ノルウェー最北端の地へ ノールカップを目指す最果ての旅

最果ての町に思いを馳せたことはありませんか。そこがこの地の終わりであり、次の地への始まりだからこそロマンが溢れているのではないでしょうか。今回はノルウェーのナルヴィークから北極圏最端ノールカップまでの北上ルートの見どころをご紹介いたします。

最北端起点の町ナルヴィーク

最北端起点の町ナルヴィーク

image by iStockphoto / 22902211

ノルウェーの最北端を目指す旅の起点となる町ナルヴィーク。
スウェーデンから列車で入る際には、北欧最北の地を走る旅客列車がキールナ~ナルヴィーク間を結び、車窓からは素晴らしいフィヨルドの景色が広がります。
また、ナルヴィーク駅から500m程の所にあるロープウェー乗り場からファゲルネス山へ上がれば、ナルヴィークの町の全景とフィヨルドが一望できます。

ナルヴィークの住所・アクセスや営業時間など

名称 ナルヴィーク
住所 Narvik
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%AF
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

可愛らしい漁師小屋が並ぶカヴェルヴォーグ

可愛らしい漁師小屋が並ぶカヴェルヴォーグ

image by iStockphoto / 84202623

ナルヴィークの西に位置するローフォーテン諸島は、「世界でもっとも美しい場所」の一つとされています。
大きくヴォーゲン島、ヴェストヴォーゴイ島、フラックスタッド島、モスケネス島の4つからなり、橋でそれぞれの島が結ばれています。
カヴェルヴォーグという諸島の中でも最も古い町は、「ロルブー」が初めて建てられた場所として知られています。
ロルブーとは、諸島全域で見られる漁師小屋を指します。
現在では使われなくなった小屋を改装し宿泊施設としているものもあります。

カヴェルヴォーグの住所・アクセスや営業時間など

名称 カヴェルヴォーグ
住所 Kabelvåg
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.arukikata.co.jp/webmag/2004/rept/rept07_02_041100.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

北極圏最大の学生都市トロムソ

北極圏最大の学生都市トロムソ

image by iStockphoto / 89612769

北極圏最大の町であるトロムソ。
1968年には世界最北の大学が創立され、1万人程の学生が在籍しています。
そのためか町には若者向けの手軽なレストランやお店が多くあります。
ノルウェー北部で良く飲まれているマック・ビールを製造しているのもこの町です。
1877年にビールの製造を開始したウルハーレン・ビール工場は、世界最北でありノルウェー北部で最も古い会社の一つです。
工場見学も出来るということなので、ビール好きな人は立ち寄ってみては。

image by iStockphoto / 39549548

トロムソの他の見どころとしては、北極圏の生活を再現した「北極圏博物館」や北極圏に生息する海洋生物を観察することのできるポーラリア水族館、北ノルウェーのアーティストによるハンドクラフトやジュエリーなどをてんじする北ノルウェー美術館などがあります。
中心地の対岸にはガラスとコンクリートで造られたモダンな三角屋根の北極教会も美しく目を奪われます。
オーロラも良く見える場所でもあるので、数日間滞在してみるもの良いかもしれませんね。

トロムソの住所・アクセスや営業時間など

名称 トロムソ
住所 Tromsø
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%A0%E3%82%BD
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アルタで古代の人々からのメッセージに耳を傾けて

アルタで古代の人々からのメッセージに耳を傾けて

image by iStockphoto / 12629451

この町には世界遺産登録されているロック・アートがあります。
これが見られるのは1993年にノルウェーで初めてヨーロッパで最高の博物館賞を受賞したアルタ博物館。
博物館内を抜け外に出た遊歩道沿いに歩いて行くとそこらじゅうの岩に絵が描かれています。
紀元前9000年から1800年の間に描かれたとされ、トナカイ、人、船など2000点にも及びます。
赤で描かれているのは、保存のための着色だそうです。

アルタ博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 アルタ博物館
名称(英語) Alta Museum
住所 Altaveien 19, 9518 Alta, Norway
営業時間・開場時間 冬期9:00 – 15:00, 夏期8:00 – 17:00(時期により異なる)
利用料金や入場料 夏期105クローネ, 冬期70クローネ
参考サイト http://www.alta.museum.no/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カラショークでラップランドの生活を覗いてみよう

