ヨーロッパ旅行で行くべき絶景の街並みや建築物27選

人気の観光地といえばヨーロッパ。ヨーロッパには、歴史的建造物から美しい都市、壮大な大自然まであなたの旅心を刺激する魅力的なスポットが多く存在します。特にヨーロッパは、世界遺産でも自然より「文化遺産」が多く登録されており、建物や街並みの美しさはやはり独特。今回は、そんなヨーロッパの中で人生で1度は訪れるべきヨーロッパの絶景をご紹介いたします。

#1 エカテリーナ宮殿/ロシア

エカテリーナ宮殿は、ロシアのサンクトペテルブルク中心部から南へ30kmのプーキシンにある宮殿です。
皇族の避暑地として使われていたことから夏の宮殿とも呼ばれています。
贅とはこのことかと言えるほど美しいロココ様式の建築で、外観の青と白と金の色合いが涼しげで見事です。
門の中に入ると綺麗に整えられた庭園があり、その景色は圧巻。

大国ロシアを築いた女帝が作った華麗なるエカテリーナ宮殿の歴史


#2 アテネ/ギリシャ

史上はじめて民主政を達成したアテネ。
その先進的な歩みは数々の古代遺跡を残すに至り、今日まで人リィの歩みを伝えてくれます。
ギリシア文明のただなかに生まれた古代アテネの街で、歴史を赴く旅をしましょう。

いまさらきけないアテネの歴史…成り立ちから現在まで


#3 ロンドン塔/イギリス

イギリスにある世界文化遺産であるロンドン塔。
イギリスの首都ロンドンを流れている、テムズ川の岸辺に建てられた城砦で、正式名称は「女王陛下の宮殿にして要塞」です。
ロンドン塔の外観の全体が白い為、ホワイトタワーとも呼ばれています。

本当は凄い「ロンドン塔」イギリスの世界遺産の歴史、見どころまとめ


#4 プラハ城/チェコ

チェコを象徴する建物で、プラハ屈指の観光地の一つ「プラハ城」は9世紀に建てられてから増改築が繰り返されたお城です。
城内には聖ヴィート大聖堂や、教会修道院、お城へ続く黄金の小道(ゴルデンライン)など見どころがたくさんあります。
また、第1から第3まである中庭はそれぞれに趣が違っていて楽しむことが出来ます。

#5 聖ヴィート大聖堂/チェコ

プラハ城に建内にそびえ立つ「聖ヴィート大聖堂」はチェコが誇る美術家・アルフォンス・ミュシャが製作したステンドグラスをはじめ、たくさんのステンドグラスで彩られた美しい大聖堂です。
城内の門から入り、第1、第2の中庭を通り抜けたところに建てられたこの大聖堂は、至る所に豪華な彫刻が施され、威厳に満ち溢れています。
大聖堂の塔からの見晴らしは美しく、プラハの街を一望出来ます。

チェコ観光ならここ!首都・百塔の街「プラハ」の絶景10選


#6 魔女の宅急便の舞台”ドブロヴニク”/クロアチア

クロアチアのアドリア海の真珠とも呼ばれている街が「ドブロヴニク」。
この街は、”紅の豚”のモデルとも言われていますが、街中にいろ黒い猫はまさに魔女の宅急便のキキそのもの。
空と海の青、そして屋根のオレンジ色のコントラストがなんとも美しいですね。

魔女の宅急便の舞台になったと言われている7つの美しい都市。ドブロヴニクからリスボンまで


#7 ローテンブルク(Rothenburg)/ドイツ

ローテンブルクは中世の面影をほぼ完璧に残し、どこを見ても可愛らしい絵本のような世界が広がっています。
旧市街に一歩足を踏み入れれば石畳の道路に木組みの家々。
まるで絵本にでてきそうなくらい可愛い街です。

ドイツ「ローテンブルク」でタイムトリップの旅。中世ヨーロッパへようこそ!


