天国はここにあったか…モルディヴ共和国で見れる幻想的な絶景8選

モルディブ共和国はインドとスリランカに近いイギリス領地で、美しい珊瑚礁と豊かな緑、鮮やかなブルーの海が見られるリゾートとして非常に人気の高い島国です。島の多くが海に面しており、絶景の多いモルディブの島々。今回はその中でも代表的な絶景8選をご紹介します。

自然豊かな定番人気の北マーレ環礁

自然豊かな定番人気の北マーレ環礁

image by iStockphoto / 59104794

北マーレ環礁は空港からのアクセスも良く、モルディブの中でも最もリゾートが多い老舗の観光スポットです。
中でも北端に位置する「マクヌドゥ・アイランド」は、たくさんのヤドカリが見られる美しいビーチと豊かな緑に囲まれたリゾートで、テレビも1台しか置かれていないナチュラルでモルディブらしい空気が魅力です。

image by iStockphoto / 1463234

北マーレ環礁の住所・アクセスや営業時間など

名称 北マーレ環礁
住所 Maale Atholhu Uthuruburi. Maldives
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.visitmaldives.com/en
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

モルディブ屈指のハウスリーフが有名な南マーレ環礁

モルディブ屈指のハウスリーフが有名な南マーレ環礁

image by iStockphoto / 95926883

美しく広大な海と小ぶりの島が、ダイビングやシュノーケリングに絶好のスポットである南マーレ環礁。
なかでも「ビヤドゥ・アイランド」はトロピカルな植物と、多くの魚が生息するモルディブ屈指のハウスリーフは世界中の観光客から人気を集めています。

島内はシンプルかつリラックスした素朴な雰囲気で、世界各国から集まったダイバー達と交流しながらゆったりした時間を過ごす事が出来ます。

image by iStockphoto / 67056741

南マーレ環礁の住所・アクセスや営業時間など

名称 南マーレ環礁
住所 South Male’, Maldives
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.visitmaldives.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ジンベイザメに出会えるアリ環礁

ジンベイザメに出会えるアリ環礁

image by iStockphoto / 69156095

モルディブの中でも非常に大きな環礁であるアリ環礁は、モルディブ屈指のジンベイザメが見られるスポットであることからダイバー達からの支持も高い場所です。
突き抜けるような遠浅のラグーンと白い砂浜に囲まれた「ホリディ・アイランド」は、長く伸びた桟橋が特徴的なリゾートです。

ダイビングだけじゃなく、イルカやホエールウォッチングツアーや水上スキーなどのアクティビティも楽しめます。

アリ環礁の住所・アクセスや営業時間など

名称 アリ環礁
住所 Ari Atoll, Republic of Maldives
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://stworld.jp/mytrip/dive_MLE.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

夕暮れ時がフォトジェニックなリゾート・バア環礁

夕暮れ時がフォトジェニックなリゾート・バア環礁

image by iStockphoto / 7212414

バア環礁は、モルディブの中でも最も魚群が多い海域で、プランクトンも多く生息しているためそれを食べにくるマンタが100匹以上も集まるなど、非常にスケールの大きいダイビングやシュノーケリングが楽しめるスポットです。
「フォーシーズンズ・リゾート・モルディブ・アット・クダフラ」は周囲を全て海に囲まれた、シンプルかつ上品な作りの水上コテージが魅力の小さなリゾートです。

特に、夕日に照らされたヤシの木と海は幻想的で時間を忘れてリラックス出来ます。

モルディヴ共和国 リゾート・バア環礁 Soneva Fushi by Six Sensesの住所・アクセスや営業時間など

名称 モルディヴ共和国 リゾート・バア環礁 Soneva Fushi by Six Senses
住所 Kunfunadhoo Island, Baa Atoll, Republic of Maldives
営業時間・開場時間 チェックイン 15:00 チェックアウト 12:00
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.hotelanddesign.com/htl_wl/maldives_sonevafushibysixsenses/maldives_sonevafushibysixsenses.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

