アトラクションではしゃいだ後に!北海道「ルスツリゾート」周辺の人気スポット6選

北海道でも雪の多い「ルスツリゾート」周辺は、スキーやスノーボードといったウインタースポーツのイメージが強いかもしれません。ですが冬だけでなく夏にも遊べるスポットがさまざま。今回は、そんな「ルスツリゾート」ではしゃいだ後にぜひ巡りたい、おすすめスポットを6選ご紹介します。

レジャーがいっぱい・ルスツリゾート

レジャーがいっぱい・ルスツリゾート

image by PIXTA / 1070573

「ルスツリゾート」は、北海道でも最大級を誇る遊園地を中心とした、総合レジャースポットです。
迫力満点の「ハリケーン」「コークスクリュー」といったコースターから、無重力が体験できる「フリーフォール」、暴れん坊の観覧車「ハートビート」など、スリルあふれるアトラクションが満載です。
夏には北海道で最も長い流水プールが出現。
小さな子どもが遊べるアトラクションもさまざまあるので、ファミリーからカップル、グループでも楽しく遊べますよ!

image by PIXTA / 20332180

ルスツリゾートの住所・アクセスや営業時間など

名称 ルスツリゾート
住所 北海道虻田郡留寿都村字泉川13番地
営業時間・開場時間 シーズン営業中は9:00-17:00(平日は16:00閉園、夏休み期間中は20:30まで営業。10/1~16は土・日・祝も16:00閉園。)
利用料金や入場料 おとな(1日券) 4.950円 ※学生割引、トワイライト券(14時以降の入場)、ナイター券など割引券も有り。
参考サイト http://rusutsu.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

期間限定の体験・春の激流ラフティング

期間限定の体験・春の激流ラフティング

image by iStockphoto / 52921990

こちらも「ルスツリゾート」内で楽しめるアクティビティのひとつ。
ニセコはスキー場で良く知られるように大変雪の多い地域です。
そのため春の雪解け時期になると、尻別川の流れも激しくなり、春限定のラフティングが楽しめます。
8人乗りのゴムボートに乗って、約2時間のアウトドア体験。
川を下りながら木々の新緑を眺めれば気分も爽快ですね!中学生以上から参加OKです。

image by iStockphoto / 52043320

ルスツリゾート 春の激流ラフティングの住所・アクセスや営業時間など

名称 ルスツリゾート 春の激流ラフティング
住所 北海道虻田郡留寿都村字泉川13番地
営業時間・開場時間 8:30-(戻り12:00頃)、13:00-(戻り16:30頃) ※開催期間:4月中旬~5月下旬、中学生以上(12歳以上)のおとな対象
利用料金や入場料 おとな 6,480円(宿泊時5,400円)
参考サイト http://rusutsu.co.jp/nature/rafting
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

雲海に浮かぶ羊蹄山・羊蹄パノラマテラス

雲海に浮かぶ羊蹄山・羊蹄パノラマテラス

image by iStockphoto / 10230336

北海道でも有数の羊蹄山が美しく見えるスポットです。
冬にはスキーやスノーボード客を山頂まで運んでくれるゴンドラは、夏にはパノラマビューへ連れて行ってくれます。
早朝には雲海の中に羊蹄山が浮かび上がる美しい風景が見られ、夕方にはオレンジの空に影を作る贅沢な景色が楽しめます。
雲海早朝便や夏休み夕日便が延長運行しているので、気軽に移動できますよ。
山頂についたらルスツ名物「幸せの鐘」を鳴らすのもお忘れなく。

image by PIXTA / 7258858

草原を駆け抜けよう・ホーストレッキング

草原を駆け抜けよう・ホーストレッキング

image by iStockphoto / 3837864

馬に乗って雄大な自然の中を散策できる「ホーストレッキング」は、北海道ならではの体験のひとつでしょう。
夏のルスツは避暑地としても人気なので、爽やかな風が吹いている中高原を駆け抜ければ、気分はまるでドラマや映画の世界。
ショートコースやロングコース、気軽にチャレンジしたい場内一周コースなど、時間や日程に合わせてお好きなコースで楽しんでみましょう。