カラショークでラップランドの生活を覗いてみよう

image by iStockphoto / 17534269

スカンジナビア半島北部、ラップランド地方で生活をするサーメ人の首都となるのがカラショークという町です。
首都とはいっても町の規模は小さく徒歩でも十分周れる広さです。
せっかくならばここで少しサーメ人の文化に触れてみましょう。
町の中ではサーメの議事堂、サーメ公園、サーメ博物館などが主な見どころとなっています。

image by iStockphoto / 98411459

民族に興味のある人には、サーメ公園がおすすめ。
園内には、さまざまな様式のサーメ人の住居が並んでいます。
他にもサーメの伝統歌謡「ヨイク」のショーが開催されたり、野生のトナカイを捕獲するためのしかけなどを見学することができます。
手工芸品を扱う土産物店もあり、なかなか面白いものを見付けることができるかもしれません。

サーメ公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 サーメ公園
名称(英語) sapmi park
住所 Leavnnjageaidnu 1, 9730 Karasjok, Norway
営業時間・開場時間 9:00 – 16:00 (時期により異なる)
利用料金や入場料 大人150クローネ 子供75クローネ
参考サイト http://www.visitsapmi.no/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ノールカップへの入り口ホニングスヴォーグ

ノールカップへの入り口ホニングスヴォーグ

image by iStockphoto / 2315307

いよいよヨーロッパの最北端が近付いてきました。
ここホニングスヴォーグは、ノールカップの入り口で最北端を目指す多くの旅行者が立ち寄る小さな町です。
のんびりとした漁港の町で、その雰囲気とラップランド伝統料理を出すレストランや土産物店があるので、バスを待つ時間つぶしに困ることはないでしょう。
1956年に開通したノールカップへの道はこの町からバスで約50分程。
岬に行く途中には木が1本もないツンドラ地帯が広がり、野生のトナカイが姿を見せることもあります。

ホニングスヴォーグの住所・アクセスや営業時間など

名称 ホニングスヴォーグ
住所 ノルウェー北部 フィンマルク県 ホニングスヴォーグ
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B9%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%B0
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ついに最北の地へ ノールカップ到達!

ついに最北の地へ ノールカップ到達!

image by iStockphoto / 66086539

ノルウェーの最北端、ホールカップに着くとこんな最果てにも人が住んでいるのかと感動すら覚えるかもしれません。
300mの高さからなる崖のノールカップ岬の先端には、モニュメントやノールカップホールと呼ばれる立派な施設が建っています。
地球をモチーフとしたモニュメントの前では、記念撮影する人々が後を絶ちません。
この施設には、郵便局やレストラン、そして世界最北端のチャペルまであります。

image by iStockphoto / 45397420

せっかく最北の地まで訪れたのならば、この地ならではの体験をしていきましょう。
ノールカップホールでは、最北端への到達証明書を有料で発行してもらえます。
そして、郵便局からはノールカップ到達記念スタンプ付きのポストカードを発送することもできます。
そして、雄大な大自然にロマンを感じてみては。
5月中旬から7月下旬には真夜中でも太陽が見られ、11月下旬から1月中旬には太陽が昇ることなく暗く静かな極夜となります。

ノールカップホールの住所・アクセスや営業時間など

名称 ノールカップホール
名称(英語) Nordkapphallen
住所 9764 Nordkapp, ノルウェー
営業時間・開場時間 11:00 – 01:00(5/18-8/17), 11:00 – 22:00(8/18-8/31), 11:00 – 15:00(9/1-5/17)
利用料金や入場料 260クローネ
参考サイト http://www.visitnordkapp.net/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

厳しい環境だからこそ生まれる絶景の数々

いかがでしたでしょうか。
北欧デザインの宝庫である首都オスロや可愛らしい木造家屋が建ち並ぶベルゲン、そして独特な文化を持つ北極圏など町によって様変わりするノルウェーは非常に興味深い国だといえるのではないでしょうか。
北に行くに連れて交通の便も環境も不便になることもありますが、息を呑むほどに美しい大自然、そして穏やかな人々に触れられる北極圏まで足を延ばしてみてはいかがでしょうか。
photo by iStock