地元を知るなら食から!世界の人気市場10

その土地ならではの食材やなグル・とショッピングが楽しめる世界の市場。旅行の楽しみの一つでもありますよね。今回は観光の一環で楽しめる、世界の様々な市場をご紹介!露店や市場文化が発達している東南アジア諸国はもちろん、ヨーロッパにも個性的な市場がたくさんあります。ぜひ訪れてほしい市場をピックアップしていますので、参考にしてみてくださいね!

第10位!ブリックレーンマーケット(イギリス・ロンドン)

第10位!ブリックレーンマーケット(イギリス・ロンドン)

image by iStockphoto / 66535073

ロンドン市内で開かれるブリックレーンマーケット。
毎日開かれています。

水曜日はレコードや書籍、木曜日は年季の入ったアンティーク市場といったように、曜日ごとに市場のテーマが変わります。
いつ行っても飽きの来ない市場ですよ!

ブリックレーンマーケットの住所・アクセスや営業時間など

名称 ブリックレーンマーケット
住所 1 Brick Lane, London E1 6PU, England
営業時間・開場時間 店による
利用料金や入場料 店による
参考サイト http://www.visitbricklane.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

第9位!クリニャンクール (フランス・パリ)

第9位!クリニャンクール (フランス・パリ)

image by iStockphoto / 54193854

朝の9時から開催しており、約3000ものお店が立ち並ぶクリニャンクール。

屋内もお店があるので、雨でも楽しむことができます。
しかし夏休みの季節は多くのお店が閉まっているので要注意。

クリニャンクールの住所・アクセスや営業時間など

名称 クリニャンクール
住所 Porte de Clignancourt 75018 Paris
営業時間・開場時間 店による
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.m.wikipedia.org/wiki/Porte_de_Clignancourt_(Paris_M%C3%A9tro)
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

第8位!アルバート・カイプ(オランダ・アムステルダム)

第8位!アルバート・カイプ(オランダ・アムステルダム)

image by iStockphoto / 68652527

オランダにも市場は各地で見られます。
大勢の地元の人々で賑わい、見物するだけでもウキウキしちゃいますね!

地元の人々のリアルな生活が見られるので、とても刺激になります。
首都アムステルダムで有名なのは、アルバート・カイプ通に開かれる露店市場。
お土産用のおもちゃやお菓子などを見つけてみては?

アルバート・カイプの住所・アクセスや営業時間など

名称 アルバート・カイプ
住所 Albert Cuypstraat, Amsterdam
営業時間・開場時間 9:00~17:00
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%97%E5%B8%82%E5%A0%B4
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

第7位!士林夜市(台湾)

第7位!士林夜市(台湾)

image by iStockphoto / 51840578

ザッツ・アジアン・マーケット!といえばここ、台湾の士林夜市。
細長い路地に小さな店や屋台がぎっしり。
地元の人たちと旅行者がごたまざになって楽しめる人気の観光スポットです。

物価が安いので、食べ物やお土産物など安く楽しくお買い物することができます。
屋台もたくさん出ているので食べ歩きをするのもいいですね!

士林夜市の住所・アクセスや営業時間など

名称 士林夜市
住所 No. 101, Jihe Rd, Shilin District, Taipei City, 台湾 111
営業時間・開場時間 17:00-24:00
利用料金や入場料 店舗による
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A3%AB%E6%9E%97%E5%A4%9C%E5%B8%82
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

第6位!女人街(香港)

第6位!女人街(香港)

image by iStockphoto / 77040893

香港のガイドブックには必ず載っている、女人街。
女性物や子供物の衣料品が中心の屋台街で、その逆の「男人街」もあります。

値段は一般のお店よりはかなり安いものの、品質の保証はありません。
直接肌に触れるものなどは気をつけたいですね。
営業時間はお昼の少し前あたりから、夕方8時くらいまでとアバウト。
休日には家族連れで賑わう場所です。

女人街の住所・アクセスや営業時間など

名称 女人街
住所 Tung Choi Street, Mong Kok, Kowloon
営業時間・開場時間 店舗による(大体15:00-24:00)
利用料金や入場料 店舗による
参考サイト http://www.discoverhongkong.com/jp/see-do/highlight-attractions/top-10/ladies-market.jsp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

第5位!チャイナタウン(マレーシア・クアラルンプール)

第5位!チャイナタウン(マレーシア・クアラルンプール)

image by iStockphoto / 83787343

マレーシアに来たら、必ず寄っておきたいクアラルンプールのチャイナタウン。

海南ライスのお店や屋台、地元の人たちも食事に来るなお粥専門店など、美味しいと評判のお店ばかり。
チャイナタウンの雰囲気と食べ歩きを楽しむにはもってこいの場所ですね!

