ワインにビール、日本酒!お酒好きさん必見、日本の醸造所10選

「大人の工場見学」が今、ひそかなブームとなっています。中でもワイナリーやビール工場などの「大人だからこそ楽しめる」見学ツアーが大人気。そこで、全国の見学ができる醸造所から厳選した10か所をご紹介したいと思います。ほとんどの所で、試飲ができますよ。お酒好きさん、必見です!

酒のまちの老舗酒蔵・京都〈月桂冠大倉記念館〉

酒のまちの老舗酒蔵・京都〈月桂冠大倉記念館〉

image by PIXTA / 23120886

京都の伏見は酒のまちとして昔から知られています。
土手沿いに酒蔵が立ち並ぶ風景はとてもノスタルジックで、ドラマのロケなどにも使われるスポットです。

日本酒に詳しくない方でも「月桂冠」の名前は聞いたことがあると思います。
その醸造元が運営するのが月桂冠大倉記念館です。
日本酒の歴史やできるまでを詳しく紹介してくれるほか、酒蔵の見学も可能。
きき酒はもちろん純米酒のおみやげまでもらえちゃう素敵な醸造所です。

月桂冠大倉記念館の住所・アクセスや営業時間など

名称 月桂冠大倉記念館
住所 京都市伏見区南浜町247
営業時間・開場時間 9:30~16:30
利用料金や入場料 300円
参考サイト http://www.gekkeikan.co.jp/enjoy/museum/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

レトロな赤レンガ・北海道〈サッポロビール園〉

レトロな赤レンガ・北海道〈サッポロビール園〉

image by PIXTA / 20763115

開業当時のままのレトロな赤レンガの建物が特徴的なサッポロビール園は、札幌の定番観光スポットとても有名ですよね。
園内にあるサッポロビール博物館は国内唯一のビールの博物館。
有料のガイドツアーに参加すると、「復刻札幌製麦酒」という創業当時のビールを味わうことができます。

見学後にはジンギスカンの食べ放題をどうぞ。
ここでしか飲めない限定ビールもぜひ味わってくださいね。

サッポロビール園の住所・アクセスや営業時間など

名称 サッポロビール園
住所 札幌市東区北7条東9丁目2-10
営業時間・開場時間 11:30~22:00
利用料金や入場料 入場無料(食事メニューにより異なる)
参考サイト https://www.sapporo-bier-garten.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

朝ドラの舞台にもなった・北海道〈ニッカウヰスキー余市蒸留所〉

朝ドラの舞台にもなった・北海道〈ニッカウヰスキー余市蒸留所〉

image by PIXTA / 17650332

NHKの連続テレビ小説「マッサン」で、一時は品薄になるほど人気が爆発したウイスキー。
ドラマの舞台となったのがここ余市です。
外国からの観光客も多く、ガイド付きの無料見学ツアーは予約が必須。

春と秋には、2日かけてウイスキー作りを体験できる「マイウイスキー作り」が行われます。
作ったウイスキーは樽に詰めて熟成、手元に届くのはなんと10年後。
なんだかロマンチックなイベントですよね。

ニッカウヰスキー余市蒸留所の住所・アクセスや営業時間など

名称 ニッカウヰスキー余市蒸留所
住所 北海道余市郡余市町黒川町7-6
営業時間・開場時間 9:00?17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.nikka.com/distilleries/yoichi/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ぶどう作りから自社で・北海道〈宝水ワイナリー〉

ぶどう作りから自社で・北海道〈宝水ワイナリー〉

image by PIXTA / 12409069

続いても北海道。
ワインの醸造所、ワイナリーのご紹介です。
映画「ぶどうのなみだ」のロケ地にもなった宝水ワイナリーは、「テロワール(その土地の自然環境や特徴)が溶け込んだ手工業のワイン」をコンセプトとしています。

オリジナルブランド「RICCA」はプロも認める本物の味。
醸造所と同じ建物にある直売所では、ワインの試飲ができますよ。
実はワインと同じくらい人気があるのが、自社農園のぶどうがトッピングされたソフトクリーム。
限定商品なので、出会えたらラッキーかも。

宝水ワイナリーの住所・アクセスや営業時間など

名称 宝水ワイナリー
住所 北海道岩見沢市宝水町364番3
営業時間・開場時間 10:00?17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://housui-winery.co.jp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

日本のウイスキーの原点・大阪〈サントリー山崎蒸留所〉

日本のウイスキーの原点・大阪〈サントリー山崎蒸留所〉

image by PIXTA / 1535489

日本で初めて作られたウイスキー蒸留所がサントリー山崎蒸留所です。
実はここ、先にご紹介した余市蒸留所を作ったマッサンこと竹鶴正孝が初代所長。
「日本人の口には合わない」といわれていたウイスキーの歴史を牽引してきた蒸留所です。

見学ツアーには無料と有料がありますが、断然有料ツアーをおすすめします。
製造工程の見学と非売品である「山崎」の原酒のテイスティングは忘れられない体験になること間違いなし。

サントリー山崎蒸留所の住所・アクセスや営業時間など

名称 サントリー山崎蒸留所
住所 大阪府三島郡島本町山崎5-2-1
営業時間・開場時間 9:30~17:00
利用料金や入場料 無料(ツアー内容により有料)
参考サイト http://www.suntory.co.jp/factory/yamazaki/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

