地球の儚さ、人類の英知を実感…スリランカで見れる文化と大自然の絶景10選

仏教施設や古代都市の遺跡が多く残されている文化と歴史に富んだ国・スリランカは、豊かな景色が多く残され、世界遺産にも多く登録されています。今回は大自然あふれるスリランカの絶景10選をご紹介します。

かつて城だった巨大岩・シーギリヤロック

かつて城だった巨大岩・シーギリヤロック

image by iStockphoto / 17708067

シーギリヤロックはスリランカ中部、古代遺跡が集中する文化三角地帯に浮かぶ巨岩で、スリランカの代表的な観光スポットの一つです。
周囲をジャングルに覆われた木々の中から突如覗くその姿は圧巻です。

また、シーギリヤロックは5世紀後半頃には城や要塞として使われていた事が19世紀後半のイギリス植民地時代に解明されており、岩の頂上には現在も城跡が残されています。
岩壁にはシーギリヤレディと呼ばれる有名なフラスコ画も残されており、景観の美しさはさることながら、歴史的に価値もある場所になっています。

シーギリヤロックの住所・アクセスや営業時間など

名称 シーギリヤロック
住所 Sigiriya, Sri Lanka
営業時間・開場時間 9:30-18:30(季節により異なる)
利用料金や入場料 25$
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%83%A4
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

街一帯が世界遺産の古都・ポロンナルワ

街一帯が世界遺産の古都・ポロンナルワ

image by iStockphoto / 84010895

ポロンナルワはスリランカ中部の文化三角地帯の北東に位置する古都で、紀元前5世紀から11世紀頃までは仏教都市として栄え、シンハラ王朝の首都があった街です。
街全体が世界文化遺産に指定されているポロンナルワには史跡が多く残されており、ポロンナルワ中心部のクワドラングルには広大な宮殿跡や、仏教国スリランカでは珍しいヒンドゥー教の寺院跡が残されています。

ポロンナルワの住所・アクセスや営業時間など

名称 ポロンナルワ
住所 Polonnaruva, North Central
営業時間・開場時間 現地時間7:00?18:00
利用料金や入場料 2USドル
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/201/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ブッタガヤの分木が見られる穏やかな街・アヌラーダプラ

ブッタガヤの分木が見られる穏やかな街・アヌラーダプラ

image by iStockphoto / 66978929

アヌラーダプラは文化三角地帯の北端に位置する街で、紀元前500年頃はシンハラ族の先祖といわれているウィジャヤ王によって建立されたアヌラーダプラ王国の首都として栄えた街です。
かつて、アヌラーダプラは仏教の中心地で、アヌラーダプラを中心にスリランカ全土に仏教が広まったといわれています。

そのためアヌラーダプラには仏教に関係するスポットが多く、仏陀が悟りを開いたブッダガヤの分木とされているスリー・マハー菩提樹や、岩肌を掘って作られた涅槃像の彫刻が飾られたイスルムニヤ精舎など、穏やかで美しい景色が広がっています。

アヌラーダプラの住所・アクセスや営業時間など

名称 アヌラーダプラ
住所 スリランカ北中部州
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%8C%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%97%E3%83%A9
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

広大で美しい石窟が広がるダンブッラ石窟寺院

広大で美しい石窟が広がるダンブッラ石窟寺院

image by iStockphoto / 70271217

文化三角地帯にある文化施設の中でも見どころの一つであるダンブッラ石窟寺院は、小高い山にある5つの石窟によって構成されている寺院です。

石窟の中を進むと、天然岩を掘って作られた全長14mほどの涅槃像や、15世紀から18世紀にかけて描かれたフレスコ画や50体の仏像、仏陀の生涯やスリランカの歴史について描かれた天井画などが三窟のフロアに分かれて展示されており、そこに流れる厳かな空気には圧倒される事間違いありません。

ダンブッラの黄金寺院(ダンブッラ石窟寺院)の住所・アクセスや営業時間など

名称 ダンブッラの黄金寺院(ダンブッラ石窟寺院)
住所 Kandy – Jaffna Hwy, Dambulla, スリランカ
営業時間・開場時間 7:00-19:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/561/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

古くから貿易を行ってきたヨーロッパのような街・ゴール旧市街

古くから貿易を行ってきたヨーロッパのような街・ゴール旧市街

image by iStockphoto / 29257878

スリランカ南部に位置する小さな街・ゴールは古くから重要な貿易拠点だった港町で、14世紀頃からアラブやローマ、インドとの貿易を行ってきたとされています。
中でも世界遺産に登録されているゴール旧市街は、周囲を砦に囲まれ、コロニアル風の建築物が建ち並び、まるでヨーロッパの城下町のような雰囲気の街です。

