なぜバックパッカーの聖地?タイの魅力をご紹介。

バックパッカーの聖地と言われるほどバックパッカーを最高にエンジョイさせてくれる国、タイ。なぜ聖地?今回は一度も行ったことがない方はもちろん、何度も訪れたくなるタイの魅力をご紹介。

バックパッカーが集まる場所、カオサン通り

バックパッカーが集まる場所、カオサン通り

image by iStockphoto / 19834549

今ではバックパッカーが多くいる場所としても有名なカオサン通り。
なぜバックパッカーが多く集まるのでしょう。

昔は静かな通りとして存在していましたが、1980年代に入ると地元住民たちが低価格で空き部屋を貸し出すようになってからどんどんバックパッカーが滞在していくようになり、今ではここに来ると旅関連の物はもちろん、何でも揃う、と言われるほど商業施設や飲食店もあり、現在の賑やかなカオサン通りになっていきました。
旅の始まりはタイから。
ということでここで色々準備をしてから様々な国へ旅立つバックパッカーも多くいます。

image by iStockphoto / 21341412

image by iStockphoto / 60889926

カオサン通りの住所・アクセスや営業時間など

名称 カオサン通り
住所 タイ バンコク プラナコーン区 バンランプー
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%AA%E3%82%B5%E3%83%B3%E9%80%9A%E3%82%8A
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

物価が安いことでも有名

現在も経済成長の著しいタイは、物価も高騰していくのでは。
と言われていますが、日本に比べるとまだまだ物価は安く感じられると思います。
宿選びも旅の重要なポイント。
安いから汚いしボロいというわけでもなく不快に思わない清潔さのある宿もあります。
安くていい宿を見つけてさらに良い旅にしましょう!

image by iStockphoto / 91249177

タイ人にはどんな人が多いのか

タイ人にはどんな人が多いのか

image by iStockphoto / 88071937

きっとバックパッカーが集まるのは現地の人柄にも理由があるのだと思います。
タイ人の9割以上は仏教徒。
争いごとは好まず、穏やかで友好的な人が多いです。
タイでは人前で怒ったり怒鳴り散らすことは恥じる行為にあたるという習慣が根付いています。
日本に対しては、日本文化が好きな人も多く、日本の漫画も大人気です。

そしてバンコクに行くと多くの日本食レストランがあります。
海外に行って日本文化を取り入れているのを見ると、日本文化が海外からどれだけいい評価をもらっているのか気付けたりもして改めて日本の良さを感じる瞬間でもあります。

image by iStockphoto / 92337157

image by iStockphoto / 36323240

お腹を壊さず食を楽しみたい!

お腹を壊さず食を楽しみたい!

image by iStockphoto / 86063017

バックパッカーの方々は旅先の食べ物でお腹を壊すことには少々慣れている方もいるかもしれません。
ですが健康で旅を楽しむのが一番ですよね!なんといってもタイ料理は美味しい、でもお腹を壊したくない!そんな時少しでも軽減できる方法をご紹介。

まず屋台などで売っている生肉や生魚料理、果物は避ける、料理に入っている唐辛子を食べない、香辛料の料理を食べすぎない、時間がたっていそうな料理にはご注意。
美味しいものはついつい食べすぎてしまいますがほどほどにしましょう。
ただしお腹を壊す人はそれでも壊します。
ある程度の覚悟を持って食を楽しみましょう!

image by iStockphoto / 84851241

image by iStockphoto / 77113089

タイは見所満載!ついついロングステイしてしまいそうな国!

タイは見所満載!ついついロングステイしてしまいそうな国!

image by iStockphoto / 92974199

世界遺産をはじめ、タイにはリゾート地もあり大自然もあり、買い物できる場所も多くあります。
そして日本からも飛行機ですぐ!低予算で滞在できる!こんな好条件な国にはもっと長くいたいと思ってしまうでしょう。
それがタイの魅力と言えます。
タイに行く際は少し休みを長く取って行くのもいいかもしれません。

image by iStockphoto / 60598430

image by iStockphoto / 61716430

まずはタイへ行ってみよう!

タイへ行くときっとバックパッカーの聖地と言われる意味がわかると思います!それほどタイには魅力が溢れる国です。
あなたもバックパッカーのようにタイから始まる旅に出発してみてはいかがでしょうか。
photo by iStock