白川郷、郡上八幡、小京都「高山」…日本の原風景を見に、飛騨へ行こう

高山本線に沿って広がる飛騨地域には、日本有数の秘境が数多く存在します。有名な白川郷から、飛騨高山・郡上八幡と独自の発展をとげた個性的な街を、ぜひ見に行きませんか?

世界が憧れる日本の秘境、白川郷

世界が憧れる日本の秘境、白川郷

image by iStockphoto / 60024760

白川郷は、岐阜県の白川村に広がる集落郡を指します。
集落には、日本古来の古民家が立ち並んでおり、伝統的な景観が評価されています。
この地域には今でも古民家で生活を営んでいる世帯があり、時間をかけた知恵が脈々と受け継がれています。

白川郷に立つ家のほとんどは、屋根を萱(かや)を使ってこしらえています。
その特徴的な屋根は「かやぶき屋根」と呼ばれ、日本の古き良き伝統として今でも残されているのです。

image by iStockphoto / 80225135

かやぶき屋根が立ち並ぶ白川郷の風景は、とても美しいです。
萱という地元の素材で作られた屋根は、周りの風景によく溶け込みます。
地域の文脈が、建築に引き継がれているのです。

夏は田んぼの新緑が鮮やかに映え、冬の雪をかぶった風景は絵本の世界のよう。
ここには、日本でしか見られない、独特の美しさと懐かしさが存在しています。

飛騨へ行こう 天空の牧場 奥飛騨山之村牧場の住所・アクセスや営業時間など

名称 飛騨へ行こう 天空の牧場 奥飛騨山之村牧場
住所 岐阜県飛騨市神岡町森茂1157
営業時間・開場時間 10:00~17:00 季節により変動あり 定休日水曜日(ゴールデンウイーク、お盆は営業)、)、11月上旬~翌年4月下旬
利用料金や入場料 入場無料
参考サイト http://www.hida-kankou.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

飛騨の小京都、高山

飛騨の小京都、高山

image by iStockphoto / 63228785

高山市は、岐阜県北部にある日本で最も面積の広い市町村です。
豊臣秀吉によって「飛騨高山城」が開城されたのが、高山の始まりでした。
その後城下町として栄え、往年の建築群が数多く保存されています。
趣ある町屋が立ち並ぶ景観は、さながら「飛騨の小京都」です。
道路の脇には水が流れ、夏は涼しさを演出してくれます。

海外の旅行ガイドにも「日本の原風景を残す街」として、高く評価を集めています。
飛騨の小京都で地元の特産物を堪能し、江戸時代の雰囲気を味わってください。

 

image by iStockphoto / 73561373

高山観光で外されないのは、春・秋に行われる「高山祭」。
16~17世紀が起源と言われる、歴史あるお祭りです。
2階まであるような大きさの豪華絢爛な「祭屋台」を中心に、数百人の踊り子が華やかな衣装を身にまとって高山の街を行進します。

昔ながらの生業と伝統が息づかう、「飛騨の小京都」にぜひ訪れてください。

新穂高ロープウェイの住所・アクセスや営業時間など

名称 新穂高ロープウェイ
住所 岐阜県吉城郡上宝村新穂高温泉
営業時間・開場時間 上り:8:30-16:00、下り:8:45-16:45(季節変動あり)
利用料金や入場料 大人:1,600円、小人:800円(片道)
参考サイト http://shinhotaka-ropeway.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

絶景が幾重に現れる、立山

絶景が幾重に現れる、立山

image by iStockphoto / 98035339

立山は飛騨山脈の北端に位置する、標高3000メートル級の山が連なる山地です。
日本では数少ない、氷河が現存する山でもあります。
登山道には季節によって多種多様な植物が生息し、1年で4回異なった立山の顔を見ることができます。
道中に姿を現すカール地形や氷河など、立山を歩くのに感動が絶えることはありません。

 

image by iStockphoto / 84092459

立山へは、「立山黒部アルペンルート」を経由してアクセスできます。
アルペンルートは冬は閉鎖されます。
そして5月ごろに除雪され、開通するのですが、そのときに巨大な「雪の壁」が現れるのです。
道の両側に、雪の崖がそびえ立っているのはとてもユニークで、感動的な光景です。

image by iStockphoto / 98497349

立山は、古代から霊峰として崇められてきました。
「死後は立山の地獄谷へ落ちる」という言い伝えがあるほど、あの世とをつなぐ中間地点として、人々の心に君臨してつづけたのです。

そんなパワースポットとしても名の知れる立山に、訪れてはいかがでしょうか。

黒部ダムで土木の迫力に圧倒される

黒部ダムで土木の迫力に圧倒される

image by iStockphoto / 75787621

黒部ダムは、水力発電を目的に建設された日本を代表するダムの1つです。
堤防の高さは186メートルと、日本一を誇ります。
1958年に着工され、5年を経て完成した黒部ダム。
当時最先端の技術と膨大な資金を投入して行われたこのプロジェクトは、NHK「プロジェクトX」にも取り上げられた一大物語となりました。

ダムのほとりに立つと、そのとてつもない巨大さに驚くことでしょう。
171人の殉職者を出した黒部ダムの建設は、苦難を極めたものでした。
高さ186メートルから見下ろす人口の湖に、土木の偉大さを噛みしめられます。

6月頃には、ダムから水を出す「観光放水」が行われます。
堤防から流れ出す大量の水には虹がかかり、人口と自然が折衷した新しい景観を楽しめます。

image by iStockphoto / 80541733

黒部ダムへは、立山ロープウェイまたはトロリーバスでアクセスできます。
秋口には眼下の森が紅く色づき、美しい景色を上から見下ろすことができますよ。

飛騨高山の住所・アクセスや営業時間など

名称 飛騨高山
住所 岐阜県高山市周辺
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.hidatakayama.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

昔懐かしい田舎の町並みが残る、郡上八幡

昔懐かしい田舎の町並みが残る、郡上八幡

image by iStockphoto / 91049123

郡上八幡は、岐阜県中央部に位置する人口1.5万人の地方都市です。
ここには「水の街」とも言われほど、町中を小川や水路が流れています。
中でも、町中心部を流れる「吉田川」は、飛び込みのメッカです。
地元の子供たちが肝試しに飛び込んでいたのが、観光客も参加するようになり、仮想飛び込み大会も行われています。

image by iStockphoto / 100165007

八幡の町は、八幡城の開城以来、城下町として発展しました。
今でも当時の面影は、随所に残っています。
味のある日本家屋の傍で聞く小川のせせらぎは、心に安らぎをもたらしてくれます。

また、八幡城は秋頃にライトアップされます。
闇夜に照らされた城と紅葉のコントラストは大変に美しく毎年多くの観光客がライトアップを身に訪れます。
司馬遼太郎も賞賛した八幡城の凛とした姿を、ぜひこの目で確かめてください。

飛騨高山の住所・アクセスや営業時間など

名称 飛騨高山
住所 岐阜県高山市周辺
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.hidatakayama.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

まだ見たことのない景色が、あなたを待っている。

いかがでしょうか?飛騨には立山の大自然から郡上八幡の街まで、バラエティ豊かな観光スポットがあなたを待ち受けています。
白川郷の美しさにも、感動すること間違いありません。
ぜひ、今度の週末に飛騨を訪れてはいかがでしょうか。
photo by iStock