RPGゲームの世界に迷い込んだかのよう!スペインの古都トレドを覗いてみた

スペインの首都マドリードから南へ70kmほどの場所にある、中世の街トレド。世界遺産指定都市であるため街の美観を保護する政策がとられており、旧市街全体が中世そのままの姿で保存されています。その美しい街並みはまるでRPGゲームの世界に迷い込んでしまったかのようです。

古都を一望!サンマルティン橋

古都を一望!サンマルティン橋

image by iStockphoto / 9828708

トレド市の西側に位置する14世紀につくられたゴシック様式の橋です。
この橋には5つのアーチがあり、中世の雰囲気を感じさせます。
この橋からはトレド旧市街地やそこから南へ広がるロス・シガラレスと呼ばれる古い屋敷が数々立ち並んでいる絶景を一望することができます。
日暮れ前には古都とロス・シガラスがかもしだすノスタルジックな情緒が漂い、中世の世界にタイムスリップしたかのようです。
トレド観光の際には外すことのできないスポットです。

image by iStockphoto / 23960555

サン・マルティン橋の住所・アクセスや営業時間など

名称 サン・マルティン橋
住所 Paseo Recaredo, s/n, 45002 Toledo
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.toledo-turismo.com/turismofamiliar/lo_vemos/puente-de-san-martin/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

あのエル・グレコの絵画も展示されているトレド大聖堂

あのエル・グレコの絵画も展示されているトレド大聖堂

image by iStockphoto / 88515081

街の中心、市庁舎の前にある有名な大聖堂です。
4つの側廊と22の礼拝堂からなるこの大聖堂はスペイン一の規模といわれており、スペインゴシック建築最高傑作ともいわれています。
内部にあるいくつもの小さな礼拝堂には厳かな雰囲気が漂っており、併設されている博物館ではトレドに暮らしていた天才グレコはもちろん、ラファエルやルーベンス、ベラスケス、ゴヤなどの画家たちの傑作を鑑賞することができます。
また、バラの窓をはじめとした750枚ものステンドグラスなども見どころのひとつです。

image by iStockphoto / 32250940

街のシンボル!アルカサル

街のシンボル!アルカサル

image by iStockphoto / 62698912

トレドのアルカサルは、元はローマ帝国の宮殿があった場所に11世紀にイスラムの支配からトレドを奪還したアルフォンソ6世が要塞に改築したものです。
トレドの街で最も高い標高548mの丘に立つ長方形の建物は、現在は軍事博物館となっています。
外観は長方形の建物の四隅に小塔がある近代風のスッキリとしたデザインで、東のファサードが中世、西がルネサンス様式、北がプラテレスコ様式、南がチェリゲーラ様式と、それぞれ異なった様式のものになっており、いろいろな建築様式を楽しむことができます。

image by iStockphoto / 58756952

Real Alcazarの住所・アクセスや営業時間など

名称 Real Alcazar
住所 Patio de Banderas, s/n, 41004 Sevilla, Espana
営業時間・開場時間 9:30-19:00(4-9月) 9:30-17:00(10-3月)
利用料金や入場料 一般 9.50ユーロ  学生(17-25歳)2ユーロ  高齢者 2ユーロ  子供 16歳以下無料
参考サイト http://www.alcazarsevilla.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

迷い込んでみたい!トレドの街角や路地

迷い込んでみたい!トレドの街角や路地

image by iStockphoto / 88763099

トレドは旧市街全体が世界遺産なので歴史的な建造物や美術館、博物館はもちろん、古い街並みや中世の迷路のような路地もすべて歴史的・文化的に価値のあるものです。
3方を川に囲まれているため位置関係が把握しやすく、地図を片手に街を散策するだけでも何時間も楽しむことができそうです。
夕暮れ時に街のあかりが徐々に灯ってゆく様子なども情緒があってとてもきれいです。
中世の時代から時が止まったようなトレドの街をぜひ堪能してみてください。

image by iStockphoto / 47674976

トレドの住所・アクセスや営業時間など

名称 トレド
住所 カスティーリャ=ラ・マンチャ州、トレド、スペイン
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%89
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

どっしりとした重厚なつくりのカンブロン門

どっしりとした重厚なつくりのカンブロン門

image by iStockphoto / 18453527

尖塔をのせた4本の塔を屋根にしてその下に小さなパティオのある正方形の構造をしているカンブロン門は、もともとはイスラム様式の城門でしたが、改修が繰り返されて現在の姿になりました。
城門にはルネサンス様式の紋章が入っており、外側はトレドのもの、内側はフェリペ2世のものです。
門の下にはトレドの守護聖人である、聖レオカディアの像が見られます。
このカンブロン門はトレドにある門のうち、唯一車で通行できる門です。

image by iStockphoto / 56517922

カンブロン門の住所・アクセスや営業時間など

名称 カンブロン門
住所 Paseo de Recaredo s/n 45002 Toledo. Use two fingers to move the map. Map Data. Map Data.
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.toledo-turismo.com/jp/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%B3%E9%96%80_268
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ゆったりとした時間の流れを感じよう

中世の雰囲気をそのまま閉じ込めたような古都トレド、いかがでしたでしょうか。
一歩足をふみいれるとそこは中世の時代から時計が進んでいないような景観がひろがり、気の遠くなるような歳月を見つめ続けてきた建物たちの記憶に思いを馳せてみたくなります。
photo by iStock