クアラルンプールの住所・アクセスや営業時間など

名称 クアラルンプール
住所 Malaysia,Kuala Lumpur
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%BC%E3%83%AB
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

第4位!クロフォードマーケット (インド・ムンバイ)

第4位!クロフォードマーケット (インド・ムンバイ)

image by iStockphoto / 30136558

インドには人の多さに負けないくらい、たくさんの市場があります。
ムンバイにあるのクロフォードマーケットは、その中でも特に大きな市場として有名。

食べ物、日用品、雑貨、服など、ここに来れば買えないものはないといわれるほど。
値段交渉しながらお買い物を楽しんでみてはいかがですか?

クロフォードマーケットの住所・アクセスや営業時間など

名称 クロフォードマーケット
住所 Mohammed Ali Road, Mumbai (Bombay) 400001, India
営業時間・開場時間 店による
利用料金や入場料 店による
参考サイト http://www.crawford-market.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

第3位!ベンタイン市場(ベトナム・ホーチミン)

第3位!ベンタイン市場(ベトナム・ホーチミン)

image by iStockphoto / 63242727

ベトナム・ホーチミンにもたくさんの市場が開かれていますが、まずはベンタイン市場に行ってみましょう。

雑貨や衣類、野菜果物やお菓子など、こちらも買えない商品はないいわれるほどの品ぞろえ。

エリアごとに分けられ売られています。
店の人は相手が日本人だと分かると日本語で声をかけてくることもあり、現地ならではの雰囲気を楽しめそうですね。

ベンタイン市場の住所・アクセスや営業時間など

名称 ベンタイン市場
住所 Cho Ben Thanh O,BT, District 1, TP Ho Chi Minh
営業時間・開場時間 店舗による
利用料金や入場料 店舗による
参考サイト https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ベンタイン市場
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

第2位!マルシェ(フランス・パリ)

第2位!マルシェ(フランス・パリ)

image by iStockphoto / 67170055

フランスでは日常生活に市場(マルシェ)が根付いておりし、パリだけで80ものマルシェが存在するといわれています。

どの地区・町にもマルシェが立つので、滞在したエリアのマルシェをチェックしてみてはいかがでしょうか。
野菜、肉、魚、チーズなど食べ物がほとんど。
イギリスやアメリカには見られない、フランスならではの文化ですね。

パリの住所・アクセスや営業時間など

名称 パリ
住所 パリ, フランス
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AA
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

第1位!ナイトマーケット (タイ・バンコク)

第1位!ナイトマーケット (タイ・バンコク)

image by iStockphoto / 100111607

タイに訪れたなら絶対行っておきたいナイトマーケット。
特にバンコクには夜遅くまで開いている、または夜限定の市場が多くあります。

その中でも「サイアムパラダイスナイトバザール」はバンコク最大級の規模を誇り、週末の夜は大いに賑わう場所です。
まるでお祭りでも開かれているようににぎやか。
スリや犯罪には十分注意して行動しましょう!

バンコクの住所・アクセスや営業時間など

名称 バンコク
住所 Thailand Bangkok
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%82%AF
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

世界各国の台所

いかがでしたか?市場ではかしこまった旅行客向けのお店だけでなく、地元の人に愛されているお店も多くあり、美味しいものを食べつつ買い物を楽しめるマーケットは、その国や地域を深く知るにはもってこいの場所です。
とりあえずお土産に困ったら近くの市場をアタックしてみるのが良いですね!どこも込み合うためスリなどの被害にあわないように荷物の管理はしっかりしていきたいところです。
photo by iStock