルーブル
参考サイト http://www.jtb.co.jp/kaigai/guide/SightDetail.aspx?CityCD=LED&SightCode=009
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ロシア正教の中心地

ロシア正教の中心地

image by iStockphoto / 58346012

ロシア正教で最も有名なイコン(聖像)、カザンの生神女を由来とするカザン大聖堂。
この名の聖堂は国内に数多くありますがモスクワとサンクトペテルブルグの物が最も有名です。
サンクトペテルブルグのカザン聖堂は1811年に完成し、ナポレオンによるロシア侵攻を打ち破った戦勝記念建築物ともなりました。
現在ではサンクトペテルブルグにおけるロシア正教の首座として信仰の対象となっています。

カザン大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 カザン大聖堂
住所 Kazanskaya Ploshchad, 2 | Nevsky Prospect, St. Petersburg, Russia (Palace Square)
営業時間・開場時間 8:30~19:00、日7:00~19:00 (現地時間)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://kazansky-spb.ru/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ピョートル大帝ゆかりの聖堂

ピョートル大帝ゆかりの聖堂

image by iStockphoto / 64003347

ピョートル大帝時代にその起源を持ち、現在の場所では約150年の時を経て現在の形に完成した聖イサク大聖堂。
ピョートル大帝の守護聖人、ダルマチアの聖イサアクに由来しロシア・ビザンチン建設様式を取り入れたロシア正教の大聖堂となっています。
黄金のドームは第2次大戦時には格好の標的になることから一時期グレーに塗り替えられていたそうです。

 

image by iStockphoto / 63510753

聖イサアク大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 聖イサアク大聖堂
住所 St Petersburg, Russia, 190000
営業時間・開場時間 現地時間10:00-19:00
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.saint-petersburg.com/cathedrals/st-isaacs-cathedral/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ツァーリ達の墓所

ツァーリ達の墓所

image by iStockphoto / 85162075

18世紀、スウェーデンからの攻撃に備えて作られたネヴァ川沿いのザーチヤイ島にあるペトロパヴロフスク要塞。
その中心部では首座使徒ペトル・パウェル大聖堂の尖塔が高く天を指しています。
18世紀初頭に作られサンクトペテルブルグでは最古の歴史的建造物となっています。
この教会にはピョートル大帝から始まるロシア皇帝とその皇后のほとんどが埋葬されているそうです。

ツァーリ達の墓所の住所・アクセスや営業時間など

名称 ツァーリ達の墓所
住所 ロシア ネヴァ川沿いのザーチヤイ島にあるペトロパヴロフスク要塞
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://wondertrip.jp/europe/russia/81319.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

歴史背景と真逆の可愛らしい教会

歴史背景と真逆の可愛らしい教会

image by iStockphoto / 79818373

1770年、オスマン帝国との戦争(露土戦争)においてトルコのチェシュメ湾での勝利を記念してチェシュメ教会は建設されました。
残念ながら1930年代の火事のため現存する建物は第2次大戦後に再建されたものとなっています。
戦争をきっかけに建設されたとは全く思えないピンクと白のストライプ柄の壁面はあたかもケーキを連想させる可愛らしい教会となっています。

チェシュメ教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 チェシュメ教会
住所 Ulitsa Lensoveta, 12, St. Petersburg 196135, Russia
営業時間・開場時間 不明
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g298507-d542124-Reviews-Chesma_Church_Chesmenskaya_Tserkov-St_Petersburg_Northwestern_District.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

海人を守る教会

海人を守る教会

image by iStockphoto / 86828805

クリュコフ運河のほとりには海を思わせる美しい青の大聖堂があります。
海軍聖ニコラオス大聖堂があるこのエリアはもともと船乗りが多く住む場所で1760年に完成した2年後には海軍大聖堂の地位が与えられています。
船乗りの守護聖者聖ニコラウスにちなんで名付けられたこの大聖堂には宗教美術の他、ロシ海軍の歴史も学ぶことができます。

聖ニコライ聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 聖ニコライ聖堂
住所 St Petersburg, Leningrad Oblast, Russia, 190068
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/聖ニコライ聖堂
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

近代ロシアの中心地を旅しよう

18世紀初頭からその名が世界に広まったサンクトペテルブルグ。
その歴史は比較的浅いものの短いながらも凝縮されています。
帝国時代の隆盛を感じさせる多くの宮殿や教会はその景観を美しく保ち見る者の目を楽しませてくれています。
華やかな近代ロシアの時代を感じる旅に出かけてみませんか?
photo by iStock