六甲山から眺める最高の絶景に、神戸に淡路島…兵庫に行くならここがおすすめ!

兵庫県は、瀬戸内海と日本海、どちらにも面する大きな都道府県です。同じ兵庫でも、地域によって全く違う文化を持っています。「日本の縮図」と言われるほどの大きさの兵庫を旅すれば、日本縦断をしたのも同然。ぜひ、兵庫県を思いっきり旅しましょう。

オシャレでかっこよくて、いつまでも楽しめる街、神戸

オシャレでかっこよくて、いつまでも楽しめる街、神戸

image by iStockphoto / 43696940

神戸は、兵庫県の中心ともいえる街です。
人口は100万人を超え、様々な文化がこの街に溢れかえっています。

神戸は、港湾都市として発展しました。
海辺に広がる「ハーバーランド」は、神戸を代表する美しい景色として有名です。
週末にはフリーマーケットやお祭りが行われ、神戸市民憩いの場としてにぎわっています。

そして、神戸の港から入ってくる外国の知識や文化が、神戸の街に大きな影響を与えてきたのです。

image by iStockphoto / 60593594

遠い昔から、神戸は外国との貿易が盛んでした。
日本の玄関口として神戸は発展し、外国の文化を積極的に受け入れてきました。

例えば、三宮駅の近くには大規模な中華街が広がります。
「南京町」です。
外国人居留地に住めなかった中国人が市場を開いてから、中華街が形作られました。

また、神戸の山の手には、洋風建築が立ち並んでいます。
「北野異人館街」と呼ばれ、戦前の歴史ある洋風建築が保存されています。
ここには優雅な雰囲気が漂い、癒されるスポットです。

ハーバーランドの住所・アクセスや営業時間など

名称 ハーバーランド
住所 神戸市中央区東川崎町1丁目
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.harborland.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

美しいつり橋と絶品ハンバーガーを楽しめる、淡路島

美しいつり橋と絶品ハンバーガーを楽しめる、淡路島

image by iStockphoto / 64547233

明石海峡大橋を渡り、本州から離れると淡路島になります。
この巨大なつり橋は全長3,911メートルと、世界最長を誇ります。
また、ケーブルを支える塔の高さは298メートルもあり、その大きさと迫力に圧倒されるでしょう。

 

 

淡路島は、玉ねぎの名産地として有名なほか、B級グルメ「淡路島バーガー」もよく知られています。

淡路牛や玉ねぎなど、淡路島にはたくさんの美味しいものがあります。
それをもっと知ってもらうために、「淡路島バーガー」は誕生しました。
淡路産のジューシーで甘い玉ねぎや海の幸を、ハンバーガーで思う存分味わってください。

淡路島の住所・アクセスや営業時間など

名称 淡路島
住所 兵庫県(淡路市・洲本市・南あわじ市)
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%A1%E8%B7%AF%E5%B3%B6
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

明治の文豪も愛した城崎温泉

明治の文豪も愛した城崎温泉

image by iStockphoto / 76189739

城崎温泉は、日本海に面して広がる兵庫県屈指の温泉街です。
「コウノトリが傷を癒していた」ことから発見されたと言われる城崎温泉は、様々な文学や映画に登場しました。

有名なのが、志賀直哉の「城の崎にて」です。
山手線に轢かれた「自分」が傷を癒すために城崎温泉を訪れ、トカゲを誤って殺したことから「死」について考える・・・というストーリーは、日本を代表する名作として語り継がれています。

温泉のお湯には塩が含まれ、とても気持ちいい感覚になります。
1,400年前から湧き出ている温泉は、志賀直哉をはじめ多くの武士や文豪を癒してきました。

「みだれ髪」で有名な与謝野晶子は、「日没を円山川に見てもなほ 夜明けめきたり城の崎くれば」と城崎の美しい風景を詠んでいます。
先ほど紹介した志賀直哉も、「城の崎にて」からわかるように城崎温泉を愛していました。
自分を保養し癒す場所として、生涯に十数回訪れたといいます。

これほど多くの人に親しまれ、愛された温泉は他にないのではないでしょうか。
あなたも城崎を訪れたら、その理由がきっとわかるはずです。

 

 

六甲ガーデンテラス・自然体感展望台 六甲枝垂れの住所・アクセスや営業時間など

名称 六甲ガーデンテラス・自然体感展望台 六甲枝垂れ
住所 神戸市灘区六甲山町五介山1877-9
営業時間・開場時間 施設や季節による
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.rokkosan.com/gt/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

世界で絶賛される美しさの姫路城

世界で絶賛される美しさの姫路城

image by iStockphoto / 87179925

兵庫県の西、姫路には姫路城があります。
姫路城は、「白鷺城」とも呼ばれます。
白く、美しく、凛とした姫路城のたたずまいは、本当にシラサギのようです。

その美しさは世界から広く評価され、1993年、日本で最初の世界遺産になりました。
「姫路城は木造建築の傑作」であること、「実用的機能と優れた美的外観とを兼ね備えている」であることが決め手なり、世界遺産に登録されました。

 

image by iStockphoto / 84651051

姫路城は美しいだけではありません。
いまの巨大で複雑な姿が完成したのは、武将池田輝政が城主を務めていた時代です。
それまでは簡素な構造だったのですが、姫路の重要性を意識した池田輝政は城の大改造に着手しました。

敵の侵入を阻む壕、熱湯が降って来る罠、迎撃用の穴・・・。
敵を攻撃する工夫は、今でも数多く残されています。
当時の戦の状況を想像しながら城を観察するのも、面白いですよ。

姫路城の住所・アクセスや営業時間など

名称 姫路城
住所 兵庫県姫路市本町68番地
営業時間・開場時間 9:00-16:00(閉門は17時) ※夏季(4月27日~8月31日)は9:00-17:00(閉門は18時)
利用料金や入場料 入城料 大人(18才~)1000円 、小人(小学生・中学生・高校生)300円 、団体料金30人~大人800円 小人240円、姫路城・好古園 共通券大人(18才~)1040円 小人(小学生・中学生・高校生)360円、 
参考サイト http://www.city.himeji.lg.jp/guide/castle/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

六甲山から眺める最高の絶景

六甲山から眺める最高の絶景

image by iStockphoto / 100105199

image by iStockphoto / 66342085

兵庫県で特におすすめする観光スポットは、六甲山です。
「自然体感展望台・六甲枝垂れ」から望む景色は、「絶景」以外に形容する言葉が見当たりません。
夜には街に灯りがともり、まるで宝石箱を見ているような感覚に陥ります。

 

image by iStockphoto / 66342681

手前に人工島の「六甲アイランド」、その向こうに大阪湾が確認できます。
大阪湾の先には対岸の街が見渡せ、遠くに生駒山・高野山の姿を見ることもできます。

そこから左に目を移すと、大阪の町並みも見えます。
右側に見える特徴的な形のビルが、日本で1番高い高層ビル「あべのハルカス」です。

誰かと一緒に行くのであれば、展望台から何が見えるのか予習してから行くといいでしょう。
「あれはなに?」から始まる会話が、きっと弾みますよ。

掬星台の住所・アクセスや営業時間など

名称 掬星台
住所 兵庫県神戸市灘区摩耶山町2-2
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.feel-kobe.jp/kobe-yakei/area/mountain/03/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

さあ、兵庫を旅しよう

いかがでしょうか。
兵庫には神戸や淡路島、城崎温泉など豊富なスポットがたくさんあります。
それを旅して回るのはとても充実した体験になるはずです。
ぜひ、兵庫県に遊びに来てください。
photo by iStock