街にはオランダ人によって作られた要塞や、お洒落なカフェやレストラン、ホテルもあり、観光客で賑わっています。

ゴール旧市街の住所・アクセスや営業時間など

名称 ゴール旧市街
住所 Galle, スリランカ
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%97%A7%E5%B8%82%E8%A1%97%E3%81%A8%E8%A6%81%E5%A1%9E
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

キャンディ国王が作った安らぎの人工湖・キャンディ湖

キャンディ国王が作った安らぎの人工湖・キャンディ湖

image by iStockphoto / 23688734

キャンディ湖は、スリランカのキャンディ市内中心部にある湖です。
キャンディはシンハラ語で「山」をという意味の「カンダ」から来ているといわれており、その名のとおりキャンディ湖は山に囲まれた自然溢れる場所にあります。

実はキャンディ湖は19世紀初めに、キャンディ王国の最後の王、スリー・ウィクラマ・ラジャシンハによって造られた人工湖ですが、現在では自然の湖のように豊かな植物が茂り、野生動物たちがくつろぐ癒しのスポットとなっています。

Kandy Lake(キャンディ湖)の住所・アクセスや営業時間など

名称 Kandy Lake(キャンディ湖)
住所 Centre of Kandy City, Kandy, Sri Lanka
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/キャンディ湖
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

セイロンティーの産地として有名なヌワラエリヤ

セイロンティーの産地として有名なヌワラエリヤ

image by iStockphoto / 82530667

キャンディ市内の郊外にあるヌワラエリヤは、かつては避暑地として栄えていた小さな街です。
現代ではセイロンティーの産地として世界的に有名な場所で、視界一面に広がる鮮やかな紅茶畑は見ているだけで心が安らぎます。

また、紅茶工場の見学ができ、紅茶が作られる過程を見たり、様々な茶葉をテイスティングしたり、お土産を購入したりと、一日中紅茶に触れる事が出来ます。

ヌワラエリヤの住所・アクセスや営業時間など

名称 ヌワラエリヤ
住所 Nuwara Eliya 22200
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.dtac.jp/asia/srilanka/entry_69.php
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

スリランカを見渡せるパワースポット・ミヒンタレー

スリランカを見渡せるパワースポット・ミヒンタレー

image by iStockphoto / 77725863

スリランカ仏教の伝来の地として、たくさんの信者が参拝に訪れるミヒンタレーは、パワースポットとしても有名な場所です。
神聖な場所のため登り口からは裸足になり、石造りの階段を上ってミヒンタレーまで向かいます。

ミヒンタレー頂上からはスリランカの広大な大地を360度のパノラマで見渡す事ができ、人々の心を導くパワースポットでありながら、絶景スポットでもあります。
また、周囲はプルメリアの木々に群がる野生のサルたちがいたりと、自然に溢れています。

ミヒンタレーの住所・アクセスや営業時間など

名称 ミヒンタレー
住所 Anuradhapura, Sri Lanka
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.tour.ne.jp/blog/ryojinsha/88265/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

褐色の砂浜が続く黄金海岸

褐色の砂浜が続く黄金海岸

image by iStockphoto / 85020387

緑豊かなジャングルと美しいビーチが広がるスリランカ南部で、100km以上に渡って伸びるのが黄金海岸です。
世界でも珍しい褐色の砂浜と透明度の高い海とのコントラストは幻想的。
ビーチの傍に並ぶバーでお酒を飲みながらゆったり過ごすのも良いですね。

また、黄金海岸周辺ではスリランカ南部に伝わる「竹馬漁」を見られるのが人気の一つとなっています。
周辺にはホテルやエステサロンもあり、美しい景観を眺めながら身も心も癒されるスポットです。

ゴールの住所・アクセスや営業時間など

名称 ゴール
住所 Galle, Sri Lanka
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/ゴール_(スリランカ)
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ピンク色の水晶で覆われた山・ローズクォーツマウンテン

ピンク色の水晶で覆われた山・ローズクォーツマウンテン

image by iStockphoto / 70529447

ナマルウヤナ国立公園にあるローズクォーツマウンテンは山全体が水晶のローズクオーツで覆われており、スリランカのパワースポットとして有名なスポットです。
かつてここから運ばれたローズクォーツがインドのタージマハルにも使われたも言われています。

また、ローズクォーツマウンテンの山頂からはスリランカの雄大なジャングルが眺められる事も魅力の一つです。

Pink Quartz Mountainの住所・アクセスや営業時間など

名称 Pink Quartz Mountain
住所 Ulpathgama,Galkiriyagama, Dambulla Central Sri Lanka
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 500スリランカルピー
参考サイト http://jathikanamaluyana.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

見どころが尽きない国・スリランカ

今回はスリランカで見られる絶景10選をご紹介しました。
スリランカには、厳かな古代遺跡や、古くに作られた仏像の他に、世界各国で有名な紅茶やビーチ、パワースポットも存在し、見どころが尽きません。
日本からのツアーも多く出発しているスリランカに、是非行ってみませんか?
photo by iStock