ルスツリゾートの住所・アクセスや営業時間など

名称 ルスツリゾート
住所 北海道虻田郡留寿都村泉川13番地
営業時間・開場時間 施設による。開催時期:4月下旬~10月下旬
利用料金や入場料 (1)引き馬コース(場内一周)1,080円 (2)ショートコース(6歳以上対象):2,160円 (3)スタンダードコース(8歳以上対象):4,320円 (4)ロングコース(10歳以上対象):8,640円 (5)洞爺湖レイクヒルトレッキング(12歳以上対象):10,800円
参考サイト http://rusutsu.co.jp/amusement
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

毎晩みられる夜空のショー・ルスツスペシャル花火大会

毎晩みられる夜空のショー・ルスツスペシャル花火大会

image by iStockphoto / 85977423

「ルスツリゾート」では夏の間、45日間ロングラン開催で1200発の花火が打ち上がります。
花火の演出は2パターンあるので、連泊すると両方見られますね。
巨大なサーチライトの照明と音楽、そして花火のコラボレーションが、美しくルスツの夜空を彩ります。
屋台もさまざま出店されるので、お祭り気分も盛り上がりそう。
浴衣で散策しても雰囲気があって良いですね!

image by iStockphoto / 85977439

ルスツ スペシャル花火大会の住所・アクセスや営業時間など

名称 ルスツ スペシャル花火大会
住所 北海道虻田郡留寿都村字泉川13番地 ハイランドロッジ前・サンサンフィールド
営業時間・開場時間 2016年7月16日(土)~7月21日(木):20:00~  2016年7月22日(金)~8月21日(日):20:45~  2016年8月22日(月)~8月28日(日):20:00~
利用料金や入場料 遊園地ナイター券 大人2400円 子供1350円
参考サイト http://rusutsu.co.jp/archives/event/summer-fes-fireworks
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

花のアート・花の道ル・ノンノ

花のアート・花の道ル・ノンノ

image by iStockphoto / 4117872

アイヌ語で道の意味を持つ「ル」、花の意味を持つ「ノンノ」を組み合わせて名付けられた、「花の道ル・ノンノ」。
爽やかで清々しい高原いっぱいに、夏らしいひまわりやサルビア、ペチュニアやマリーゴールドなど、愛らしい花々が咲き誇ります。
敷地はかなり広大ですが、トレインに乗って気軽に巡ることも可能なので、小さな子どもやお年寄りにも安心。
もちろん徒歩でゆったり散策するのも気持ち良いですよ。

花の道「ル・ノンノ」の住所・アクセスや営業時間など

名称 花の道「ル・ノンノ」
住所 北海道虻田郡留寿都村字泉川13
営業時間・開場時間 9:00-17:00(4/29-7/18と8/27-9/25の土日祝、GW)、9:00-16:30(5/6-7/21と8/22-9/30の平日)、9:00-20:30(7/22-8/21の夏休み)、9:00-16:00(10/1-10/16 :内10/11-14は休園)
利用料金や入場料 ■ 1日券:おとな(中学生以上)4,950円、こども(小学生)3,950円、こども(4歳以上小学生未満)・ 60歳以上1,200円 ■トワイライト券 (14時以降のご入園):おとな3,950円、こども(小学生)2,900円、こども・ 60歳以上1,200円 ■ナイター券 (7/22~8/21、 17時以降のご入園):おとな2,400円、こども(小学生)1,350円、こども・ 60歳以上1,200円 ■ランチパック1日券:おとな5,400円、こども(小学生)4,400円 ※その他各種割引あり
参考サイト http://rusutsu.co.jp/archives/event/flower-road
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

冬だけじゃもったいない!ルスツの魅力

いかがでしたでしょうか。
ルスツと言えば冬のウインタースポーツが定番と考える人も多いかもしれませんが、今回は春や夏のルスツを満喫できるスポットを紹介しました。
冬だけでは遊びきれないルスツの魅力を、体いっぱい感じてみましょう!
photo by PIXTA and iStock
格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