#8 レーヌ(Reine)/ノルウェー

ノルウェーで最も美しい村に選ばれたロンフォーテン諸島の小さな街。

まるで絵画のようなノルウェーで最も美しい街『レーヌ』


#9 こちらも魔女の宅急便の舞台。水の都”ストックホルム”/スウェーデン

ジブリの公式でも発表しているスウェーデンの首都「ストックホルム」。
公式では、ストックホルムの旧市街がモデルとされているようですが、本当に美しい都市です。
北欧を代表する世界都市であり、「水の都」「北欧のヴェネツィア」とも呼ばれています。

ストックホルムのデザインショップが集まる街、セーデルマルムをお散歩しよう!


#10 バチカン市国


世界最小の国バチカン市国。その歴史は壮大だった


#11 ブルージュ(Bruges)/ベルギー

北のベニス、天井のない博物館と唄われているベルギーの美しい街。
ブリュッセルとはまた違った時間がゆっくりと流れているように感じる美しい街で、ブルージュはヨーロッパの中でも中世の街並みが多く残っており、この独特の街並みを見に泊りがけで来る観光客も。

ため息がでるほど美しい街、ベルギー・ブルージュの魅力


#12 コロッセオ/イタリア・ローマ


おもしろくてわかりやすい古代ローマの歴史


#13 コッツウォルズ(Cotswolds)/イギリス

まさに童話の世界!イングランドの中央部、グロスターシャーを主に5つの州に広がり東京都ほどの面積を持つ丘陵地帯をコッツウォルズと呼びます。
13世紀から15世紀にかけて上質の羊毛の産地として栄え、各地の町や村にはその富で素晴らしい建物が造られました。
そして現在もその当時の面影を残した美しい景観がイギリス国内のみならず世界中の人々を魅了しています。

郷愁のイギリス田園風景がそこに…イギリス「コッツウォルズ」で見たい景観ランキング


#14 旧市街広場/チェコ

プラハ旧市街にある「旧市街広場」はたくさんのレストランやボヘミアングラスの店、お洒落なカフェがあり、いつも多くの観光客で賑わっています。
特に可愛いチェコ雑貨のお店は人気で、東欧雑貨が好きな人には必見のエリアです。
クリスマスシーズンには広場中をイルミネーションで彩ったクリスマスマーケットが開かれ、お祭りムード一色になります。

#15 ナポリ歴史地区/イタリア

イタリアといえばピッツァ、ピッツァといえば「ナポリ歴史地区」。
元々はギリシアの植民地だったそうですが、古代ローマ時代から綿々とした歴史の跡が残されています。

#16 アマルフィ海岸/イタリア

世界で一番美しいという人もいる「アマルフィ海岸」は地中海の青い空と青い海が世界中で有名になっています。

#17 聖ヴァーツラフ広場/チェコ

プラハの中心に位置する「聖ヴァーツラフ広場」は、750mもの長さがある大通りのような広場です。
広場はレストランやカフェ、ギャラリーや映画館などで囲まれ、プラハ市民や観光客で賑わっています。
広場に設置された聖ヴァーツラフ騎馬像の後ろにはプラハ国立博物館もあるので、1日中楽しめる一角です。

#18 ブレッド(Bled)/スロベニア

ブレッド湖に浮かぶアルプスの瞳と呼ばれた街。
幻想的な風景で、スロベニアを代表する絶景です。

#19 シヨン城/スイス

スイス連邦ヴォー州の世界に名高い高級リゾートのモントルー近郊に位置するレマン湖畔にある美しい古城です。
スイスとフランスにまたがる三日月型のレマン湖の東端にある岩島の上に築かれ、湖に浮いているような幻想的な美しさを誇っています。

