四季が最も美しい頂上決戦!宮崎県はこんなに絶景に溢れています

四季が最も美しい頂上決戦!宮崎編!1960年代には、新婚旅行のメッカだったということをご存知ですか?とはいえ、新婚旅行でなくてもいいんです!四季の美しさをよりいっそう引き立てるロケーションが多い宮崎県、どんな絶景観光スポットがあるのかみていきましょう!

一年中楽しめる えびの高原

一年中楽しめる えびの高原

image by PIXTA / 15989105

九州南部に連なる、山々に囲まれた盆地状のえびの高原の標高は、約1,200m。
宮崎県えびの市の南東部にあたります。
霧島錦江湾国立公園の一部ということもあり、年間約80万人の観光客が訪れるそうです。

image by PIXTA / 13615005

池の周りを散策できるルートもある、えびの高原。
ちなみに「えびの」という名称は、秋になると、一面に広がるススキ野が、葡萄(えび)色に変わる景色から名付けられた、とする説が一般的だそうですが、その一方で、入り江(鹿児島湾)を望む火山(韓国岳)の裾野、すなわち「江火野」を語源とする説もあるそうで、正確な由来はわかっていないんです。

えびの高原の住所・アクセスや営業時間など

名称 えびの高原
住所 宮崎県えびの市
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.city.ebino.lg.jp/display.php?cont=120511083456
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

天然記念物の藤の花 宮崎神宮

天然記念物の藤の花 宮崎神宮

image by PIXTA / 22014280

宮崎県宮崎市神宮にある宮崎神宮は、大変歴史ある神社だそうです。

「神武天皇宮(社)」、「神武天皇御廟」などと称されたが、明治6年(1873年)に「宮崎神社」と改称し、更に同11年「宮崎宮」と改称、大正2年(1913年)に神宮号が許可されて現社名となった。
地元では「神武さま」と呼ばれ親しまれている。
 Wikipediaより

image by PIXTA / 22014279

そんな「宮崎神宮」には、樹齢400年、日本最大と言われる「おおしらふじ」の藤棚があります。
毎年春になると美しい花を咲かせます。

老若男女問わず、花の美しさに魅了されること間違いなしです。

宮崎神宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 宮崎神宮
住所 宮崎市神宮2丁目4-1
営業時間・開場時間 御社殿 06:00-17:30(10月-4月) 06:00-18:30(5月-9月) 神門 05:30-17:30(10月-4月) 05:30-18:30(5月-9月) 神符守札授与所 08:00-17:00(10月-4月) 08:00-18:00(5月-9月)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://miyazakijingu.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

花の名所 生駒高原

花の名所 生駒高原

image by PIXTA / 14299501

宮崎県小林市に位置する生駒高原では、4月~約15万本ものアイスランドポピーが咲き誇ります。

image by PIXTA / 12005339

秋、約100万本のコスモスが埋めつくす風景も大変綺麗です。
3月には、約35万本の菜の花も!一年を通して季節の花を楽しめる生駒高原の花々の開花シーズンは公式サイトでご確認ください。

生駒高原の住所・アクセスや営業時間など

名称 生駒高原
住所 宮崎県小林市南西方8565
営業時間・開場時間 現地時間 09:00-17:00
利用料金や入場料 520円
参考サイト http://www.ikomakougen.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

美しい景色の中を散策 高千穂遊歩道

美しい景色の中を散策 高千穂遊歩道

image by PIXTA / 17372683

宮崎県西臼杵郡高千穂町にある「高千穂遊歩道」は、美しい高千穂峡の景色をのんびりと楽しみながら散策できる遊歩道です。

image by PIXTA / 5968274

緑に囲まれた遊歩道、自然のパワーを体いっぱい充電できそう・・・

image by PIXTA / 23441984

高千穂峡には甌穴(おうけつ)とよばれる、自然の力でできた円形状の穴が多くあり、様々な表情を見せてくれます。
緑豊かな溪谷だけあり、紅葉の季節が最も人気です。

高千穂峡遊歩道の住所・アクセスや営業時間など

名称 高千穂峡遊歩道
住所 宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井御塩井
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://takachiho-kanko.info/sightseeing/detail.php?log=1355898005
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

蓮の花が美しい 湖水ヶ池

image by PIXTA / 24101622

宮崎県児湯郡新富町にある「湖水ヶ池(こみずがいけ)」は、元禄創建と伝えられている「水沼神社」の裏手にあります。

image by PIXTA / 24101624

夏になると、湖面全体が蓮の花で埋め尽くされます。
そもそも、この池に蓮の花を浮かべたのは「第七代高鍋藩主 秋月種茂」という人物が、貧しい藩財政立て直しのためにと、地元民に栽培させたのが始まりだそうです。
現在でも、冬になると、地元住民が冷たい湖に入り、レンコンを採るそうです。
粘りが強く大変美味だという湖水ヶ池のレンコン、春、美しい花をみたあと、冬に再度訪れレンコンを食べてみたいですね!

湖水ヶ池の住所・アクセスや営業時間など

名称 湖水ヶ池
住所 宮崎県児湯郡新富町大字日置
営業時間・開場時間 24時間(7月中旬-8月中旬 ハスの花開花時期)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.nihon-kankou.or.jp/miyazaki/454028/detail/45402aj2202025779
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

さあ、旅に出かけよう!

四季が最も美しい頂上決戦!という事で、宮崎県をご紹介してまいりました。
宮崎の地に人々が住み始めたのは、中期旧石器時代の終わり頃、約5万年前頃だと言われていますが、そのころから変わらぬ大自然も多く残っており、四季を堪能するにはもってこい!今年の行楽シーズンは、宮崎県で決まりですね!
photo by PIXTA