小京都で飲み比べ・岐阜〈飛騨高山酒蔵巡り〉

小京都で飲み比べ・岐阜〈飛騨高山酒蔵巡り〉

image by PIXTA / 24418316

岐阜の小京都と呼ばれる飛騨高山は、昔ながらの町並みが美しい観光地です。
江戸時代には幕府の直轄領として商業で栄えた町で、山間の気候により水と米に恵まれたことから酒作りが盛んでした。

現在も7軒の酒蔵が醸造を行っています。
酒蔵を巡って見学や試飲をさせてもらうのが飛騨高山の楽しみ方の一つ。
飲み比べをしながら飛騨高山をのんびり散策なんていかがですか?

飛騨高山 酒蔵めぐりの住所・アクセスや営業時間など

名称 飛騨高山 酒蔵めぐり
住所 岐阜県高山市上一之町
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://kankou.city.takayama.lg.jp/2000006/2000017/2000115.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

お酒だけじゃないんです①・香川〈醤の郷〉

お酒だけじゃないんです①・香川〈醤の郷〉

image by PIXTA / 4696366

「醸造所」はお酒だけではありません。
味噌や醤油などの調味料も「醸造」されるんです。
香川県の小豆島は近年オリーブオイルで大変有名ですが、江戸時代より前から醤油の醸造で栄えた島でもありました。
醤油蔵が軒を連ねるエリアは「醤の郷(ひしおのさと)」と呼ばれています。

多くの醤油蔵で見学が可能。
「醤の郷MAP」が発行されていて、醤油蔵が網羅されています。
醤油の香ばしい香りを感じながら、レンタルサイクルで巡るのがおすすめ。

醤の郷の住所・アクセスや営業時間など

名称 醤の郷
住所 香川県小豆郡小豆島町
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://kelly.olive.or.jp/index.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

お酒だけじゃないんです②・愛知〈MIM〉

お酒だけじゃないんです②・愛知〈MIM〉

image by PIXTA / 2496447

変わり種をもう一つ。
愛知県は半田氏にあるMIM、「MIZKAN MUSIAM(ミツカンミュージアム)です。
平成27年のリニューアル前には「博物館酢の里」の名前で知られていたお酢に関する体験型博物館です。

お酢の歴史や作り方を学べる展示内容で、半田から江戸まで酢を輸送するために使われた船に疑似乗船できるアトラクションも。
自分の写真がラベルになる「マイ味ぽん」は絶対ゲットしておきたい一品。

MIMの住所・アクセスや営業時間など

名称 MIM
住所 愛知県半田市中村町2-6
営業時間・開場時間 9:30-17:00
利用料金や入場料 大人:300円 中高生:200円 小学生:100円 乳幼児:無料
参考サイト http://www.mizkan.co.jp/mim/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

眠る幻の酒・沖縄〈多良川蔵元〉

沖縄のお酒といえば泡盛ですよね。
泡盛の酒蔵でおすすめしたいのが、宮古島にある多良川蔵元です。
泡盛は3年以上熟成させると「古酒」と呼ばれ、味が格段に良くなります。
多良川の見学は、買った泡盛を古酒にするため保管する「うぷうす蔵」という洞窟貯蔵庫が目玉。

神聖な森に囲まれた地下の洞窟にたくさんの泡盛の瓶が眠っているのです。
記念日などのために何年も前から貯蔵を依頼する人もいるそうですよ。
最長は12年。
12年物の泡盛、飲んでみたいですね。

株式会社多良川の住所・アクセスや営業時間など

名称 株式会社多良川
住所 沖縄県宮古島市城辺字砂川85
営業時間・開場時間 現地時間10:00-16:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://taragawa.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

眺めも最高!山梨・〈サントリー登美の丘ワイナリー〉

眺めも最高!山梨・〈サントリー登美の丘ワイナリー〉

image by PIXTA / 23383260

山梨県は日本でも有数の国産ワインの生産地です。
甲府盆地や富士山を一望できる土地に建つ登美の丘ワイナリーは、ぶどうの生産からワイン造りや販売までを手掛ける6次産業ワイナリーとして知られています。

醸造所の見学やワインのテイスティングももちろん魅力的ですが、一番体験していただきたいのが広大なぶどう畑を巡るバスツアーです。
ぶどう畑を間近で見ることができる、期間も人数も限定のプレミアムなツアーをぜひ体験してください。

サントリー登美の丘ワイナリーの住所・アクセスや営業時間など

名称 サントリー登美の丘ワイナリー
住所 山梨県甲斐市大垈2786
営業時間・開場時間 9:30~17:00
利用料金や入場料 1,000円
参考サイト http://www.suntory.co.jp/factory/tominooka/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

大人の醸造所見学

いつも飲んでいるお酒がどうやって作られるかって興味ありますよね。
試飲のなかには他では絶対手に入らないプレミアムなものがあることも。
もちろんノンアルコールの試飲もありますので、お酒が苦手な方も安心してくださいね。
旅行のプランに「大人の醸造所見学」入れてみませんか?
photo by PIXTA