#20 フロイデンベルク(Freudenberg)/ドイツ

木組のモノトーンの家が特徴的な不思議な街。

#21 リスボン(Lisboa)/ポルトガル

ポルトガルにある白く輝く街。
7つの丘からなり、坂道が多いのが特徴的。

大航海時代の幕開けを感じるポルトガル「リスボン」の観光スポット5選


#22 ブールタング(Bourtange)/オランダ


オランダにある美しい星形をした要塞『ブールタング要塞』


#23 「セリャラントスフォス滝」/アイスランド

歴史地区が絶景の名を連ねるヨーロッパにおいて、アイスランドは大自然がもたらす絶景の宝庫です。
そのなかでも、この「セリャラントスフォス滝」は格別の美しさ!秘境で訪れにくい場所と思いきやそうでもなく、人気の観光スポットとなっていて、ツアーで訪れることも可能です。

#24 ミコノス島(mykonos)/ギリシャ

エーゲ海に浮かぶ宝石の島。
白と青のコントラストな街並が美しく、リゾート地としても人気です。

バカンスに最適!美しすぎて悩みが吹き飛びそうなエーゲ海「ミコノス島」


#25 オーストリア、ウィーン歴史地区

オーストリア世界遺産、ウィーン歴史地区。
中世にもドナウ川沿いの交易地とし発展したオーストリアの首都ウィーンは、古代ローマ時代からの歴史があり、旧市街にとどまらず、その周辺にまでも様々な歴史的建造物が現存します。
ここウィーン歴史地区には、14世紀の建造物である「シュテファン大聖堂」、ドイツ語圏最古の大学である「ウィーン大学」、多くの人が耳にしたことがあるであろう「ウィーン国立歌劇場」などがあります。

また、ウィーンは、ベートーベンゆかりの地としても知られており、ウィーンの街を歩くと「ベートーベンが何年から何年まで住んでいた家」なんていうプレートにも出会います。
(ベートーベンは80回も引っ越しをしたそうで…)

そんなウィーンの街は小さな街だと思われがちですが、実は日本の横浜市とほぼ同じだそうですよ。

オーストリア・ウィーンに行くならここ!おすすめ観光スポット10選


#26 ケファロニアの青の洞窟/ギリシャ

ケファロニア島は、サントリーニ島のあるエーゲ海の反対、半島を挟んで西側にあるイオニア海に浮かんでいる小島。
手付かずの自然で溢れています。
他のどことも違う独特の青色をした海に恵まれた美しい島で、たくさんの観光客が訪れています。
特に人気なのがこの「青の洞窟」。
神秘的な風景を見るために、小型ボートでクルーズするツアーを利用しましょう。

サントリーニ島にミコノス島…神が宿っていそうなギリシャで見れる幻想的な絶景7選


#27 イタリアにもある青い洞窟/イタリア

「青の洞窟」と呼ばれる海岸の洞窟は世界にいくつか存在し、先ほどご紹介したギリシャの洞窟もそうですが、もっと有名なのがイタリア南部、ナポリの南約30kmのティレニア海に浮かぶカプリ島の岸壁にあるものでしょう。
アンデルセンが小説『即興詩人』の舞台にしたことでも知られ、19世紀には世界中にその美しさが有名になりました。
手こぎの小船から体を縮めて狭い入口をくぐると、奥行き15m、高さ15mほどの空間の中で水面が紺碧の神秘的な光を帯びて輝いています。
古代ローマの時代にはここで皇帝が水泳を楽しんでいたと言われ、当時に造られた彫像なども発見されています。

大自然の神秘…イタリアで見れる海、滝、湖、川、渓谷、沼…水にまつわる絶景


ヨーロッパの絶景を見に行こう

建築物や街並みが美しいヨーロッパの絶景は、ぜひ旅行を企てて実際に見てください。
この記事が気に入った方は、アジアの絶景特集もどうぞ。
ヨーロッパとは全然違う様相に、世界の不思議を感じます。

絶景で決めるアジアの観光スポット30選。タイのコムローイ祭りから中国の武陵源まで