星空とライトアップがロマン溢れるフヴァフェンフシ

星空とライトアップがロマン溢れるフヴァフェンフシ

image by iStockphoto / 96503211

「夢の島」という意味を持つフヴァフェンフシは、歩いて10分で一周出来るほどの小さな島。

キラキラと輝く水平線と、ターコイズブルーの海、白い砂浜は「インド洋の首飾り」と称されるほどの美しさで、訪れる人を魅了し続けています。
また、夜には満天の星空を眺めながら過ごす事が出来ます。

その他にもフヴァフェンフシには光ファイバーで幻想的に輝くメインプールがあり、星空とライトアップのロマンチックな空気の中、足首まで浸かりながらディナーを楽しめます。

フヴァフェンフシの住所・アクセスや営業時間など

名称 フヴァフェンフシ
住所 4.368144, 73.369800, モルディブ
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 1泊$1,090~
参考サイト http://www.huvafenfushimaldives.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

モルディブの魅力満載の新たな観光スポット・フルマーレ島

モルディブの魅力満載の新たな観光スポット・フルマーレ島

image by iStockphoto / 49169406

フルマーレ島は、モルディブの首都・マーレの人口過密化を防ぐ目的で作られた人工島で、モルディブの新たな観光スポットとして脚光を浴び始めています。
美しい砂浜と淡い色のキラキラ輝く海は人工島とは思えないほどの美しさ。

マーレで働く人々のベッドタウンという事もあり、ビーチには地元の人々も多く、美しい海を見ながら地元の人々との交流も出来るかもしれません。
まだまだ人気が出始めたばかりの島なので、未開拓の楽しみも味わえます。

フルマーレ島の住所・アクセスや営業時間など

名称 フルマーレ島
住所 Hulhumale, moldives
営業時間・開場時間 24時間営業
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.maldivesembassy.jp/jpn/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

マーレ中心部の癒しスポット・スルタンパーク

マーレ中心部の癒しスポット・スルタンパーク

image by iStockphoto / 14006750

マーレの主要観光地でもあるスルタンパークは、モルディブ王家の遺産が展示されている国立博物館や、モルディブ国立図書館などが併設されている自然公園で、園内には様々な種類の花や植物や、睡蓮に囲まれた池があり、モルディブの人々や世界各国の旅行者の休憩スポットとなっています。

樹齢200年以上のガジュラボの木々がトンネルを作っているので、真夏でも涼しげな当たり一面は涼しげな空気が流れています。

スルタンパークの住所・アクセスや営業時間など

名称 スルタンパーク
住所 Lily Magu Mal?, Maldives
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g298571-d8066420-Reviews-Sultan_Park-Male.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

厳かな空気が流れる聖地・フクルミスキー

厳かな空気が流れる聖地・フクルミスキー

image by iStockphoto / 20912085

マーレで一番古いモスクであるフクルミスキーは、17世紀半ばにスルタン・イブラヒム・イスカンダー1世によって建造された古代モスクです。
周囲にハイビスカスが咲き乱れる美しいモスクです。
珊瑚で作られた外壁と内部には、アラビア文字と複雑な装飾が繊細に彫刻されており、イスラム教徒でなくてもここが聖なる地だという事が伝わってきます。

イスラム教徒以外は内部に入る事は出来ませんが、境内には歴史上の王や英雄、貴族の墓石があり、モスクの築いてきた歴史を感じさせます。

フクルミスキーの住所・アクセスや営業時間など

名称 フクルミスキー
住所 Medhuziyaarai Magu, Male, Republic of Maldives
営業時間・開場時間 いつでも見学可能だが、中へ入るには政府機関への問い合わせが必要
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.tour.ne.jp/w_review/MLE/sightseeing/spot/1322161/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

インド洋に浮かぶ美しい島国・モルディブ

モルディブには日本とは異なる文化や建物があり、リゾート地とはいえ素朴でナチュラルな雰囲気を味わう事が出来ます。
また、季節を問わず美しい景観を堪能出来る事も魅力の一つです。
キラキラと輝く真っ白な砂浜と、どこまでも続く透き通るようなブルーの海があなたを待っています。
photo by iStock