火山と共に生きる。世界一の環境先進国アイスランドから学ぶ5つのこと

北大西洋に浮かぶ島国であるアイスランドは日本と同じく火山大国として知られています。北緯65度の北の果てにあるアイスランドは、かつてはヨーロッパでも未開の地であり、エネルギー源や物資に乏しい国でした。また、プレートの境界にあることから火山の噴火をはじめ多くの災害に見舞われてきた過去があります。しかし、ここ数十年の間にアイスランドは目まぐるしい発展を遂げ、国民の生活水準は世界でもトップクラスになるまでに劇的に改善されました。その大きな要因が火山エネルギーの有効活用にあります。エネルギー政策の大きな分岐点に立たされている今日の日本において、同じ火山大国であるアイスランドの取り組みは模範の1つになるのではないでしょうか。

image by iStockphoto / 73324409

image by iStockphoto / 84946571

地熱エネルギー大国、アイスランド

地熱エネルギー大国、アイスランド

image by iStockphoto / 83732415

エネルギーの自給率が僅か6%といわれる日本と同様、アイスランドもかつてはエネルギーの多くを輸入に頼らざるを得ない状況に置かれていました。

image by iStockphoto / 75929195

しかし、1970年代の石油危機の際、いち早く危機感を感じたアイスランド政府は、国中に豊富に眠る地熱エネルギーの開発に着手。
膨大な予算をかけ壮大なプロジェクトをスタートさせました。

これにより、現在では電力の3割以上を自国の地熱エネルギーで賄うまでになりました。
今日、アイスランドの1世帯あたりの電気代はヨーロッパで最低水準の安さを誇り、国民1人1人の負担も大幅に軽減されたのです。

豊富な地熱エネルギーを輸出するプロジェクトも発動

豊富な地熱エネルギーを輸出するプロジェクトも発動

image by iStockphoto / 90130071

近年では、その豊富な地熱エネルギーを海底ケーブルを用いイギリスに輸出するプロジェクトも噂されており、更なる注目が集まっています。

image by iStockphoto / 37282104

多くのエネルギーを輸入に頼っていたアイスランドが、近い将来にはエネルギーの輸出大国になる。
そんな日もそう遠くないのかもしれません。

世界有数の温泉の国

世界有数の温泉の国

image by iStockphoto / 81116251

アイスランドは火山大国とあって、日本と同様、豊富な温泉が湧き出る温泉大国としても知られています。

 

image by iStockphoto / 25479636

なかでも最も有名な温泉地が「ブルーラグーン」です。
世界最大規模の露天風呂としても知られており、その光景は、日本人の感覚からすると温泉というよりも大型のプールといった感じでしょうか。
青みがかった白濁のお湯は、皮膚病の治療をはじめ様々な効能があるといわれています。

ブルーラグーンの住所・アクセスや営業時間など

名称 ブルーラグーン
名称(英語) Blue Lagoon
住所 Blue Lagoon,Iceland
営業時間・開場時間 9:00-20:00
利用料金や入場料 40ユーロから
参考サイト http://www.bluelagoon.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

日常のありとあらゆるところに使われる地熱エネルギー

日常のありとあらゆるところに使われる地熱エネルギー

image by iStockphoto / 10043941

極北に位置するアイスランドでは、地熱エネルギーを電力の他に各家庭の暖房にも利用しています。

image by iStockphoto / 79701001

実にアイスランドの9割以上に及ぶ家庭には、地熱エネルギーによって暖められた温水が配管を通して1件1件に供給されており、冬の間はいつでも床暖房や生活用水として利用することができます。

それでありながら、かかる費用は1日およそ1ユーロほどと、驚きの安さとなっています。

エネルギーの豊かさを人間の豊かさに還元する取り組み

エネルギーの豊かさを人間の豊かさに還元する取り組み

image by iStockphoto / 76948955

アイスランドでは、地熱エネルギーによって得た利益を教育、福祉、環境保全といった様々な分野に還元する取り組みが積極的に行われています。

image by iStockphoto / 88442807

この取り組みによって、アイスランドは世界で最も美しく安全で、教育文化の高い国として世界で大きな注目を集めるまでになりました。
また、小さな島国でありながらも、BjörkやSigur Rósといった世界的なアーティストを輩出した国であり、ヨーロッパにおける1つの文化の発信地としても注目を集めています。

日本も地熱エネルギーの活用を

アイスランド同様、日本も膨大な地熱エネルギーを持つ国でありながら、温泉地における景観問題等が障害になっており、いまいち活用が進んでいないのが現状です。
未来に向けて、地熱エネルギーが有意義に活用される世の中を目指してもらいたいですね。
photo by iStock
格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